No blythe

型紙・靴下

[完成見本]

ニット生地で作る靴下。長さはとりあえず3種類(太ももの中央あたりまで・ひざ下まで・足首まで)書いてありますがあくまで目安なので好きな長さで作ってください。

型紙の使用について(最初にお読み下さい/Read me First)

必要なもの

型紙

[型紙]

糸について

作り方

1.型紙のサイズに合わせてニット生地を適当な大きさにカットする。
・チャコペン等で型紙を書き写す必要はありません。
・布地を切るときは編み目の向きに注意。
2.履き口(上の直線部分)を二つ折りにして縫う。両端は補強のため何度か同じところを縫うこと。
・下の図解のようにやや間隔をあけて縫うとよい。表側には細かい縫い目が出るようにする。
3.余分な縫いしろを切り落とす。
4.裏側が表になるよう半分に折って型紙(こちらも半分に折ったもの)をセロハンテープ等で貼り付ける。
・履き口の高さがずれないように注意。長い靴下を作るときはマチ針も使うこと。
5.型紙に合わせて縫い合わせる(縫い方は説明2のと同じ)。両端は補強のため何度か同じところを縫うこと。
6.余分な縫いしろを切り落とす。
7.ピンセットなどを使って表に返す。
8.完成。好みでレースやリボンをつけてもよい。

履かせ方

1.靴下を足首のあたりまで裏返す(写真右の状態)。
2.足首のところだけ履かせる。つま先までしっかり入っているか確認する。
3.裏返っているほうを滑らせるようにして表に返す。
4.履き口から縫いしろが出ないように内側へ突っ込んで完成。ある程度の長さの靴下ならこれで足首にたるみが出来ることなく履かせられると思います。