No Diary

日記

20161101 Tue

移転完了

  • 日記の日付は11月1日ですが2日の午前0時過ぎにサーバ移転完了しました。比較的すみやかなサーバ移転に成功したのでこれからも以前と同じURLでご覧いただけます。コンテンツもほぼそのままですが整理の際に発掘されたあまりにも古すぎるデータは磁気嵐となって電子の海に消えました。ファイルの再アップロード時に一応ひととおり確認はしましたが、もし画像が出ないとかいうことがあったらメール等でお知らせください。もしくはシフトキーを押しながらブラウザの再読込ボタンを押すとかキャッシュの削除をお試しください。というわけで移転作業はおおむね完了しましたが日常生活のゴタつきが人生でMAX状態につき日記のほうは今後は更新できそうなときに更新するという感じで当面やっていきます。今後とも当サイトをよろしくお願いします。

20161102 Wed

-

  • 疲れているせいか「ヤマト運輸」が「ヤマモト運輸」に聞こえた。本当にありそうな名前なのが聞き間違えにしてはタチが悪い。

20161103 Thu

よしおbot復活

  • サーバ移転のついでといってはなんですが、2013年から動かなくなっていたTwitterのよしおさんbotを生き返らせました(ついでに台詞も増やしました)。確かあの当時にbotを動かすプログラムがTwitter側に弾かれたかなんかしてほかのbotたちと共に一斉に動かなくなったと記憶していますがそんな昔のことはよく覚えておらぬ。ともかくこれからは多分ふつうに動き続けるので物好きな方はフォローとかどうぞ。Twitterをやってない物好きな方ははトップページのよしおをクリックすると個別ページが出るのでそちらもどうぞ。

20161104 Fri

数年ぶりリニューアル

  • 昨今のあまりの更新しなさっぷりを反省した私は睡眠時間を犠牲に数年ぶりのサイトデザインリニューアルを実行した。でも急ごしらえだからまた少し直すかも…。ついでにアイフォンとかタブレット的な画面が小さいブラウザでも見やすくなるようにしてみましたがGoogleChromeのツールでしか確認してないので見やすくなってなかったらすまん。

20161105 Sat

-

  • 毎月のように風邪をひき続けた結果、3周半くらい回ってごく普通のミント味のどあめにハマった(キシリクリスタルとか含む)。もうスースーしないと飴じゃないぜって感じ。でもパインアメとかも食べます。
  • 「これは妊娠中の犬のレントゲン写真…人間とは明らかに違う!」 :らばQ/言われてみれば当然の結果であるが実際に見るとちょっとビビるやつ。多産の生きものはすごいな…。

