No blythe

型紙・コート

[完成見本]

冬物コート。構造としてはブラウスに裏地をつけたようなものです。丈を変えればジャケットも作れます。

型紙の使用について(最初にお読み下さい/Read me First)

必要なもの

型紙

[型紙]

作り方

1.布に型紙を写して縫いしろをつけて切る。
・パーツ数が多いので確認を忘れずに。*がついているものは裏地用の布(写真では茶色に水玉の布)を使います。
  • 前身頃(左右2枚)
  • 後身頃切替・後身頃左右(各1枚)
  • 袖(左右2枚)・袖切り替え(左右2枚)
  • 襟(表裏2枚)
  • ポケット(左右2枚)
  • 前身頃見返し(左右2枚)
  • *前身頃裏地(左右2枚)
  • *後身頃裏地(1枚)
・前身頃見返しと後身頃左右のパーツは左右の向きが分かりにくいのであらかじめ裏側に印をつけておくとよい。
2.襟のパーツを縫い合わせて余分な縫いしろを切り落とす。
3.表に返してまわりを縫って形を整える。襟完成。
4.袖と袖切替を縫い合わせる。
5.袖切替の縫いしろを内側に折りこみバックステッチで縫いとめる。袖口にも同様にステッチを入れる。
・ステッチを入れたところ。
6.ポケットをつくる。上の縫いしろを折りステッチを入れる。
7.まわりの縫いしろを内側に折りたたみ表側から見えにくいように軽く縫いとめる。
・写真は裏側から見たところ。青線の部分を縫うとあとで目立たない。
8.ポケットを前身頃にバックステッチで縫い付ける。裏側からポケットの位置を決めマチ針で印をつけておくとよい。
・縫い終わったところ。
9.後身頃の左右を縫い合わせる。縫いしろを左右どちらかに倒してステッチを入れる。
10.後身頃切替を縫い合わせる。縫いしろを上側に倒してステッチを入れる。後身頃完成。
・裏側
11.前の開き部分にスナップ等をつける。表側から縫い目が見えないように注意。
12.前身頃と後身頃の肩を縫い合わせる。縫いしろは割っておく。
13.襟を身頃に仮縫いする。あまり細かく縫わなくてもOK。
14.身頃に袖を縫いつける。縫いしろは切り込みを入れて割っておく。
15.袖と身頃の脇を縫い合わせて袖を表に返しておく。
16.前身頃見返しと前身頃裏地を縫い合わせる。縫いしろを見返し側に倒してステッチを入れる。
・見返しの左右の向きを間違えないよう注意。
17.前身頃裏地と後身頃裏地の肩を縫い合わせる。縫いしろは割っておく。
18.裏地の袖ぐりを二つ折りにしてバックステッチで縫う。縫いしろにはカーブに合わせて切れ込みを入れておく。
19.裏地の脇を縫い合わせる。裏地完成。
20.表地と裏地を中表に合わせて縫い合わせる(写真黄色線の部分のみ)。中央下の部分は縫わずに開けておく。
・前身頃と後身頃の境目が表裏でずれないように注意。
21.余分な縫いしろを切り落とす。首周りなどカーブになっている部分の縫いしろには切れ込みを入れておく。中央下の縫い残した部分に折り癖をつけておく(表裏両方とも)。
22.縫い残した部分から表に返す。角の部分は細い棒などを使って形を整えておく。
・ほとんど気にならないとは思いますが縫い残した部分が開いたままになるのがいやだという方はコの字綴じで塞いでください。
23.袖の根元あたりから反対側まで周囲にステッチを入れていく(写真黄色線の範囲)。
・一部拡大
・最初は裏地の袖口から針を入れると糸の玉止めが表に出ない。
24.ボタンやスナップをつける。
25.完成。
・内側
・後ろ