No Diary

日記

20150701 Wed

-

20150702 Thu

-

20150703 Fri

-

20150704 Sat

-

20150705 Sun

アニメ感想:シドニアの騎士二期#12(最終回)・Fate/stay night UBW#25(最終回)・セーラームーン#25・忍殺アニメイシヨン#12

  • シドニアの騎士 第九惑星戦役・12話(二期最終回)。唐突なサービスシーンから続き。谷風のなんかがあぶない。中はすごくまずいわよ(意味深)。触手ディープキスという高度なプレイ。意味深な花(のようなもの)も原作再現。これ全部生中継されてるってきついよね。よだれ。谷風の理性が勝った。紅天蛾も泣いてるように見える。ヒロキじいさんを思い出す抜刀シーン。かっこよすぎる援軍。合体だあああああ。ユハタ有能。まさにウチクダケーな展開。やったか!?(一応やってた) 谷風のなんかがあぶない!! 乙女つむぎ。内容物エナ(手書き)。かなたのようなもの…3期ありますよね?! 勲章。「騎士になったな」ここに来て謎のタイトル回収。照れ長道。料理は前より美味そうに見えるけどこの魚なんですか!? モズシーヌの頭の上にスシ発見。「大事なものには予備が必要だからな」3期フラグを立てていく落合。ララァも衣装チェンジ(黒)。ララァに向かって「なんだおまえ」とはなんだと思ったがまあクマだしな…。米泥棒のおもいで。コメ工場に里帰り…谷風はコメだったのか…?(錯乱) この米袋30kgはあるだろ!? 米ドロボーが出世したもんだ。じいさんの言いつけを破らなければ人類は滅んでいたであろう…。ヒロキやっぱりかっけーな。いい追加シーンだった。ここで一期OPだと!?(しかもフル) ウチクダケー 回想スタッフロールにイザナのむくれ顔と濾過を混入する製作者のセンス。歌詞の「胸に〜」のところで入浴シーンを入れるセンス。謎のシドニア推し8カット。米(と勲章)はお供え物になったのだ…。というわけでいい最終回だった。2期はCGキャラの表情の進化にも感心したし音響とか原作の再構成の仕方とかも相変わらずよかったですね。12話でまとめる都合(たぶん)でテルルとか出なかったので3期も期待するよキュッキュー。
  • Fate/stay night UBW25話エピローグ。背ェのびた?あとここどこ? 主夫かな。おそろいのマグカップ…だと…。新婚かな。リア充かな。なんだホグワーツか(違います)。金髪ドリルだー!? しぇーろー。なぜ脱いだありがとうございますポニーテールありがとうございます。ドラゴンボールかな。メスゴリラ? 凛ちゃんの膝枕…だと!!?!?(枕はシロウのほう) とある王様…うう…(泣く)。あれだけやらかしといて実はそこまで大した事件じゃなかったという…まあ魔術が現実にある世界だからなあ…。見えそうで見えないスカートの中。凛ちゃんかわいい。夢オチかとおもいました(回想)。貴重な寺が。ワカメ生きてたの。超久しぶりの桜ー。ティーチャー…遺品か…私物すくねえな…。ひょろりと。「どういうことだ衛宮!!」←おまえこそどういうことだ。ヒロインに弟子入り。高飛び練習すれば凛ちゃんみたいな彼女が出来るんですか(錯乱)。凛ちゃんかわいすぎる。「そんな解りきったこと聞くな」ヒュー。末永く爆発しろ。新ヒロインかな(男)。シロウの夢変わってないのな…。ウェイバーさん途中から独り言になってますよ。もう夫婦ですわ。それでは美しい夜景を見ながらお別れです…いやーいい映画だった(映画としか思えないラスト演出)。スタッフロール中に映画館を出た人は見られないエピローグのエピローグ。長文中の衣装チェンジ。終わったけど終わりじゃない的結末。いやーいい最終回だった。途中までただひたすらイチャイチャを見せつけられたような気もするが…(だがそれがいい)。
