No Diary

日記

20170401 Sat

-

20170402 Sun

アニメ感想:ジョジョ第四部・ダイヤモンドは砕けない#30『猫は吉良吉影が好き』/けものフレンズ

  • ジョジョの奇妙な冒険アニメ版第四部・第30話『猫は吉良吉影が好き』猫(草)回だがもちろん昨今のねこブームに乗ったわけではない。ちなみに作者の荒木先生はねこ嫌いを自称しているがジョジョに出てきた動物はもれなく酷い目に遭うのでねこだろうと犬だろうと鳥だろうと亀だろうとその魔の手からは逃れられないのだ(ひどい)。実は川尻浩作と靴のサイズが少し違った吉良吉影。徐々に靴を取り替える冒険。なにか察する早人。原作だとこの場面に早人は出ないが自然な追加だ。「早人…「行ってきます」は?このセリフも追加だがいちおう父親らしい演技をしている吉良に笑う(たぶん吉良自身も子供の頃に両親に言われたことがあるのだろうという想像もできる)。突然抱きついてくる妻。仗助たちが宇宙人とか暴走族にかまってる間にしのぶの中では吉良がとうとう「すごく大好きなこの人」まで昇格…オリジナル川尻浩作よ…精神的NTR…。別の意味でムラムラくる夫。妙にリアル調のねこ。まあ原作ではまるで劇画!って感じの描き込み量だったからその中間くらいな。ねこに好かれる(自称)。動くたびにいちいちカシィーンと音がなるねこ。人妻の一人遊び。天井に張り付くねこ、Youtubeにアップすれば数十万再生はカタい。ねこに穴。なにか察する吉良吉影。貴重なねこァーーッ。ひとまず妻を慰めておく吉良。これといって文句も言わず庭に穴を掘って遺体を埋める吉良、夫らしさが板についてきた感ある。レディオ。あからさまにあやしい植物! こいつ…動くぞ!? 矢ねこ。ナレーションが実際ノリノリ。草はいぶかしんだ(仕草がカワイイ)(草だけに)。爪がァーーッ。前にも書いた気がするが土手っ腹に穴が開くのとかよりもこういう比較的身近で想像できる痛みのほうがエグいッ。ねこのタタリ(物理)(スタンド攻撃だから物理ではないか?)。要領がいいねこ。肉食の草。家主(偽)に見つかった。ウニャウニャ言って寝るのカワイイ。プシップシ(真顔で)。ねこは実際指とか顔の前に差し出すと嗅ぐ。草とはいえ不意打ちでタバコを嗅がせるのはかわいそうなのでカット。不気味なゴロゴロ音…実際なんでねこの喉からゴロゴロ音が鳴るのかはよく分かっていないらしい(※諸説あります)し不気味と言えなくもないが…。おもむろに鼻の穴をふさぐ…えっ草なのにそこで呼吸してんの!? と驚かずにはいられないのだ!(そもそも草が意志を持って動いている時点で奇妙すぎるのに妙なところだけ整合性を求めてしまう己の無意識に対しても驚く) 実際信頼関係のないねこにこんなイタズラをしたら一発で逃げられるであろう、というかそもそも触らせてもくれないであろう。死んでも生き返るとはスタンド能力おそるべし。庭にねこみたいな動く草があるなんてYoutubeにアップでもされたら世界中でバズってしまう!(1999年にそんなものはない) 思いやりでウソを言っているという好意的解釈。ねこみたいな草VSねこみたいなスタンド。かわいそうだが(慈悲はある)(手首が綺麗な女にはない)。スイッチッ!オンッ!(なぜかノリノリ) しのぶ被弾! よく見ると空気弾の着地点に肉球マークが(原作通り)。しのぶ結構でかいな…。猫草ヨダレすげえ。空気を操作する能力。ジョジョに出て来るどうぶつスタンド使いがやたら強い能力持ちなのはそうでもないとキャラが立たないから スタンドは精神の力で欲望とか本能とかが強いほうが強いからという解釈でよろしいか。見えない!(視聴者には見える) サボテンのトゲは地味に痛い! 「し…しのぶッ!とっさの名前呼び!!はいここ萌えるとこですよ!!(うるせえ) 何だこの気持ちは…(トゥンク)いや違う! この女がもし死んだら あの空条承太郎にこの家が知られる心配があるだけ…」ツンデレかな? 血管に空気。片手でワイシャツをブチ破る程度の腕力。火事場の馬鹿力な…? 要約・血管に空気が入ると色々あって死ぬ(豆知識)。ボールにじゃれる猫草すごいカワイイ。相手が気まぐれなねこちゃんでよかったァーーッ。
  • Bパート。昔 猫だった植物の図鑑。スタンド名はストレイ・キャット(命名・吉良吉影)。一時停止しないと絶対に読みきれないので原作で確認しよう!(コミックス42巻) あと地味に好きな欄外の書き込みぼくだって生きているが再現されてて笑う。ぼくらはみんな生きている。都合よく解釈してくれるしのぶ。トキメキしのぶ。そのワイシャツさっきソデ破ってませんでした? もしかして同じやつ何枚か持ってるパターン…? そんなド派手なやつを複数枚所持…?? などと気にしている間に会社は遅刻した。しのぶがときめくたびにオリジナル川尻浩作が哀れでならねえ…NTR…。よく磨かれたナイフ。に映る息子。オリジナル川尻はしいたけが食べられなかった。吉良に好き嫌いがなかったことがアダに…! ところで朝食の目玉焼きにしいたけ添えてあるの珍しい気がするが人んちの食事にツッコミを入れるのは野暮だぜ。きっとイギリスの朝食でパンと玉子にマッシュルームとかいろいろ添えてあるやつの和風バージョンなんだ(そこまで深読みせんでもよい)。おでかけ前のチュー。原作よりメスの顔なしのぶ。息子は見ていた。早人も探偵の才能あると思うよ…。自分の部屋にテレビとビデオデッキがある早人。入手したのはクリスマスプレゼントと誕生日プレゼントとお年玉か?(そこまで深読みせんでもよい) パパとママの仲がいいから疑うというのもどこか悲しい話な…。土とキャットフード。登下校用の帽子。スニーカーを隠したところまではよかったが子供ゆえかツメが甘かった。屋根裏部屋に猫草! 植物じゃあないけどとりあえず生きものだ! 「忘れ物って…行ってきますのチュー♥?追加セリフで噴く。拘束にも使える空気弾。実況してくれる早人。察しがいい早人。小学生だからランドセルにコンパスとか入っててよかった〜〜!! キャットフードを取りたかったからだと都合よく解釈する吉良。「もしあの小僧がわたしの事に気づいたのなら…殺さなくてはならないところだった…決定的な言葉! 早人にとって疑念が恐怖に変わった瞬間なのだ! あいつはうちのパパじゃあない! 次回『7月15日(木)その1』
  • ところで日曜はアニメ感想の日と決めたわけではないがいつのまにかそうなっていたのを思い出したのでついでに書きますが、『けものフレンズ』の最終回も見たんですが感動で思わず「おお…フレンズ…」と唸ってしまった(同ネタ多数)。おれは『けものフレンズ』というタイトルをただの作品名であってあまり意味はない言葉だとなんの根拠もなく無意識に思い込んでいたところがあったのだが、そうではなくみんな本当にフレンズ(ともだち)だったのだと思い知ったのだ。その昔、萩尾望都先生の『トーマの心臓』を初めて読んだとき実はいまいちピンとこなかったのが、しばらく後に再読したときタイトルの『心臓』の意味が本当にそのまんまのことだったと気づいてトーマのあまりの純粋さとおれの鈍さに打ちのめされたということがあったがそれとまったく同じような衝撃がおれを襲ったのだ…おお…フレンズ…(二度目)。そしてボス、おまえもまさしく強敵(フレンズ)だった。制作決定した新作映像というのが何なのかまだ分かりませんが続編(2期)だといいなあ。