20161106 Sun

アニメ感想:ジョジョ第四部・ダイヤモンドは砕けない#13「やばいものを拾ったっス!」

  • 時間がなくてジョジョアニメも2ヶ月以上視聴してなくて溜まってるんですが感想を書いたぶんだけでもアップしていきたい。というわけでとりあえず13話感想。
  • ジョジョの奇妙な冒険アニメ版第四部・第13話「やばいものを拾ったっス!」。急にサブタイトルの傾向が変わったのだ。久々レディオ。弓と矢(音石宅から回収)。被害総額ざっと5億円。オレンジのファンタみたいな缶が。スピードワゴン財団の力をもってすれば音石ごとき地の果てまで追うことなど容易だ。「ヒィーッ刑務所が一番安全だ」と言うシーンが実際に見られた。やはり凶悪スタンド使いともなると刑務所内でも特別扱いなんだろうな…(電気関係のものから一切遠ざけられた服役生活的な意味で)。弓と矢はSPW財団が預かる。スタンドについて知るには格好の研究材料だしな…SCP財団とは無関係。「あっけないようだけれどやったバンザーイ」が実際に見られた。「ったくよー…気をつけろよな…」言い方がやさしいのだ…。億泰は気楽だ。朋子はいぶかしんだ。徘徊老人! 遠くから見るだけ。「あんたが会いに行ったってお袋は幸せじゃあねーよ とり乱すに決まってからよォ〜〜」仗助はいまだ複雑だし母親を心配している。「おれよ あんたのこと…『ジョースターさん』…て呼ばしてもらうよ」じじいショック! 「つまり…イキナリはじめて会った人でよ…冷たいようだけど とても…その…『おやじ』とか『父さん』とか呼ぶ気分にはなれねェーってことでよ…」「そんでおふくろを見たらすぐアメリカへ帰ってほしいっス……」気 ま ず い。ジョセフの傷ついた表情のアップが減ったぶん原作よりはマシだが…じじいが消えた! よく追いついたな長距離バスに!? 「今はそのまんま行かせちまえばよかったかなって思っていますよ〜〜〜北海道までッ!」(好きなセリフ) そのときジョセフのズボンの裾が。杖が勝手に!ポルターガイストか!? 「仗助君!近くに『スタンド使い』がおるぞ〜〜ッ!」「ヘイヘイいますね…約2名 オレとあんたね」ボケじじいがオオカミ少年状態だ! 地面に手の跡!コワイ!OH!MY!GOD! 「やっぱり…こいつお袋に会わせるのはやばいな…幻覚や幻聴まであんのかよ…」「グレート このじじい絶対マジーよ!」ジョセフには悪いが仗助目線ではそりゃそうだよなって感じで爆笑してしまうのだ! はた目から見ても完全にアウトだよォ!! 「『隠者の紫』ッ!」 なんか掴んだァ! エア赤ん坊かな? 透明の赤ちゃん! 「しかし…赤ん坊がなんだってこんなとこで透明になってんだ?」(正論)。ジョセフの推理。無意識のスタンド使い。色々な意味で母親を探すのが大事だ! 前にちょっとやったことがあるけど=ホリィさん。赤ん坊に泣くなといって泣き止めば苦労はないぜ。「あっ!!こっ…これは!!」「女の子じゃこの子」「そーそー男と女の見分け方は股の間に」→ウォラアアアア!!!! 流石に老人を杖でバシバシやるのは緩和された。ティッシュ持ってない? ウンコまで透明…新たなテロが出来るな…。
  • Bパート。原稿…?先生…?いったい何辺露伴なんだ…(パチモンのペンネームみたいになった)。透明だが素っ裸なので赤子用品が必要だ。「ウワサになるぜ〜16歳の不良が赤んぼハラませたとかなんとかよ〜」学校で根暗なテニス部員とケンカしたり港でギタリストとケンカしたり不良っぽい前科が色々あるしな…。クレジットカードを持っている仗助。死ぬ気で貯めた貯金(後に増える予定)。老いてなお大柄なジョセフと比較しても小柄な店員(原作通り)。紙おむつ(老人用)。紙おむつも昔と比べて進化したよなあ。どっかで見たような商品名なのだ! 今のじじいの処理能力を大きく超えた情報量! 「抱いた感じとはどういうことで?」(威圧感) 「哺乳ビンにはガラス製とプラスチック製がございますが…ガラスは傷やにおいはつきにくいですが〜」「乳首はいかがいたしますか? ゴム製はやわらかいですけれども〜」何の番組だ。だからって全部買うこたあーねーだろじじい…(泣く)。お買い上げ136870円。「十三万…『円』の感覚がよくわからんな…」見よ!かつて究極生命体を倒しニューヨークの不動産王と呼ばれた男でもボケたらこうなっちゃうのだ!!(泣きながら) たいした金額じゃない(不動産王基準)。ぜんぶスピードワゴン財団に請求しよう。いたたまれねェー。買い物の量には突っ込まない仗助。化粧品を買う機転はきくジョセフ。盛り上がる男たち。ほめると図に乗るタイプ。自分以外も透明にできた。スタンドで身を守ろうとすればするほど赤ん坊本人がピンチに。ストレスって怖いわあ。能力者が幼少期に能力の使い方を誤って事故るとかド定番イベントですけどこれはほぼ自爆に近いだろというかそもそも幼少すぎるとか普通にヤバイ! 「ンー変なガラクタがあるな! このゴミ誰が掃除すんだろ? 誰かがすんだろーな(オレじゃあないけど)」(好きなセリフ)(普通の人の思考回路すぎて) だが火がついたままのタバコを捨てるのはよせ。「なにやってんスかジョースターさん!」見えないことによる勘違いだ! 絵面だけ見ると『クリーム』が通ってガオンされたみたいな状態(ただし削れた木がマインクラフトのようにそのまま立っている)。赤ちゃんが水の中にィー!! アブクさえも見えない! 「やかましいッ!!」ジョセフショック!! 「このイイカゲンな男がおれの父親だと…?」「やっぱりこんな男 尊敬できるわけがねえ」「あんたはすっこんでなよ」あれこれ気を遣って我慢していたものが緊急事態になって噴出してしまったのだ…勘違いが元とはいえ心が痛む展開だぜ…(胃がギリリリリ)。「おれが透明になんのはかまわねえから触ってくれ!早くッ!」仗助がこれだけ怒ったのも赤ん坊を案じるがゆえの反動であって「めんどくせーなことになっちまった」とかそういうタイプの怒りではないのだ…。「仗助くん…わし…これから死ぬかもしれんから その時は…君のお母さんに…よろしく伝えといておくれよな…」じじいが絶望した挙句自決を(ちがいます)。リストカット! 「色をつけて…おる…んじゃよ…」なんか神々しい光が!(演出です) 「こんなこと普通は思いつきもしねえっスよ 見たこともねえ他人の子供のために…ここまで」「カッコつけたかったんじゃよ おまえの前で」 ここに康一くんがいたらまた泣いてたであろう(泣きながら)。いやあジョセフは戦いの年季と機転が違いますよ。ところで「見たこともねえ」っていうのはダブルミーニングな(台無し)。ジョセフの呼び方が「仗助くん」じゃなく「おまえ」になるのがまたいい…。助け起こすシーンが入ったのがまたいい…最高…。首元の星形のアザ。レシートなげえー。あの悪徳ショップ、そのうちスピードワゴン財団に潰されるよ(おまえはSPW財団を何だと思っているのか)。特にコメントはない承太郎。次回「漫画家のうちへ遊びに行こう その1」