  • セーラームーン25話。道連れ王子からの続き。俺が時を止めた…(幻聴)。絶対に時間止めちゃいけないならなんでそんなもん持たせるんですかね…。鈍器を見て妻の記憶を取り戻す夫。「そっと取り戻す」の「そっと」は重要なのか?(たぶん手とかに触ると動いちゃうから触らないようにということなんだと思いますが)(自己フォロー) 微妙にあぶねえ持ち方。風邪かな(急にゲホゲホ)(吐血はしない)。おい門番呼び寄せていいのかよ!? キングの顔が近い(そうでもない)。ナムアミダブツ。感動的なシーンでの微妙な作画はやめてくれたのむ。忍ぶ愛(だだもれ)。トモダチ…。このへんのブラックレディの演技はよい。涙の量やべえ!? おい増えたぞ(銀水晶3つめ)。ちびうさの変身シーンがCGじゃない…だと!?作画もいいぞ?!?(なぜか戸惑う視聴者) むしろ他の変身も手書きアニメーションのほうが良かったのでは?(禁句) ブラックレディの時の記憶ないんか? 急に劇画調になる月野氏。ここまで敵がずいぶん待ってくれているので本当はいいやつなのではなかろうか。そしてセーラームーンはいつものCG変身。鈍器いつ取り戻したの。「なんて強い心の持ち主なの」ああうん…実の娘にガチ嫉妬して超ヘコんだりしてましたが済んだことですよね(棒読み)。ついでだからタキシード仮面様もボンバーしてくださいよォー(見たいだけ)。邪眼兄貴起きてたのかよ!!不意打ちで噴いたわ!! やったか!? 必殺技ポーズのまま固まる皆さん(当然噴いた)。デコからビーム放ってるようにしか見えないと思ったらデコの目からビーム放ってた!!(当然大爆笑) 急にベジータみたいなこと言い出すデマンドくん(こいつを倒すのはこの俺だ)。目からビームが負けたー。デマンドは助けないセーラー戦士の皆さん。滅びちゃったよプリンス。OROKAなYAKARAめ。木っ端微塵どぅあ。デス☆ファントム。ネメシスには怨念がおんねん(小声)。この星を私はしない?(正解・この星を渡しはしない) セーラームーンの戦いはこれからだ! みたいな最後。次回はボンバーあるっぽい!!やったー!!(もはや何を楽しみに見ているのか分からない)
  • ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン12話はまさかの三本立て、というかまさかの『デイ・オブ・ザ・ロブスター』および『デイ・オブ・ザ・ロブスター2』という驚愕のセレクト(残り一本は『コンスピーラシィ・アポン・ザ・ブロークン・ブレイド』)。『ロブスター』といえば、その内容のあまりのテキトーっぷりにゴーストライターが書いた説もあるほどのクソ回であり、エピソード人気投票でも無効票扱い、書籍版にも収録しないとあらかじめ宣言されており実際そのようになったという「いわくつき」のエピソードである。なぜそこまで悪しざまに言われるのかというその理由は今回のアニメイシヨンをご覧になった方には十分におわかりになったのではないだろうか(グッタリした顔で)。雑すぎる敵ニンジャといい無駄なお色気シーン重点といい原作の完全再現と言ってよい出来だったのがまたつらすぎる。声優さんが無駄に豪華なのも心底ひどい。なお『ロブスター2』は書籍とコミカライズのキャンペーンで応募券を集めて送るともらえる的な小冊子にのみ収録された原作者書きおろしエピソードであり、その内容は今回のアニメイシヨンをご覧になった方には十分におわかりのとおり、ああいう話です(わたしは小冊子を持っているしもう読んだのでまちがいない)。今となっては物理書籍でも読めない『ロブスター2』を忍殺ニュービーが見られる機会があたえられたのは実際ありがたいことですね?(彼は狂っていた)。そしてロブスターに挟まれるようにダークニンジャ=サンの貴重なエピソード『コンスピーラシィ(以下略)』ですが、なんかどういう話だかちょっと分かりにくかったのは尺の都合のせいでありロブスターのせいだけではないですね(ロブスターの影響が一切ないとは言ってない)。ダークニンジャことフジオ・カタクラの素顔もシヨン初公開。寝起きドッキリ失敗みたいなノリで唐突に終わる襲撃シーン。なのに屋形船で無駄に尺を取る(そして何が起こっているのかわからない)。炎がまるで実写なのだ。いつものスライド移動でもいいのにダークニンジャ=サンがちゃんと歩いてる(でも映像ではすごく小さい)という微妙すぎるギャグ。マスター・トータスの声フリーザ様か。そんで『ロブスター2』なんですが、やっぱり無駄に声優さんが豪華な…。そして無駄なエロな…いや猥褻は一切ない(強調)。戦闘シーンは雑でもサービスシーンには使い回しは一切ない(こだわり)。そしてテンドン=ジツなオチとエンディングの小エビ。いやあ今回ひどかったね…。しかし一番の被害者はこんなスカムエピソードンに貴重な第一部の登場回をサンドイッチされたダークニンジャ=サンであることは明白なことですね。いやなんかこれ以降ホントに出番少ないんですよ…。ダークニンジャ=サンの活躍が見たい人は原作小説第二部以降を読みましょう。