20170405 Wed

-

  • 「けものフレンズ」突然の12.1話公開 たつき監督「息抜きにアニメ作りました」 - ITmedia NEWS/こんなん予想できないよお…。というわけで『けものフレンズ』のたつき監督が息抜きで作った(本人談)12.1話を公開。あまりのことにひっくり返ったが更に声は新録らしい(※アライさん役の小野早稀さん談)というから更にひっくり返ってしまった。監督のコメントに『よろしければ難民キャンプの1つとしてお使い下さい』とあるがこんな豪華な難民キャンプがあってたまるか。YouTubeニコニコ動画の両方で見られるよ(※当たり前だが最終回まで視聴済みでない人はまだ見ないほうがよい)。
  • けもフレ「しんざきおにいさん」実物も「神」だった あの噂の真相… - withnews(ウィズニュース)/そして解説に登場されたあの方のインタビュー記事も読んでしまった(本編ネタバレ注意)。実在人物ゆえあまりネットとかで騒ぎになるのもよくないのではと思っていたが少しだけ安心しました。あと確かに動物園のおみやげコーナーにはメジャーなどうぶつのグッズしか置いてないことが多いですね(水族館も)。ぬいぐるみとかつい買いがちな者としては色々な生きものへの注目が集まれば絶滅危惧種とかの関心も高まるだけでなくマイナーどうぶつぬいぐるみの種類が増える可能性も高まるゆえ今のブームが良い方向に着地するといいですね(最終目的が遠回りすぎる願望)。
  • ついでなので先日書いた『けものフレンズ』の感想について補足というか追記しますが、最終回のあのシーンでタイトルを強く意識したのっていつもとタイトルロゴの出方が違ったからなんですよね。もちろん「いつもと違う」ことで印象を変えるのはテクニックとしては基本中の基本なんですけど、12話の場合はロゴの端が木の陰に隠れたりしててフレンズたちの「背景」として出てくることで逆にその意味が強調されててちょっと面白いなと気づいたので書いておく。

20170406 Thu

-

  • ねこ3号が家に来て3ヶ月ほど経った。そろそろヤツの性格について色々判ってきたのでとりあえず思いついたことを書いておきたい。なぜならここはおれの日記だからだ。
  • まだ子供なので元気にヤンチャはするが人に対して乱暴は一切しない。ガブリと噛まれたり爪で引っかかれたことは一度もない(不慮の事故は除く)。甘噛みはごくたまにやる。あとティッシュやチラシをかじって破いたりはする(ナンデ)。
  • 甘えん坊ですぐ人間のヒザに乗りたがる。どかしてもまた乗る。でも最近ひとりで寝ることも覚えたようだ。
  • 食い意地がすごい。特にパンとかバニラの香りが好きらしい。もう家の中でクリームパンとかシュークリームを平和に食べ終えるのは不可能。
  • 爪切りのときまったく暴れない。やんわり腕を引っ込めるくらいの抵抗はするがウトウトしているときに実行すればあっさり終わる。1号2号はこの世の終わりのように暴れたのでむしろこの大人しさが信じられない。
  • 人の顔を見ながら高い声でミャンとか鳴くのでつらい(かわいい)。足にスリスリしてきてつらい(かわいい)(あまりに近寄りすぎでうっかり踏むこともある)。
  • 猫じゃらしよりボールで遊ぶのが好き。手先が妙に器用で、後ろ足で立ち上がった状態のまま両手でボールを投げていたのを見たときは我が目を疑った。
  • 日記なので特にオチはない。
  • また伝説が! 全曲「GET WILD」のアルバム、まさかのワイルド仕様が発覚してしまう - ねとらぼ/全曲GET WILDのアルバムでGET WILDとGET WILDがダブってしまった事件。むしろ黙っていれば誰も気づかなかったのではないか。