20161107 Mon

-

20161108 Tue

-

20161109 Wed

-

  • アメリカの大統領選挙が大変なことになったが中途半端に伸びた前髪を自分で切ったら切りすぎたのでそれどころではない。
  • 映画『ねこあつめの家』公式サイト/誰も予想していなかったであろう映画化。ストーリーもなにもない原作なので本当に「映画化」と言っていいのかは疑問だが少なくともねこは大勢出て来るようだ。

20161110 Thu

-

20161111 Fri

-

20161112 Sat

-

20161113 Sun

アニメ感想:ジョジョ第四部・ダイヤモンドは砕けない#14「漫画家のうちへ遊びに行こう その1」

  • ジョジョの奇妙な冒険アニメ版第四部・第14話『漫画家のうちへ遊びに行こう その1』。みんな大好き岸辺露伴先生登場だよ。「こ 康一……くん「は…間田……さん間がある二人田だけに)。間田先輩ケガよりも身長どうしたんスか。透明の赤ちゃんを拾った話をされてすぐスタンド使いだと気づく間田、察しがよい。ジョセフにはなついている赤ちゃん。『ピンクダークの少年』の作者・岸辺露伴サスペンス・ホラーっていうんですか? 生理的にキモチ悪いシーンもあるんですけど せまってくるようなスリル本当にいるような登場人物がいいですよね?」すごく熱心なファンだ!(そしてどこかで聞いたような特徴の作品だ!) 岸辺露伴は杜王町在住。衝撃走り過ぎだろ。どこかで見たような頭の不動産屋。と入り口が特徴的な本屋。デビューは16歳で現在20歳。チキンな上級生・間田。サスペンス・ホラー!!サスペンス・ホラーです!! 「その顔は」ってジャンプの新年特大号の表紙でもこういう顔つきで写ってたんです?(※昔のジャンプネタ) さっきから髪逆立ちすぎの間田。露伴先生がでかいのではなく康一くんと背が縮んだ間田が小さい。ぼくのファン。波長が合う。ハモる高校生。よい子は知らない漫画家の家に上がり込んだらダメだぞ。4色生原稿という用語を知っている二人(それにしてもこの絵のキャラなんだよ)。引っ越してきたのは3ヶ月前で実家はS市内。連載当時からするとなかなか画期的な仕事環境。今となってはやろうと思えばデジタル環境で全部できるしなあ。技術の進歩よなあ。週刊連載でアシスタントなしで毎回19ページ…そんなマンガみたいな話があってたまるか(マンガです)。ところで週刊少年ジャンプで長年連載していながら週休2日でキッチリ原稿を仕上げ締め切りに遅れたことがない荒木飛呂彦というマンガ家がいるらしいな。確かに岸辺露伴にサラリマン生活やらせたら一日で死にそう(露伴以外の人が)。クモでけえ。「虫やクモが多い(強調)。「ところで君たち『おもしろいマンガ』というのはどうすれば描けるか知ってるかね?」『リアリティ』だよ! 『リアリティ』こそが作品に生命を吹き込むエネルギーであり『リアリティ』こそがエンターテイメントなのさ」「『マンガ』は想像や空想で描かれていると思われがちだが実は違う! 自分の見たことや体験した事 感動した事を描いてこそおもしろくなるんだ!」このセリフを参考にした漫画家・作家は大勢いそうだ(プロ・アマ問わず)。ついでにマンガの原稿っぽくキメ顔を見せる先生。クモの傷も自主規制対象。「うええッ!」「ざ…残酷だッ!」「残酷!?ど素人の小僧がこの『岸辺露伴』に意見するのかねッ!」先生もうが出てます先生!! 「味もみておこう」クモってチョコレートの味がするって言ってる人がいたけどわたしはチョコならビターチョコレートが好きですね!(錯乱の話題そらし) 間田ガチ嘔吐。「やっぱり世間のイメージどおりマンガ家って人は『変わった人間』なんだぁ〜」ほかのマンガ家の人は初対面のファンの少年たちの前でクモを殺してナメたりしません(激怒)。せっかくのスケッチチャンスを逃す間田。まずゲロを片付けないのか。「え?帰る?帰りたいの?なんで?むしろお前がなんだよ! すでにヤバいスタンド使い由花子とかと何人も遭遇してきた康一くんのカンだぞ信じろよ。ちょっと露伴先生が変わってる人だと思ったからって」ちょっと???? 逆にうれしい間田。意外とものわかりがいい間田。鋭く見なよ(ちょっと好きなセリフ)。完成しホヤホヤの生原稿。集英社の封筒。ドア越しにメッチャ聞いてるーー!? さすが人気作家の生原稿はすごいな〜(※画面演出です)。相性。岸辺露伴の能力『天国への扉(ヘブンズドアー)』。康一くんの手や顔がァー。