20150706 Mon

-

20150707 Tue

-

20150708 Wed

-

20150709 Thu

-

20150710 Fri

-

20150711 Sat

-

20150712 Sun

アニメ感想:ガッチャマンクラウズ インサイト#0・忍殺アニメイシヨン#13

  • 最終回ラッシュ&番組改編期につき今回は2作のみ感想。まだちょっと忙しいので今後増えるかどうかは不明ですが新番組もいちおう視聴だけはしてます(デュラララの続きとか)。
  • ガッチャマンクラウズ インサイト。お待ちかねの続編。ニコニコ公式等ではすでに1話の配信が始まってますが以降はBS視聴組になりそうなので先に0話の感想から。「しかしその幸せも長くは続かなかったのです」的な橋田壽賀子ドラマのような始まり。スガやんのふざけたアイマスク。まあ反クラウズ派みたいなのが現れてもおかしくはないな。なにそのメンポ。ニンジャじゃないからグールかな?(ちがうアニメだ) しゃべる車X。ルイルイのバードゴーだァー!! トランスフォーマー?(ちがいます) ワープ機能か。YACK? 「殺しちゃダメだよぉ…」「ちょっと眠ってもらうだけっスから!」お、おう。「たまにはサクッと殺ッちゃいましょうよォ〜」変身中の謎空間にも出てこれるんですかカッツェさん。マンガみたいに吹っ飛ぶカッツェさん。ジョーさんクソかっけえ!!やっぱり飛べるのは利点だよなあ戦闘的にも映像的にも(他にも飛べるメンバーがいるのは秘密)。ひゃくおくえんがァー。ジョーさんに請求しよう。先輩のノリノリな口上も健在…射程やべえよこれ!? ワザマエ!(ただし100億円の税金は消える)(先輩に請求以下略)。ODさーんうつつちゃーんパイパーイ。ダイソンの掃除機かな。梅田チャンカチャンカと娘元気だったか。カッツェ「楽しみっスねー!」あっこれなんか企んでるな…。とりあえず変身してきたパイパイ。新人の寝顔で第1話に続く。
  • ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン13話は『スワン・ソング・サング・バイ・ア・フェイデッド・クロウ』Part1でした。物理書籍版第1部エピソード人気投票で第1位に選ばれた実績を持つ実際大人気エピソードである。書籍版の特装版でドラマCD化もされており、サントラ目当てで買ったわたくしも目と鼻からボロボロと水分を垂れ流すハメになった。主役のひとりであるニンジャのシルバーカラス=サン(カギ・タナカ)は『クレヨンしんちゃん』の父・野原ひろし役でおなじみの藤原啓治=サンであるが、そういえば翻訳チームの方が以前イベントのインタビューで作品紹介をした際に「しんのすけとみさえをニンジャに殺されたひろしが復讐する話」といった趣旨の例えをしていたというお話があったのでそちらの連想もしたことだなあ。というわけで今回の感想ですが、すげえ!アニメーションだ!! アニメイシヨンがアニメーションだ!!(なにを言っているのかわからねーと思うが以下略) カギ=サンの装束とメンポカッコイイヤッター!! 笑い爺の無理矢理笑顔の形にしたような表情がコワイすぎる。いい尻な。あっスライドFLASHもあった、と思ったらタダシイ=サンだった。看板にうーさー=サンが…。ややチャー研めいたバリキボーイフロムアニメイシヨン。ドーモ、ヤモト=サン…。事案めいた盗み見シーンだが、こんな夜中に制服姿の子供がひとりでコインランドリーにいるのを訝しんでいるだけであり実際怪しくはない。いいね? ヤモト=サンカワイヤッター!! 少し明るい海(タバコ)を見ただけで少し涙ぐむレベル。ヤモッチャンまでFLASHに。安定の平坦呼ばわり。カギ=サンカッコイイヤッター!! ハイ、サヨナラ。医者でなくても判るレベルのオタッシャ重点なレントゲン。前回のスカム重点なセクシーシーンとは一線を画する大人のエロスただようシーン。なーかーせーたー。「カラテで刀ってなんだよwww」というニコニコのコメントで自分のなんかの認識がおかしいと気づく。ニンジャになって日が浅いヤモトにとってはニンジャから受ける貴重なインストラクションだ。エフェクト中にカットされた何らかの敵ニンジャ襲撃。ブッダは寝ている。というあたりで次回に続く…といってもすぐ次回に『スワン・ソング』Part2をやるとは限らないのでは? 天狗回のかのうせいもあるのでは?(※Twitter連載時にはどういうわけかこれらのエピソードがほぼ同時進行で更新されていた) このアニメイシヨンの製作陣はそういうニューロンに悪いことをしてくるのでは? 今はただ…備えよう。
  • 2015年夏アニメ 配信タイトル発表!(株式会社 ドワンゴ) - ニコニコチャンネル:アニメ/というわけでニコニコ公式配信の新番組。最近は5分前後のショートアニメも増えてますが地味に好きだった『キュートランスフォーマー』とか『ミス・モノクローム』の続きが始まったのがうれしい(あと『うーさー』)。