20170409 Sun

アニメ感想:ジョジョ第四部・ダイヤモンドは砕けない#31『7月15日(木)その1』

  • ジョジョの奇妙な冒険アニメ版第四部・第31話『7月15日(木)その1』。原作のエピソード順だと『鉄塔に住もう』だが何話かまとめるのかな? 7月12日(月)17時05分。今日も今日とて風に乗る写真のおやじ。この時点では川尻家に息子がいることは知らず。写真の裏側がセロテープまみれなのがそのままで噴く。承太郎・ジョセフはSPW財団に行方不明者の調査を依頼。承太郎のプロファイリング。高校生たちはオーソン前でダベる。ガクセーはガクセーらしく。漫画家は家の修繕のついでにリフォームも依頼。写真のファイルに角刈りっぽい男の同じ写真が2枚入ってるのナンデ。爪だけで息子だと分かるのやや病的な。親父さん、おたくの息子さん盗撮されてますよ!(息子に) 7月15日(木)07時50分。康一くん登校。7月15日(木)08時02分。ひまわり畑と不良。落ちてるものにすぐ興味を示す億泰。双眼鏡が喋った!! 鼻ピアスはやめた未起隆。「イヤーそれほどでも…」ベタなボケだ!これが宇宙人ジョークか!? 「最初カラハッキリシテイマス ワタシハ宇宙人デスヨ「何急にカタコトでしゃべってんだよ!」原作だと「カタカナで」だったのだが流石に伝わらないので変わった。送電の鉄塔。の残骸。から煙が。ヤカンと洗濯物。鉄塔に男がひとり!キュウリ焼いてる!!(驚くところが違う) あっこりゃ便利!(好きなセリフ) 世の中ずいぶん変わったことやる人いますねーっ今週のおまえが言うな大賞候補作品。無駄にフラフラ歩く男。飛んだッ! カーーーン(やたらいい音)「久しぶりに他人とお話ができる…」鉄塔の男・鋼田一豊大。無駄に声がよくて笑った。変なヤツはとりあえずスタンド使い扱いしておく風潮。7月15日(木)08時05分色黒な何者かに行く手を阻まれる康一くん。なるほどこういう構成にするのね。7月15日(木)08時11分。近くで見ると意外とでかい(あるある)。尿レインボー。フンニョー。考え抜かれた自給自足生活。10万円で買った鉄塔を家にした(家屋ではないが)。もう3年住んでる。1ヶ月地面に下りずに生活…むしろ1ヶ月前に何が…こんなアホが杜王町にいるとは気づかなかったな〜」今週のおまえが言うな大賞候補作品その2。7月15日(木)10時15分。盗撮する小学生に気づいた露伴。まさか同業者…?(盗撮の) ランドセルの名札まで拡大できる鮮明な写真。家の外になんか一級建築士っぽい男が!(前情報抜きでは絶対わからない) 7月15日(木)07時33分。ひさしぶり朋子。朋子の大好物鎌倉カスター(セーフ)。と似たような構成(スポンジorカステラ生地の中にクリーム)の仙台銘菓といえば萩の月だがどちらかといえばお土産向け商品なので仙台市民は逆にあまり自宅用には買わないのだ(※もちろん自分用に買って食べる仙台市民の萩の月ファンもいます)(いちおうフォロー)。というかこういう名物系で「スポンジorカステラ生地の中にクリーム」のお菓子って全国に何種類あるんだ。どこに行ってもあるんじゃないのか(激しく脱線)。家の中に髪が横ハネのヤツが! いったい誰グマの少年なんだ…? 7月15日(木)08時14分。さりげなくヒラリ。あからさまに焦る男。プルプルするおやじ。「人は『入れ!』と言うと用心して入らない 『入るな』と言うとムキになって『入ってくる』人間心理の弱点を突いた巧妙な作戦だ! スタンド名・スーパーフライ。某女性ボーカルによる人気音楽ユニットではない。矢をじょうずに使ってジリジリ移動するおやじ。メカメカしくなる仗助! メタル仗助と名付けよう。無理に出ようとすると鉄塔の一部にされる。どうでもいいがいちいちフルネームで呼ぶおやじが気になる。
  • Bパート。本体の意志とは無関係にひとり歩きするスタンド。爆薬とか複雑なメカにはなれない未起隆。「でも何かお役に立ちたいのですが」ミキタカのこういう健気なところ好きだわよ。億泰はやる気だ! とりあえずこわす。社ァ! パワーを吸収する鉄塔。ウオンウオン。エネルギー保存の法則。自分のスタンドに殴られる。物理反射とかギリメカラかよォー(物理?) 鉄塔を砕かんばかりのエネルギーなら人の脇腹をえぐるくらい余裕な…。なんてメーワクなスタンドだ。誰か他人にカスつかませれば出られる。ババ抜きのババといっしょ。電線が喋った!! 「何だこの「能力」は!?」「よくぞ聞いてくれました 実はわたし「宇宙人」なんです」(決め台詞)。役に立ったッ。写真のおやじ、ミキタカの能力を把握してなかったわけではないだろうし単に説明忘れたのかそれとも仗助たちの味方扱いしてなかったのか。「わたし宇宙人だから「ババ抜き」ってゲーム知らないんですけど」「まるで正月に子供だまして大人がゲームに勝つみたいじゃあないですかババ抜きは知らないくせに正月に子供だます大人げない大人文化は知っている自称宇宙人に笑う。まあ宇宙人の文明にも正月的な節目の概念およびゲーム的な知的娯楽があっても不自然ではないし生物であるからには成長とかするし大人と子供の区別があるのも自明ゆえなにもおかしくはないのだ(力説)。宇宙人に論破される鉄塔男。無駄に発達した手のタコ。やっと鉄塔に入ってきた人間(ひとりは宇宙人)。わたしは毎日毎日この『鉄塔』から出ることしか考えていなかった男だぞッ!(好きなセリフ)(他では一切使える機会はないであろうプロフェッショナル知識と経験に絶対の自負を持つタフネス感的な意味で) ミキタカ負傷。服が破れるがもう鉄塔からはおさらばだから気にしないぜ。ユニクロでもしまむらでも行き放題だぜ(なぜ安い店ばかり)。ナイスショット。地面に薬草まで植えたのか…ところで薬草って具体的になんの草だよ…(そこはどうでもいい)。吉良吉影のための刺客。7月15日(木)10時42分。どこからどう見ても一級建築士(には見えない)。7月15日(木)08時14分。冷蔵庫開けっ放しですよォ奥さん。なんでどいつもこいつも東方家の電気代とか家屋本体にダメージ与えようとするの(1人目・アンジェロと加湿器、2人目・音石明とポッポポッポハトポッポ)。7月15日(木)08時14分。置き去りにされたカバン…事件性…。7月15日(木)10時38分。川尻さん急に服のセンス派手になったわよねヒソヒソとか絶対ウワサされてる。爪が伸びます。早人は窓際のいちばん後ろの席。絶対にあいつを…。ところで前の席の子カワイイな(脱線)。次回に続く!

