No blythe

型紙・ワンピースその4

[完成見本]

これまで(1~3)の応用。胸にヨークがついたパフスリーブのバルーンスカートなワンピースです(ブライス用)。

カタカナ用語解説

型紙の使用について(最初にお読み下さい/Read me First)

必要なもの

型紙

[型紙]

作り方

1.チャコペン等で布の裏に型紙を写し縫いしろを5mmくらいつけてパーツごとに切る。
・ヨークと前身頃の上下中心・スカートの上下中心になる部分とスカート見返しの上中心・袖の上下中心とカフスの上中心に印をつけておくと後で楽(ややこしい)。
・襟のパーツは左右の表裏がそれぞれ1枚ずつ必要です(合計4枚)。
■型紙修正しました。背中の合わせ部分が説明写真と左右逆になっていますが(説明18番と20番)型紙の向きに従って作ってください。(2008年10月2日)
2.襟をつくる。詳細はワンピースその3の作り方説明2~5参照。
3.袖の中心部分にギャザーを寄せ、カフスと縫い合わせる。
・ギャザーの寄せ方は補足を参照。今回の場合は両端(1cmくらいの長さ)にはギャザーは寄せないでください。
4.縫いしろを袖側に倒して袖口の縫いしろを二つ折りにしてさらにカフスを半分に折る(縫いしろを内側に折りたたむ)。表側に出ないようにまつり縫いする(写真参照)。
5.ヨークのカーブ部分を二つ折りにして形を整える。縫いしろには切れ込みを入れておく。
・ヨークにレース等をつける場合はここでやっておく。
6.ヨークを前身頃にバックステッチで縫い付ける。写真のように次のマチ針だけを内側に向けて打つとズレにくい。
7.身頃の肩を縫い合わせる。縫いしろは割っておく。
8.身頃に袖を縫いつける。肩山の部分にはギャザーを寄せる。
 ←ギャザーを寄せる範囲。
a.中心・両端に打ったあと左右1cm程度のところに打つ
b.ギャザーの寄り方を調整しつつ中心側からマチ針を打っていく
9.袖の縫いしろを袖側に倒す。
10.身頃に襟を縫いつける。マチ針は前身頃の中心側から打つとズレにくい。
・襟は角が丸いほうが前になります。
11.襟の中心部分を縫い付けて固定する(写真参照)。なるべく表側から見えにくいように。
12.袖口~脇~身頃の下までを縫い合わせて袖を表に返す。身頃完成。
13.スカートにギャザーを寄せ、身頃と合わせて縫う。
14.縫いしろを身頃側に倒してステッチする。
15.スカート見返しの上下どちらかの縫いしろを二つ折りにして縫う。
・バルーンスカートにしない場合は飛ばして22へ。
16.スカートの裾にギャザーを寄せ、スカート見返しと縫い合わせる。
17.縫いしろを見返し側に倒してステッチする。
18.背中の開きになる部分を二つ折りにしてステッチする(写真参照・青線部分)。
19.見返し~スカートの背中心を合わせて縫う(写真参照・青線部分)。
20.表に返して背中の開きになる部分(まだ縫っていないほう)を二つ折りにしてステッチ。○で囲んだ部分は補強のために何回か縫っておく。
21.スカート見返しをスカートの内側に入れる。背中の開きにスナップ等をつけて完成。ビーズ等はお好みで。
・バルーンスカートにしない場合はスカートの裾を二つ折りにしてステッチして完成。