20150713 Mon

-

20150714 Tue

-

20150715 Wed

-

20150716 Thu

-

20150717 Fri

-

20150718 Sat

-

20150719 Sun

アニメ感想:ガッチャマンクラウズ インサイト#1・忍殺アニメイシヨン#14・オーバーロード#1

  • ガッチャマンクラウズ インサイト1話。へそ。深呼吸のインストラクション。安定のスタイリッシュOP。全員変身後もう出てくるのか! UFOだー! 墜落だー!! 植えたばかりの稲がァー!! ドローン規制待ったなし(濡れ衣)。「あの」が付くほど有名人になったのか、いやそりゃそうか。はじめちゃんまた育ったんじゃないですかね…どことは言わないが…。相変わらずうつうつしてる。パンダに怒鳴られる大人。宇宙人のスライド移動。「目を合わせちゃダメよ!」なんでだよw いきなり巨乳女子高生に抱きつかれるという最高の歓迎。なんだあいつか(パイパイ)。にゃんだあやつか(カッツェ)。ポエット! 一期で予言いらないって言ったけど予言してくれるJJ(だが参考程度扱い)。しゃべるおっぱい。ドーモ、ゲルサドラ=サン。げるるるる。スカートは守るはじめちゃん。RPGの状態異常かな。「みんなバラバラできれいっス」というはじめちゃん、「いい空気=みんなひとつになって楽しそう」という雑な説明(露骨な伏線)。はじめちゃんのアイコンが灰色のまま色が変わらないのは場の空気に染まらない人格だからなのか、思考が複雑だったりして読み取れない(or単純化できない)からなのか、カッツェさんがおっぱいに封印されているから相乗効果のなんかの影響なのか。というかカッツェさんがなんとなくはじめちゃんの理解者的になってるのがウケるーワロスー。ジョーさんネット選挙活動してんのかw 禁煙かな(チュッパチャプスなめてる)(だがライターは使う)。あっ市長秘書になったのか。世界平和。露骨なミヤネ屋パロディ。ODがテレビ出とる!? 先輩がモテている…だと…!?(今回一番の衝撃)(あとで酷い目に遭わされるフラグにも見える) 缶入りの柿の種をむさぼるパンダ(おいしいよね)。よろこびの「うつうつします」。ガッチャマンともなるとおやつにメロン半分出してもらえるのか。煙火って花火のことか。100歳は若造(宇宙人の意見です)。ゆるじいも灰色組か。ということは上記のおっぱい説は消えたな(そうか?)。VAPE…ベープ…フマキラー?(濡れ衣) 「みんなバラバラ、かなしい」ゲルちゃん露骨にあやしすぎるのだ。天使は天使でもメガテンに出てるほうの天使だったらどうしよう。アポなしで宇宙人に会いに来るあたりマスコミの感覚もマヒしすぎている。ローアングラー並みの姿勢で撮影するカメラマン(対パイパイ用)。方言きた。あやしいおじさん扱いされるJJ(だが納得)。というかJJの存在(外見含む)も認知されてるのか? まさかJJもガッチャンネル出たのかな…。あのノート抜くやつ衆人環視でやるのはセクハラもいいとこだよ!? と思ったら映像までセクハラだったのでしかたないなあとおもいました。試しに変身してみてODみたいな能力だったらどうすんだ(地球滅亡)。新しい…BGMだ…。ノートは青いけどスーツは赤い。ネコミミっぽいのははじめちゃんのウサミミっぽいやつに合わせたのかな。しゃぐ=ぶん殴る。先輩「また女子か…」←ルイルイは男子にカウントしてない可能性が。16歳投票とは進んでるな(必ずしも良いことだとは言ってない)。総理を選挙は露骨にまずい。というわけで初っ端から不穏すぎるフラグがばら撒かれてしまった第一話であった。
  • ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン14話はスワンソングPart2。よかった天狗じゃなかった…(本気でホッとしている)。あらすじが超まともだ!! オーゾニ食べるヤモト=サンカワイイヤッター!! ソードダンサー=サン登場時に「岸田メル」とのコメント。アップでは動いてたのに引きではスライド移動。背景の看板に「そでん」あった。安定の実写爆発シーン。ハイクを詠めと言われて本当に詠む貴重なシーン。ニュービーニンジャにとってニンジャによるインストラクションは非常に大事なのだ。効果は見てのとおりだ。実写じゃない爆発シーン。シルバーカラス=サンの自虐めいた懺悔めいたセリフ、原作でも泣いたしドラマCDでも泣いたしシヨンでも泣いた。普段動かないくせに肝心なところで動くという斬新なアニメーション演出。ヤモト=サンが泣くのと同じタイミングで涙腺が崩壊。ニンジャでも力尽きて死んだ場合は爆発四散しないこともあるのだ…。そして「爆発四散してないから本当は生きてるんじゃね!?」という視聴者の一縷の望みを容赦なく打ち砕くエンディングの血塗れ演出。いやあラストシーン最高でしたね…。原作では「少し明るい海」を吸うとこまでやるんだけど喫煙シーンは規制があるからなあ。ジョジョの時みたいに黒塗りみたいになったら台無しだしなあ。というわけでエピソード人気投票1位だけあって実際神回であったのだが、ニンジャスレイヤー=サンが最後まで出てこなかったのは原作通りです。そういうエピソードなんです。主人公が出てこなくても成り立つ回というのはそれだけ内容が濃くないといけないので意外と人気エピソードが多かったりするのだ。ジョジョでも主人公が出てこなくて敵同士が戦う回とか人気あったりするだろう(リゾットVSボスとか)。そういう感じだ。次回はきっとまたフジキドが大活躍するぞ。たぶん。それはそうと来週のエンディング担当がほんやくチームだという情報が…こんなのってないぞ…ほんチいい加減にしろよ…。
  • オーバーロード第1話。骨のある奴が主人公と聞いて視聴。あらすじは「ネトゲのサービス終了を見届けようとしたらリアルにゲーム続行になったでござるの巻」でいいのかしら。ハンドルネームのノリがあるある過ぎて噴く、というかモモンガ様でどうしても噴く。覚悟決めたらイケボになったとこでも噴いた。とりあえずビッチ設定は消しておいてよかったとおもいました。最後がどう見てもラスボスとその手下一同なんですが(※主人公とNPCです)。とりあえず主人公のキャラデザが気に入ったので次回も見ます(感想を書くかは未定)。