20170410 Mon

-

20170411 Tue

-

20170413 Thu

-

20170415 Sat

映画感想:3月のライオン(前編)/夜は短し歩けよ乙女

  • 見たい映画が立て続けに上映されたので立て続けに行ってきた。ので感想を書きます。軽くネタバレあり
  • 『3月のライオン(前編)』。原作既読(アニメ第一期も視聴済み)。前編ということは後編もあるわけだがとりあえず前編はどこまでやるのだと思っていたが微妙に時系列シャッフルしてたからその疑問は無意味であった。
  • シャッフル以外にも原作と違う点は多々あるのだが、そんなことはどうでもよいと思えるくらいヒシヒシと感じる「貴様、この原作読み込んでいるなッ!」感がやばい(唐突なダービー弟)。映画化だけどただのあらすじダイジェストじゃなくて「原作を読み込んだ上でちゃんと一本の映画にした」のがよく分かるというか…いや一本じゃなくて前後編だけど…(そこはいい)。
  • 原作で描かれていなかった部分の掘り下げ・補完の仕方がもう熱心なファンのそれというか、いちいち脳内で「ホホーンそこまで描写しますか(知った顔で)」「エエーッそう繋げるのか!!」などとリアクションしてしまい、見てて楽しかったです。ハイ。
  • 『3月のライオン』は原作からしてかなり丁寧に描かれていて、たとえば主人公である桐山をもっと活躍させたかったら若手でも挑戦できるビッグなオリジナル棋戦をバンバン出して対局シーンもバリバリ描いて、という手もあるのにそういうことはしていない。でも、よく読んでみると桐山がトーナメントで負けて島田さんがタイトルに挑戦したりする展開になるのは桐山がこれから行く道の厳しさを描くためだったり、ひなた氏に降りかかる理不尽なあれこれも桐山が(学校・家族について)出来なかった・悔やんでいることのやりなおしをさせるためだったりする(ひどい言い方するとひなた氏があんな目に遭うのは桐山を成長させるためというメタすぎる見方であるが)。つまり桐山がメインっぽくない展開も実は桐山につながる話になっている。映画のほうも尺の都合も考慮の上での再構成ではあるのだが、原作と同じく桐山零の物語になるようにという意図が明らかなので、原作既読者にとってはむしろその改変箇所に興奮する構成になっている。真剣勝負ですよこれ。
  • そりゃ面白おじさん藤本雷堂九段が出ないとかは残念ではあるけど、原作に忠実路線の映像化はアニメ版ですでにやったのでいいですよね。多様性な。
  • あと書いておきたいのは対局シーンの描写か。ナレーションとかモノローグとかほとんど抜きでも役者の演技で盤面に何が起きているか嫌というほど分かりますね。「将棋とかよく知らないし〜」とか言わせない情報量がありますね。悶絶するおじさんすばらしいですね。
  • というわけで原作既読でもハッとさせられる場面が多々あった良い映画化であった。後編もきっと行く。
  • おまけ:笑う場面じゃなかったのに笑ってしまったシーンいくつか
    1. 桐山が「なんなんだよウワアアアア」と叫ぶ前のイライラタイム開始時BGMでドラムがツクテンツクテン(なんなんだよウワアアアアとは言ってないが)
    2. あかり氏の部屋にさりげなく置かれた数々のスモトリグッズ(彼女のデブ専疑惑が濃厚に)
    3. 島田(落ち着け桐山…広い視野を持て…) 桐山(こいつ直接脳内に…)
    4. ちょうどいいところで止まったままいつまでも垂れてこない鼻血
    5. ショートケーキ頼んでんじゃねえよブドウ糖名人
  • 『夜は短し歩けよ乙女』。原作既読。というか未読でもいいからノイタミナの『四畳半神話大系』を気に入った人は全員見に行ったほうがいい。アニメ『四畳半』のフォーマットを継承しつつもテレビアニメとはまた違ったノリで作られているので劇場のデカい画面で見たほうがよい(特に最後のほう)。
  • 一言で感想を言うと「とにかくスゲー楽しかった」あるいは「最の高」になってしまうがそれだとアレなのでもうちょい言語化すると、そもそもアニメ『四畳半』の時点で原作のイメージ・空気感の再現がズバ抜けていたのでそっち方面は完全に信頼しきってたんですけどその期待程度は余裕で上回ってきましたね。単純に個々のエピソードを再現するんじゃなくて登場人物そのものがスクリーン上で動き回ってる感、作中のファンタジー京都がそのまま出てきた感が非常に良かった。やっぱりこっちの映画も「原作を読み込んだ上での映画化」なんですね。乙女の目から見たステキな夜の京都、先輩の目から見たしょっぱい大学生活、現実に起こった出来事と妄想の出来事、脈絡のない夢の中のような楽しい世界が終わることなく続くように見えてやっぱりいずれ夢は覚めるのだが覚めたあとも心地よさが残る。良いファンタジー映画であった。唯一の不満があるとすれば特典の小冊子(一週目分)が結局もらえなかったというくらいだ。良い子はこういうのが欲しかったらもっと早く見に行こう!(泣きながら)
  • ところでこの映画に合わせてか、原作が子供向けレーベルの角川つばさ文庫でも発売されたそうなんですけど大学生の飲酒シーン満載なのにいいのかよと思ってしまいました。いや別にいいんですけど映画『3月のライオン』のエンドロールに「撮影ではお酒は飲んでおりません役者は成人してます」的な一文が載っていたので余計に気になった。世の中の基準がよう分からん。