  • Bパート。杜王町名所その5『漫画家 岸辺露伴の家』。住所がバレたどころか行き方まで解説されとる。敷地103坪で7LDK+屋根裏に一人暮らし(なお後に破産して売られる)。身体と記憶を本に変えるスタンド。間田も本に。紙にされてても汗はかく。個人情報を音読されるプレイ。自分以外にスタンド使いがいるとは知らなかった岸辺露伴。まあマンガになってアニメ化されるくらいには凄い体験ですよ(メタ)。登場順ではなく最後に名前を呼ばれる玉美。「おもしろい!ぼくはマンガ家として最高のネタをつかんだぞッ!」ごめんなさいそれもう荒木飛呂彦ってマンガ家が描いちゃってるんですよ(メタ)。しかし実際スタンドのアイデア(というか能力バトルの概念)はフィクションにおいてかなりの大発明だったよなあ。よく見ると文面に文字化けが混ざってるのはなんでだぜ。由花子さんのページに「ちょっと怖い。」と書いてあったのは本人には絶対ヒミツだぞ!! エトセトラで済まされる間田と玉美。エコーズ! 能力は全部バレた。性格もバレてる。顔が近い! 康一くんのキャラクター性は主人公向きだ(第四部では語り部だが)。「うるせーなあ〜〜〜〜やってみろ!(好きなセリフ) 康一くんの戦闘ターンなのでかわりに解説役になる間田。「わたしは漫画家 岸辺露伴を攻撃することはできない」つまり露伴先生が漫画家でなくなればこの制限は解除できる…?(無理です) 記憶を読むだけではなく書き込みもできる! 今の一瞬でスケッチを〜〜!? あっそう。マジかよ間田サイテーだな。あぁ〜〜んまりだァ〜〜(第二部ぶりの嘆き)。紙にされても涙は出る。「ぼくの体験を読まなくたってあなたは十分りっぱなマンガ家じゃあないですか!」「この岸辺露伴が金やちやほやされるためにマンガを描いていると思っていたのかァーーーーーッ!!」「ぼくは『読んでもらうため』にマンガを描いている! 『読んでもらうため』ただそれだけのためだ 単純なただひとつの理由だがそれ以外はどうでもいいのだ!画面演出までつけての超力説!! 露伴先生でも不安になることがあるんスねーッ(ただしおそらく漫画以外のことではまったく不安にならない気がする)。形兆兄貴、露伴先生まで矢で射ってたのか…人気マンガ家だって知ってたのかな…。ところで露伴先生って結構演説好きだよね。「フハハハハハハハハーーーッ」(メッチャ悪い顔) 何事もなかったかのように帰宅。なんだこのサインの絵。すっかり仲良くなった康一くんと間田。君は絶対にはなさん…康一くんお姉さまがたが黄色い悲鳴をあげそうなセリフを…。仗助っぽいパンツの柄。体型変わらずに体重だけ減るのってやだな。あんなページ数枚やぶられただけで20キロ減るとかこえーよ。康一くんのねーちゃん美人(だが弟がパンツ一枚でウロついてるのを友達にバラす)。「マンガ家の人ってまだ寝てるかもな」荒木飛呂彦ってマンガ家は毎朝10時に起きてるらしいしな(インタビュー情報)。家の中に入るなんてやばいよなあと言いながら家に入る。持つべきものは友。まさかとは思うがオンナじゃあねーだろーな!(まだそのほうがよかった) メッチャすごい顔で仕事してるー!? 康一くんがあぶない!(色々な意味で)。ところでエンディングに登場するキャラがちょっと増えてるのね(ジョセフとか)。次回『漫画家のうちへ遊びに行こう その2』