20150720 Mon

-

20150721 Tue

-

  • 出掛ける前に始めたデフラグがまだ終わる気配がないので今日の日記の更新はお休みさせていただきます。という日記を更新しようと思ったのだがどうか。

20150722 Wed

-

20150723 Thu

-

20150724 Fri

-

20150725 Sat

-

20150726 Sun

アニメ感想:ガッチャマンクラウズ インサイト#2・オーバーロード#2・セーラームーン#26・忍殺アニメイシヨン#15

  • ガッチャマンクラウズ インサイト2話。感覚で生きてるっぽいはじめちゃんさんに他人の教育ができるのか…!? 監督がBDのCMに出とる。タブレット無料配布とは進んでんな。先輩なんかチャラくなったっスね…。浮かれんなよ(耳元で)。パンダ託児所。パイパイ=サン…さん付けならいいのか…。エプロンまでパイパイだし…。やっぱりJJの存在も認知されてるのか。ガッチャンネルとか出たのかな…(二度目)。リズムくんはノート所持者。ゲルサドラ「くん」。つばさちゃんも結構大きいよね…どこがとは言わないが…。一応孫が出てるテレビ見てるのねじーちゃん。リズムくん選民思想か。一方ルイルイは相も変わらず理想主義者であった。クラウズ出した状態での対話シーンは一期でルイルイが梅田チャンカチャンカを説得してたシーンのセルフオマージュかな。過激な平和主義者って普段口悪い人とかより実際にアブナイなことやらかしそう感あるわ…というかリズムくんは実際やらかしてるわ…そういうコンセプトのキャラだわ…。げるるるるー。やっぱり状態異常アイコンっぽいよねこのフキダシ。しかしはじめちゃんは今日も灰色であった。つばさちゃんがスッと変身できないのはなんか理由あるんかな。なんかこう、皆の期待という雰囲気に圧されてるだけで本心ではまだ覚悟とか出来てないから的な問題がありそうだぜ!(「的な」と言いつつまあまあ具体的な考察)(でもじいちゃんが花火師になるの認めてくれないのはこれが理由っぽい気がする) だから本当はポーズの問題じゃないけどはじめちゃんのセンパイとしてのフォローっすよフォロー。げるるるるー(低)。わかった? げるるるるー(照)。そのVAPEマスク人前で堂々とつけてていいの?喰種対策局に狙われない?(違うマンガだ) ゲルちゃん涙目。カッツェさんメシウマ状態、ってブッ飛ばされるのバンク化されてますやーん!今後もブッ飛ばされるシーンありそうですやーん! ところでリズムくんはノート抜かれてから今まで使わなかったのかね。きらん☆ ゲル「やめて…私のために争わないで…」(そうじゃない)。赤クラウズ、サボってる奴もいるっぽい? つばさちゃんは悪くない…でも結果的には怪我人が…ぐぬぬ。赤クラウズ記念写真撮ってんじゃねえよw ギャラックスの画面、パイパイだけ特別アバターみたいになってるけど課金アイテムかな。柿の種おいしいよね。「いつかみんなひとつになれるよ」うーん…。ベッドに押し倒すのはよせ。どんなときでも女装は大事。リズムくん医大生ですやーん。メロンパンソフト。リアルタイムに票の推移が見れるのかネット選挙。積極的に泣かせてくるおばあちゃん。はじめちゃんも身体動いちゃったことあるもんね(一期のトンネル事故参照)。「長岡の星!」中年の星みたいに言うなや!! スマホで投票できても投票率80パーセント台というのがなんかリアルな…。次回もガッチャ。