20170416 Sun

アニメ感想:ジョジョ第四部・ダイヤモンドは砕けない#32『7月15日(木)その2』

  • ジョジョの奇妙な冒険アニメ版第四部・第32話『7月15日(木)その2』。色々同時進行状態のつづき(OPなし)。7月15日(木)10時43分。顔よりで笑うわ(ひどい)。玄関開けたら2秒でヘブンズドアー。用心深いっていうか人間不信の域な。乙 雅三(きのと まさぞう)(1970年生まれ・一級建築士)。背中への無駄な執着。ジャンケン小僧の例。念のため(人間不信)。あからさまに動きがあやしい!頭髪も奇妙だ!(それは無関係) 一方そのころ鉄塔。鋼田一の顔はマスク。ミキタカの自己犠牲精神。『ぼくだって少しはやるんだぜ』『ちょっとは見直したかい』…って思ってもらうためにやったんです」(好きなセリフ) ミキタカはウソついてんのか本当に宇宙人なんだかよく分かんないヤツのくせに性格が素直で健気なとこが好きだぜ…。宇宙船の中(屋外)。「いいや残るのはおまえだよ」「おめーに『さよなら』って言葉があるとするならよーっ」「おれたちが『さよなら』って言うのを聞く時だけだ!!カッコイーーッ主人公ーーーッ!! 「落っこちんなよォ−ーッ 仗助ェーーーッ」ッたりめーだ(ここ地味に追加セリフ) ×「バカな」→○「バカめ」 いくら住み慣れた鉄塔とはいえ身軽すぎる…(住み慣れていることと身体能力は無関係)。パルクールでもやってたんです? 精神攻撃も兼ねたよだれ攻撃。 手のタコの中にナイフ。やりあきたビリヤードのように(ナイス例え)。ところで。四発。反射を反射、つまりリフレク合戦な(ゲームではありません)。×「バカめ」→○「バカな」 仗助が落ちそうになるくだりカット。態度どころか声まで変わって…。つまりアウトドアひきこもり。幽霊に面倒みてもらうのはちょっとなァ。「もう鉄塔から出たいと思わないよ」そこには元気に鉄塔に住み続ける男の姿が!(幻聴) 杜王町名所その9・送電鉄塔に住む男とかお菓子ってところが生々しい(流石に調味料や甘味は個人の自給自足では入手困難な)。コーイチというスタンド使い。始末した。おやじはすでに吉良を見つけた。風になびくミキタカのロン毛。リーゼントは固めてあるから動かず。7月15日(木)10時58分。80万円のドアにビクトリアンエドワード様式のデザインにイギリスで加工した建材。せめて原型残ってるドアくらいはクレDで直せんのかね(露伴は絶対いやがるが)。7月15日(木)11時16分。一方そのころ吉良はムラムラしていた。このシーンをうなじフェチ仕草フェチのどちらかと解釈するかは意見が別れるところだ(本編とは無関係)。
  • Bパート。7月15日(木)10時20分。追加シーンだ! すっかり大人しくなった鋼田一。吉良のおやじに乗せられたことはともかく彼の境遇そのものは不憫すぎるのでやっぱりたまに誰か差し入れとかしに行ってるんでしょうか。とか。7月15日(木)11時37分。行方不明の康一くん。杜王町の中心で康一と叫ぶ。相変わらず(バイク事故の)(仗助にやられた)大怪我で入院中の裕ちゃん。プライドとは。ペラッペラしゃべる裕ちゃん。ペラッペラしゃべってる間になおした。「おれってよ〜〜っ やっぱりカッコよくて…美しいよなーーっ」「ひかえ目に言ってもミケランジェロの彫刻のようによォ〜〜ッ(好きなセリフ) 暴走族のくせに例え話にミケランジェロが出て来るのが杜王町の不良って感じだぜ。ちょっとタレ目になった気がする裕ちゃん。ハイウェイスターの嗅ぐ能力。レイコとアケミとヨシエ。ドス持ってパチンコ行く不良女学生…。おみやげのチョコレートを自発的に渡す(原作との変更点)。女にはやさしい噴上。猟犬以上の鼻。7月15日(木)12時05分。人気漫画家の家で一級建築士がエクソシスト(意味不明)。露伴先生は実際好奇心旺盛なお方…。7月15日(木)12時28分。康一くんのカバンが落ちていた現場(通学路)。すでにつけられていた…って誰だおまえーーッ!(ビジュアル的にひとりだけ部がちがうレベルのギャップあるよね彼)。突然の朋子。承太郎の能力も知っている噴上(たぶんおやじ情報)。仗助激怒! エニグマはじっくりと観察する。7月15日(木)07時37分。朝の朋子。おまえのパンティーだパンツをパンティーって言うのは実際オッサン。恐怖!やたら生き生きとした変態! つばをのみ込むクセ。折りたたんだ紙を開くと中から湯気の出る紅茶と鎌倉カスターが!便利! レロレロレロレロ(幻聴)。エッシャー朋子。わからなくならないように紙に名前を書いておく几帳面な変態。仗助の恐怖のサインは『下唇を歯でかむ』。追い詰められて斬新な発想をする仗助(ポケットの中にはいない)(本体は)。ヤバイので戦いたくない噴上裕也。ポケットの中に紙!断じて捨て忘れたコンビニのレシートとかではない! 次回に続く。

