No blythe

型紙・カットソー三種

[完成見本:タンクトップ] [完成見本:Tシャツその1] [完成見本:Tシャツその2]

カットソー:ニット素材(編み物)を裁断(cut)・縫製(sew)して作られる衣服の総称Wikipediaより)。タンクトップとTシャツ2種類の作り方です。

型紙の使用について(最初にお読み下さい/Read me First)

必要なもの

型紙

タンクトップ

[型紙]

Tシャツその1

[型紙]

Tシャツその2(ラグラン袖)

[型紙]

作り方

ニット生地に関する注意

  • ニット生地を切るときは編み目の向きに注意。基本的に型紙に描いてあるとおりの向き(写真参照)に切ればOK。
  • ニット生地を縫うときはニット用の伸びる糸(フジックスのレジロン等)を使うといいですが今回は普通の糸でも大丈夫。
  • ニット生地に印をつけるときはペンタイプのチャコペンが使いやすいです。

タンクトップ

1.布の裏に型紙を写し縫いしろを5mmくらいつけてパーツごとに切る。
2.身頃の肩を縫い合わせる。
3.襟ぐり・袖ぐりを二つ折りにしてそれぞれステッチする。
4.身頃の両脇を縫い合わせる。
5.表に返し周囲(背中中心~裾~反対側の背中中心)を二つ折りにしてステッチする。
6.背中の合わせにスナップ等をつけて完成。

Tシャツその1

1.布の裏に型紙を写し縫いしろを5mmくらいつけてパーツごとに切る。
2.身頃の肩を縫い合わせる。
3.襟ぐりを二つ折りにしてそれぞれステッチする。
4.袖口を二つ折りにしてステッチする。
5.身頃に袖を縫いつける。
6.身頃の両脇を縫い合わせる。
7.表に返し周囲(背中中心~裾~反対側の背中中心)を二つ折りにしてステッチする。
8.背中の合わせにスナップ等をつけて完成。

Tシャツその2(ラグラン袖)

1.布の裏に型紙を写し縫いしろを5mmくらいつけてパーツごとに切る。
2.袖口を二つ折りにしてステッチする。
3.身頃と袖を縫い合わせる(写真参照)。袖の前後を間違わないように注意。
4.襟を縫い付ける。
5.襟の縫いしろを3mm程度に切り落とす。
6.縫いしろを割り襟を二つ折りにして縫う。
・端の部分は下の写真のように折っておく。
・縫うときは襟の根元を表から見えないように縫う(下の写真参照)。
7.身頃の両脇を縫い合わせる。
8.表に返し周囲(背中中心~裾~反対側の背中中心)を二つ折りにしてステッチする。
9.背中の合わせにスナップ等をつけて完成。