  • セーラームーン26話。普通に最終回っぽい? 開幕やったか!?(やった)(だがムーンも消える) 光る握りこぶし。ボンバーワープかな? 人妻の足首。そういえばキング実体化してなかったな…。壮大な親子喧嘩だったのだ(なお巻き添えで犠牲になった地球人の皆さんは以下略)。プルート死んだままですやん…。受け継がれる鈍器。最終回にして戦力外通告される4名。HAKABADA。まあ実際銀水晶のおかげで様々なトラブルが起きましたがまあそれはそれよ(投げやり)。ラスボスの前でチューを見せつけてゆきます。がんばれデスファントム。生まれたての光(900さい)。見習いだがしっかり決めポーズは決めてゆきます。マイクみたいな鈍器の持ち方。オロロロロロロ(二日酔い)。デスファントム=サンはしめやかに爆発四散!! 銀水晶チートアイテムすぎる…。たとえ命や壊れた建物が戻ったとしても自分たちの住む惑星が突然襲われ目の前で日常が破壊されていった恐怖は人々の心からは消えないのだ…(急にどうした)。セーラー戦士の4人がただの感激要員に…。「これからもセーラームーンと戦っていけるように」なお最終回では戦わせてもらえませんでした。新しいオモチャだー!パパ買ってー!!(買いません) 自分に会いたくて震える展開。とりあえず未来で仲間が一人だけ老けてるとかそういうギャグはなかった(あってたまるか)。夢オチかな。いつのまに仲良くなったん…? 最後まで最高のタイミングであらわれるストーカーの鑑。あずかってきた新商品のオモチャ。ママ買ってー!!(買いません)。攻撃エフェクトみたいな消え方。ちびうさ…無茶しやがって…(笑顔で青空に浮かぶ演出は死んだっぽく見えるお約束)。それはそうとおまえら学校はどうした。チューしすぎて娘からツッコミが(物理)。漢字が書けるようになったクイーン。というわけで終わったっぽいですが、3期は流石にやらないのかしら。個人的にはタキシード仮面様には散々笑わせてもらったが地場氏の出番が減ってくるとやっぱり物足りなかったので万が一3期がある場合は毎回ボンバーやってださい(なんのアニメだ)。
  • オーバーロード第2話。大魔王とゆかいな仲間たち。その大地は平坦であった。仲間が忠誠心MAXなのはいいがそのぶんモモンガ様の振る舞いへのハードルがどんどん上がっていく!! このヒロイン(?)なんかヤンデレとも違うなんかだよ!? セバスさんの有能キャラ感。ビッチと元ビッチ(設定上)。コキュートスさんちょろい。おとこのこだからね、しょうがないね。やったぜハーレムだ(だがビッチと元ビッチの二択)。お世継ぎをつくる手段がなくなった(物理)。部下の部下ちょうこええ!!! 察しが良すぎて深読みしすぎな部下。翼は生やすもの。黄金バットかな。モモンガ様が雰囲気に飲まれてポエットになっておられるぞー!!しかもどちらかといえばヒロインとかに言うようなロマンチックなセリフだー!! 完全に失言ですわ(世界征服)。男の娘に指輪を…婚約指輪かな? と思ったら本当に左手薬指につけてて噴いた。「ぅおっしゃあああああ!!!」 !? あら子安さんじゃないの。
  • ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン15話は『スシ・ナイト・アット・ザ・バリケード』。フジキドの師であるドラゴン・ゲンドーソー亡きあと行方不明になっていたユカノの再登場回である。タイトルに「スシ」って入ってるけどスシは出ないナンデ!? あと前番組のラジオのほうで原作最新刊に収録の野球回のあらすじをゴブリン=サンが朗読という実際うれしいサービスがあって実際うれしかった(だが頭のう指数は下がった)(何回見てもあらすじが酷すぎる)。というわけで本編ですが、なんと最初から普通に動いてる…シリアス回だな!?(訓練済みの反応) オームーラー!オームーラー! ドライバーはしめやかに失禁!失禁を背景にサブタイトル!(ひどい)(だがオープニングもドゲザを背景にタイトルロゴなので今更) 投降を受け付けています(生かして返すとは言ってない)。知っているのか雷電=サン!(雷電=サンではない) 豊満なバストにクナイを挟んだこの美女は何者…!?(※あらすじに全部書いてあるけど)(それ以前に上にも書いたけど) 量産型イッキ・ウチコワシ戦闘員。そのバストは豊満であるので実際揺れる。アイエエエすら最後まで言わせぬ無慈悲なロボニンジャだ!ちなみにおれはモータードクロ派だ!(だがどちらもAIのポンコツ度はドッコイドッコイ) 他のニンジャと比べればまだニンジャっぽい装束のラプチャー=サン。「注意は一秒、後遺症が死ぬまで」平安時代の剣豪ミヤモト・マサシのコトワザだ。なんたるセクハラめいたバクチクの巻き方! 今回アイエエエ多いな。視聴者に話しかけてくるナレーション。動画説明文のあらすじがネタバレな件。イケボなサヨナラ。リア充爆発四散した。「視聴者の皆さんは目撃している!」してないよ!?!? 相変わらず変なところでアニメーションさせるなよ!! 「ろくに力も見せられずに退場する気分はどうだ」ラプチャー=サンのことかな(ひどい)。慈悲はない。おかげさまでした。そのヒップは豊満であった。オリガミメール(セミ)。イッキ・ウチコワシは実際なんかこう赤い組織なのだ。アニメイシヨンではどうなるか分からないが原作では後々また出てくる組織なので備えよう。最後まで読めよ!! カメのオリガミメールカワイイヤッター!(実際「女子高生かよ」というコメントが) エンディングで「腹から声出せ」→「やれば出来るじゃねーか!」コメントを久しぶりに見た(※アニメ版の東京喰種で「凛として時雨」=サンの曲がOPだった時に定番のコメントネタだった)。今回実は結構ちょっと長めなエピソードだったので端折り具合がちょっとキツめでしたがユカノ(アムニジア)は実際重要人物なのでまあアニメイシヨンでも必要なエピソードではあったことだなあ。だがユカノ=サンは典型的なヒロイン像とは完全に異なる方向性のキャラクターであるので(実際意外性の塊な)ただの豊満ヒロインと思って原作を読むと必ずや衝撃を受けるであろう。キエーッ!
  • そしてある意味本編より恐れていた後番組『ザ・TVショウ』は予告通りゲストがほんやくチームであった…。しかもいつもよりロングバージョンというあんまりな仕打ち。登場した途端コメントに「アイエエエ狂人!!」 ノイズ混じりの音声も耳とニューロンに悪い!! 肝心の内容はといえばシヨン本編の話はあんまり出なくてガチの音楽トークだった…でもふつうの音楽トーク番組には処刑必殺技なんてパワーワード出てこない…いい加減にしろよほんやくチーム…。まあおれもコンピレイシヨン買ったけどさあ。名曲揃いで無慈悲な曲も入ってて実際お得な。あとTVショウはMCの方ももスカム番組すぎることについて自覚症状があったことが判明してあんしんしました…ほんチがスシ物語の感想言ったのはともかくニンジャガールのピー音なんだよ!?!?!? というわけで翻訳チーム・リアリティショックを起こしかけたがわたしは元気です。らいしゅうも見ます。