20170419 Wed

-

20170420 Thu

-

  • ねこ3号は妙なところで賢い。人間の家族になつき始めたころ、おれの机の上に置いてあるお気に入りのぬいぐるみ(アザラシ)の背中を何度か踏んだので「コラッ踏んだらかわいそうでしょ」などとふざけて声をかけていたらそのうち何も言われなくてもぬいぐるみを踏まずに避けて通るようになったのだ。でもたまに3号の機嫌が悪いときに(おやつが欲しかったのに誰もくれなかった時など)おれの目の前でわざと踏んでいくことがあるのでおかしい。オチはない。
  • 南国の人はココナッツでたまに死ぬ - デイリーポータルZ:@nifty/ベトナム・ホーチミンのおはなし。4kg近いものが落ちてくるので怪我人も出るしたまに死者も出るらしい。へーと思いながら読んでいたら後半のスイカのくだりで笑った。社長大暴れ。
  • 横山光輝「三国志」が3日間限定で無料読み放題! ネットでおなじみのあのシーンは何巻? - ねとらぼ/全60巻とは読み放題の概念が砕け散る巻数ではなかろうか。2014年に『こち亀』が100時間で100巻まで読み放題という企画があったのを思い出すとまだ人道的か。一話完結とストーリー漫画の違いもありますから簡単に比較はできないが…。

20170421 Fri

-

20170422 Sat

-

  • ねこが他のねこや人間の顔を見ながらゆっくりまばたきをするのは親愛の情を表現しているものだと言われており、人間がねこに対してそれを行うと同じようにやり返してきたりして大変かわいいのでつい何度もやってしまう。ということをねこと暮らしている十数年の間幾度となく繰り返しているせいか、ベビーカーに乗っている人間の赤子と目が合うとついゆっくりまばたきをしてしまう。もちろんまばたきが返ってきたことはない。もし返ってきたらその赤子は…(日記はここで途絶えている)
  • どうしてこうなった 「バベルの塔」展、公式マスコットの「タラ夫」から漂う狂気と混沌 - ねとらぼ/なんだこいつと思ったらブリューゲルが描いたやつだった(ただしオリジナルにすね毛はない)。もちろんタンノくんではない。着ぐるみもグッズもあるよ。
  • 湯浅政明「四畳半神話大系」「ピンポン」全話が無料配信、「ルー」公開記念 - 映画ナタリー/5月12日まで配信。どちらも原作未読の方にもオススメですので是非。特に『四畳半』主人公役・浅沼晋太郎さんの超早口演技はせめて一度でいいから聞いてみてほしい。すごいぜ。