20161114 Mon

-

20161115 Tue

-

  • 『おそ松さん』の放送が終わってからずいぶん経つが、今もツィッターに新グッズの情報がいくつも流れてくるので流行ってすげえなあと思うと同時に、もし今後アニメ二期が始まったりしてもこれだけ働いている六兄弟をこれまで通りニートと呼んでいいのかどうか疑問が湧いてくるのだった(最近JRAとまでコラボしたし)。
  • Mojang: Seek out the Exploration Update: 1.11 on PC / Mac now!/Minecraftのバージョン1.11が本日配信。謎の館やら中身を保持できるチェストやら色々追加されたそうですが個人的にはなんといってもラマの追加がうれしい(かわいいから)。MODとか特に使ってない子はランチャーから決断的にアップデートだ。
  • 『攻殻機動隊』の実写映画『GHOST IN THE SHELL』のイベントで監督が登壇。今作は新しいチャプターになる?|ギズモード・ジャパン/今まで公開された情報だと映画版『攻殻』や『イノセンス』、『SAC』を思い出すようなシーンや人物があれこれ出てきましたがリメイクのつもりではなく再解釈的な内容なのかしら。当時想像された「未来っぽさ」と今の人が考える未来感は変化していると思うのでそのへんも注目か。
  • おへんじ。『りぬーあるおめでとうございます!』何年何ヶ月ぶりかわかりませんが頑張りました。ただし次はいつやるか不明。

20161116 Wed

-

20161117 Thu

-

  • 今日、我が家のねこ2号が急死しました。再開したばかりで申し訳ありませんが、気持ちの整理がつくまでまたしばらくお休みさせていただきます。
2016 karayage
Akiary v.0.61