20150727 Mon

-

20150728 Tue

-

20150729 Wed

-

20150730 Thu

-

20150731 Fri

-

  • 今夜は3年ぶりにブルームーンというのが見られるそうです。要はひと月に満月が2回見られるのが珍しいということで「ブルームーンを見ると幸せになれる」という言い伝えもあるそうだが、こういう「○○を見ると(もしくは○○をすると)幸せになれる」という言い回しは主語がないことが案外多いので、もしかしたら幸せになるのは見た人じゃなくて全然関係ない別の誰かなんじゃねえかと思ったりもする。つまり、あなたが四つ葉のクローバーを見つけても幸せになるのはあなたではなく全然知らない誰かかもしれないのだ。あなたが部屋の西に黄色いものを飾ってもお金持ちになるのはビルゲイツとかかもしれないんですよ。それでも君は四つ葉のクローバーを探しますか?(余計なお世話すぎる)
  • というわけで今日はわたくしがブルームーンを拝んでおきましたので幸せになるのはわたしではなくこの日記を読んでいるあなたかもしれない…(クソみてえなことをダラダラ書いてしまったのでいい話風のことを言ってバランスを取ろうとしている)(もう手遅れ)。
  • 謎のゼリー玉が大量漂着、その意外な正体とは | ナショナルジオグラフィック日本版サイト/なんだかよくわからんが涼しげないきもの。無害。
  • ひたすらつぶされまくる姿がシュール……オール新規造形「コップのソコ子2(セカンド)」が発売されるよ〜!! | Pouch[ポーチ]/最近人気者のあの子がとんでもない姿に。「フチ子さん」は普通にかわいいのも出る
  • Windows 10、ソリティアは有料で年間10ドル : ギズモード・ジャパン/うそだろ承太郎!! と思ったらWin8からすでにそうだったらしい(まだWin7なので知らなかった)(でもこれでアップグレードする気がゼロになった)。買い切りではなく月額or年額というのがまた…。
  • おへんじ/『こんにちは〜暑すぎて溶けてませんか?』 もちろんわたしもデロデロに溶けております。こちらこそご無沙汰をして申し訳ないです&アイスありがとうございます。精密機器は一部分壊れただけでもン万円とか修理費かかるのでおそろしいですよね…。
2014 karayage
Akiary v.0.61