20170423 Sun

アニメ感想:ジョジョ第四部・ダイヤモンドは砕けない#33『7月15日(木)その3』

  • ジョジョの奇妙な冒険アニメ版第四部・第33話『7月15日(木)その3』。同時進行エピソード3回目。ふつうに一話ずつやったとしてもそれぞれ1話で済んだかもしれないけどせっかくひとつの町が舞台というシチュエーションだし別々の場所で別の事件が進むっていうのもスリリングでこういうアレンジはアリだぜ。というわけでうっかり紙を開いてしまいました。紙から銃口! 7月15日(木)12時42分。おおっと落とし穴。露伴先生普通にひどいし声がノリノリでヒドイ! 必要以上に絶望顔の一級建築士。背中がドアのように開いたッ!(プラス大量出血) 突然の死! 憑いていたスタンド。おんぶして…7月15日(木)13時39分。杜王グランドホテルの承太郎の部屋。杜王町の家出人を含めた行方不明者リスト。宇佐神秋生 is 誰。(大倉美那子と中江悟は知ってる)。7月15日(木)12時55分。スタンドに取り憑かれた露伴。写真焼いて。乙雅三のスタンド。チープトリック。ねっ。玄関先で踊りだす漫画家。ささやく程度の能力。ささやき女将かな。今度ハダカ書いてねーーッ(カジュアルに)。7月15日(木)12時47分。ギリギリ止めてた仗助。写真のおやじとの共通点・紙製。怒りで恐怖をごまかす。戦う気はないかわりに実況役をやってくれる裕ちゃん。紙を破くとアツアツのラーメンドンブリ割れた状態で出て来る(ややこしい)。あとでここ通った人「なんでこんなところにラーメン落ちてんだ?」ってならない??(今はどうでもよい懸念) 康一のにおいの紙。紙をやぶいたダメージは紙の中身に反映される。噛んだ。エッシャー仗助。ビビりつつ解説してくれる裕ちゃん。さすが不良、気合が違うぜ(クレDのの力です)。オトリであることは承知だった仗助。「しかしよォー それでもなぜおれがその「紙」を助けようとしたのか…」「ひょっとしたら康一かもしれないと思ったら…万が一でも! 康一だっつー可能性が1パーセントでもあるのなら!」「助けに行かねえわけにはいかねえだろう…!キャー主人公ーー!!(もちろん好きなセリフ)(「1パーセント」はここのセリフじゃなくてちょい後のセリフから追加) 背景も黄金の輝き! 噴上ショック! 康一の紙の中身はのむヨーグルト(なぜ)。噴上裕也のサインは『アゴを指でイジる』。エニグマの紙にはタクシーも入る!便利〜〜!!(個人的に欲しいスタンド上位に入る)。引っ越し屋貸倉庫でも始めればトラックと耐火金庫程度の投資で丸儲けできるのでは…?(こういうことを真剣に考えるマン) 紙を開いて中身を出すのは誰でもできると教えちゃう変態。杜王グランドホテルへ。写真のおやじはそろそろカラスに給料とか払ったほうがよい。7月15日(木)14時21分。露伴の家。やはり写真だけでは手がかりはないのだがいよいよ総当りとか始められても吉良は困るしここで露伴を潰しておくのはいい作戦だ(誰の味方か)。
  • Bパート。7月15日(木)13時20分。ホテルにはいろいろいる(大雑把)。「これがもし! 「紙」にされたのが もし!」「バカだけどよォー おれをいつも元気づけてくれるあの女どもだったらと思うと…あの女どもの誰かだったらと思うと…」「てめー おれだってそうしたぜ!ここで裕ちゃんが発奮するの本当カッコイイぜ…(もちろん好きなセリフ)。「てめーや『吉良吉影』をこの町で生かしておくのは カッコ悪い事だぜェーーッ」(これも好きなセリフ)(あくまでカッコ良さを基準にするのが噴上裕也らしい) タクシーが止まった。勝手にドアを開けようとするハイウェイスターかわいい。基本的にトラップ型のスタンドなエニグマ。まで紙にできる。隙を生ざぬ二段構え(サソリ→化学薬品)。電流まで紙に! 発電所で無駄になった電力をエニグマで保存とかすれば相当便利なのでは…?(エニグマ万能説) シュレッダーって本体に書いてあるシュレッダー(ここはギャグ)。追跡力はあるがパワーはよわいハイウェイスター。アゴにさわった。エッシャー裕也。だがペラペラになったことでシュレッダーに入れた。紙にされても気合があればしばらくは動けることは仗助が証明済みだ!(気合の力ではないが) 喜んで「敗北」する。「噴上裕也 おめえ…なんか ちょっぴりカッコイイんじゃあねーかよ…」仗助と康一復活ッ! しかし状況がわからんはずなのについでにキメ顔しとこうって感じで出て来る康一くんに笑う。一気に勝勢。他人の恐怖を観察する趣味のせいで必要以上に仗助の怒りを買った変態。「おまえよォ 怖がるとき片目つぶるクセがあるだろう?」「だがもっと怖い時は両目をつぶる相手のやらかしたことで反撃するのが最高にジョジョっぽいのだ。納得のドラララ。シュレッダーの紙しか材料ないのに製本もできるクレイジーダイヤモンド高性能。宮本 輝之輔―本になったので再起不能(なお原作だと名前不明の少年)。杜王町立図書館に寄付(貸出禁止)。というわけでアンジェロに続き生物と物体の中間の存在にされましたとさ。仗助は家族を傷つける者には容赦せんのだ…。原作だと本が開いてるところしか描かれていなかったがアニメだといつのまにか表紙まで出来てて笑う。クレDの製本技術…。ついでにエニグマで出しておいたタクシーで帰るぜ! 7月15日(木)16時10分。このままでは露伴先生のストレスがマッハになってしまう! 7月15日(木)16時30分。捜査に出る承太郎。7月15日(木)16時52分。唐突なペプシ(伏線)。ビデオカメラを持ち歩く小学生。パパがパパでない証拠。ぼくのパパはパパじゃない。次回に続く。

20170424 Mon

-

  • ねこ3号が家に来たばかりの頃、このこねこが大人になったらどんな顔に育つのだろうと毎日のように考えていた。というのはねこの子も成長過程で結構顔が変化するからである。人間の子であれば赤子のうちでも「おじいちゃんに似てるね〜」とか言えるのだが3号は拾われっ子なのでそういう参考資料もない。産まれたてのこねこは小さすぎるため兄弟そろって同じような顔をしているように感じるが、大きくなるにつれて解像度が上がるというかそういう現象が起きてそのねこ特有の顔つきが分かりやすくなるのだ。とりあえず3号は最近頬毛が増えてすこし丸くなってきたのでよろこばしい事である(丸顔が好み)。
  • 「ジョジョ展」ではマンガ本編の原稿を数多く展示!チケット情報も発表 - コミックナタリー/きょう都内で制作発表会。今年の原画展も「せんだいメディアテーク」で開催。2012年のジョジョ展では河北新報が制作した『杜王新報』が付いてくるチケットも販売されていましたがチケット情報によると今回はチケットの区別なく会場で引き換えできるようだ(たぶん)。物販会場は震災後オタク向けビルとして復活したイービーンズのイベントホールに。メディアテークとはやや距離が離れているので遠くからお越しの方は注意。
  • 5年前の10分完売の経験から…「ジョジョ展」IC乗車券、前回比4倍の1万枚発売へ - シネマトゥデイ/当時買いに行ったのにもうなかった記憶が蘇ったが10分でなくなったと聞いたらジャンケン小僧が完全敗北したときの顔になるしかなかった。suicaじゃなくてicsca(イクスカ)というカードですのでやはり遠くからお越しの方は注意。

20170426 Wed

-

20170428 Fri

-

20170429 Sat

-

20170430 Sun

アニメ感想:ジョジョ第四部・ダイヤモンドは砕けない#34『7月15日(木)その4』

  • ジョジョの奇妙な冒険アニメ版第四部・第34話『7月15日(木)その4』。同時進行エピソード最終章。といっても残ってるのはチープトリック戦だけだが。いちおう決着は原作のエピソード順なのね。7月15日(木)16時43分。もうすっかりおなじみの露伴宅。どうしたんですかとしか言えない状況。背中にいるって言われたらそりゃ見るよね。からかわれていると疑う康一くん。インガオホーすぎる…日頃の行い…。エクソシスト露伴。乙雅三が干物にッ。作り物だと断定する康一くん。「信じてくれッ! 友達だろーーーーッ!(爆笑) この康一くんのつめたい目! というか「よく作りましたね」のところの康一くんの表情、原作だとメッチャ気楽な顔してるのにアニメ版だとクッソ冷たくあしらわれててどっちも笑うしかない(完全に露伴の自業自得ゆえに)。まあアニメの康一くんはさっき酷い目に遭わされたばかりだしな…ひとりでのんきにエクソシストごっこしてる漫画家に対して冷淡になってしまうのは仕方のないことなのだ…。なぐさめてくれるチープトリック。怒りの岸辺露伴。こんな屈辱は初めてだ(仗助のイカサマが見破れなくて家が燃えた件以来2度目)。7月15日(木)17時25分。帰宅時間の電車。川尻の生活になじむまで殺しは我慢する吉良。マナーの悪いバカップル。音を立てて伸びる爪(ジョニィかな?)。ガラの悪いバカップル。ボーリングの爪切りをバカにされてるときのBGMがカッコイイ。7月15日(木)17時07分。外出露伴。いやがらせデリバリーのくだりカット(つまり「それ家事ね」もカット)。もう頼れるのは承太郎しかいない! 乙雅三もこうやって露伴の家まで来たと思うと涙を禁じ得ないということもない(ひどい)。通行人にすごい見られる。乙雅三のときよりハードモード。と見せかけてチートモード(ヘブンズドアー使用)。かわいそうな通行人…。知能があれば動物にも使えるヘブンズ。「猫って嫌いだよなあ〜〜〜っ ガン飛ばすからなあ〜〜〜っ」ネコのウンコは嫌いだよォォ(幻聴)。ねこの成る木かな? 動物ともお話できるなんてメルヘンだなァ〜〜(ピンチ)。露伴絶体絶命!そこに颯爽とあらわれる康一! こういうとき助けてくれるような友達がいないので涙目になるほど感動する露伴先生。やっぱり君は親友だっただが特にリアクションしない康一!(原作通り) チープトリックにも効くエコーズACT3、しかし背中にもダメージ。ちょっぴりでは済まない出血量。人んちの壁に血を塗っていく露伴先生。急に病む露伴。と見せかけて作戦通り。あのウンコのポストの場所だ!(別の呼び名で呼んでほしい) 妙になめらかな動きで捕らえられるチープトリック。『天国』とか『地獄』とかあるのかどーかは知らんが念のため描いておいてやるよ『地獄に行く』細木数子なつかしいな…(本件とは無関係)。鈴美おねえちゃん久しぶり。ついに目をつけられる川尻浩作。と早人。
  • Bパート。7月15日(木)18時04分。バカップルの部屋。玄関開けたら2秒で爆破。わたしは吉良吉影。持って生まれた「性」(サガ)は誰もおさえられない。質問を質問で返すなあーっ!!疑問に疑問で返すと怒られる『ジョジョ』の伝統が生まれた瞬間だッ!!(次にやるのはSBRだが) 女の名は美那子。名前は気に入った吉良。これをにぎってもらえるとうれしいんだが(比喩)。ちょっと爪切るだけですよ。趣味なんすよ。前向きなんすよ。イヤリングのくだりをやるためにわざわざ耳だけ残して爆破したのかと思うと笑…えねーよ!! 「爪切り」…じょうずじゃあないか それも気に入った」「そしてしゃべらない君は 実にカワイイよ…(好きなセリフ)(もう誰も聞いてないのにうまいこと言ってるところが) まあ実際は聞かれてますけどね!? 小学生にはショッキングすぎるわ!!(むしろ年齢関係なくショッキング) すべてを見てしまった早人。見られたことに気づいた吉良。女の手はあきらめた吉良。早人は当然スタンドの知識もないし、こんな所業を見せつけられたら父の姿をしたあの男が比喩表現でもなんでもなく「人間じゃない」と思ってしまっても不自然はないのだ! 承太郎とすれ違う早人。美那子の血痕を発見する承太郎(追加シーン)。7月15日(木)20時36分。のテロップの出方がいままでとちょいと違った。息子の部屋を漁る吉良。まったくくつろげない入浴。証拠のビデオ。映像的にあやしい部分(キラークイーンで爆破)があるためこのビデオが本当に証拠になるのかすら判断が難しいということがむしろ早人の精神を追い詰めるのだ! この流れ早人目線だとホラーでしかない! そこに乱入する妙にムキムキの父!!(原作より筋肉増強) 親子同士だし事案ではない(事案)。早人の早人セーフ(アウト)。まったくくつろげない親子の入浴シーン。早人は昔からくすぐったがり屋だからなー(棒読み)。カマをかける吉良。親子同士だし事案ではないが事案にしか見えない!! 死因のセレクトが生々しいわ(風呂でころぶ)。ぼくに手を出すなーーーッ! いいなッ!!」「ママにも手を出させないッ!股間丸出しとは思えぬほど早人が凛々しくなったッ!! 全裸のまま続く! 次回『アナザーワン バイツァ・ダスト その1』
2016 karayage
Akiary v.0.61