No Diary

【ドラマ】岸辺露伴は動かない

解説

『ジョジョの奇妙な冒険』に登場する漫画家・岸辺露伴が主人公のスピンオフ作品を高橋一生主演で実写ドラマ化。2020年・2021年の年末に3夜連続放送。

感想リスト

20201228
第1話 富豪村
20201229
第2話 くしゃがら
20201230
第3話 D.N.A
20211227
第4話 ザ・ラン
20211228
第5話 背中の正面
20211228
第6話 六壁坂

20201228 Mon

第1話 富豪村

  • まさかの『岸辺露伴は動かない』実写ドラマ化。でも放送前から「もしかしたらイケるんじゃあないか?」というムードが漂っていたので(露伴邸のビジュアル、コスプレ的にならないギリギリラインの衣装デザイン、年末特番かつ3夜連続という特別枠、あえての小説版からのエピソード選択、安心と信頼の小林靖子氏脚本、予告番組のナレーションが櫻井孝宏氏という「分かってる」感、等々)ちょっと楽しみにしていたらなんと第1話の放送直後からSNSでかなりの高評価(※わたしはチャンネル権がないのでリアルタイム試聴は不可能であった)(この感想を書いているのは年明けです)。これは見ないわけにはいかぬと年始のドサクサでチャンネル権をもぎとって視聴してみたら、実写化云々以前に普通にドラマとしてよく出来ていた。ちゃんと『ドラマ化』していた。「無難」だとか「大人の都合」だとかそんなチャチな言葉が思い浮かんでしまうこともなく最後まで見てしまった。つまり面白かった。完全に一話完結であったものをドラマで構成を変更したのは放送前から分かっていたので途中からはむしろ改変部分が楽しみになるくらいだった。というわけで以下は各話感想です。
  • 第1話『富豪村』。なんつーか高橋一生氏すごいな、顔面が似てないのにちゃんと露伴してるわ。『孤独のグルメ』の松重氏ゴローちゃんくらい露伴ちゃんしてるわ(※かなりの褒め言葉)。ポージングから表情作りからマジで『演技』で露伴を表現してるって感じでグッときたぜ。準備体操もやってつかみはOK。飯豊まりえ氏が演じる泉京香も絶妙なキャラクター表現で笑った(衣装もいい)。本にされたときにファッション誌みたいになるやつ、これ登場人物ごとに決めるの楽しかっただろうな…。泥棒が目の前にいるのに自分の漫画を途中で読まなくなった理由のほうが気になる露伴、追加シーンだが解釈一致すぎる。ピンクダークの少年が第8部まで続いていたとは(単行本のロゴが『岸辺露伴は~』コミックスのと似てる!)。原作では「グロ注意ッ」だった罪もない小鳥がマナー違反で死ぬ描写はグロさゆえアウトだったのだろうが、泉京香の母と彼氏が犠牲になる(なってない)のをオリジナル追加キャラである『太郎ちゃん』こと中村倫也氏と犬に変更したのはなんの違和感もなく、なおかつ『ジョジョ』に出てくる動物はひどい目に遭う法則をも盛り込んでおり構成力が高い(ひどい)。一究役の柴崎楓雅氏、重要な役だったが只者ではない(眉毛もない)怪しげな雰囲気が出てていたし、ガキを負かして会心の笑みを浮かべる高橋露伴ちゃんの追加シーン演技があまりにも解釈一致。露伴が再試み(さいトライ)(←放送時の字幕も原作再現だと話題になっていた)のせいで利き腕が動かせなくなるのも「漫画を描くことが何より優先」な露伴のキャラクターを原作未読視聴者に説明しつつ緊迫感も上乗せする良い改変だった。畳の縁を踏むか踏まないか程度の些細なことが生死に影響を与える奇妙さ、あまりにも荒木作品らしすぎて好き。マナー違反をその場で指摘するほうがマナー違反理論。謎の新マナーを常識かのようにお出ししてくるマナー講師が近年ネットで叩かれがちだからか視聴者のウケも良かったようだ(一究はマナー講師ではない)(とにかく反論シーンの露伴の大人気なさっぷりが最高)。つまり改変がことごとく自然で違和感がなく、作品の理解度が高い人が制作に関わるとこれだけ満足感が高い実写化になるのね…。ヘブンズドアーのヴィジョンはないけどそのぶん顔がペリペリ剥がれる描写の不気味さが引き立ったように思います(そもそも原作第四部の時点でヴィジョンが出ないこともあるし)(視聴者の感想で「視聴者はスタンド使いではないからスタンドが見えない」という解釈があって笑った)。櫻井孝宏氏が毎回さりげない役で喋るファンサービス。岸辺露伴の漫画は収監中に読んでも面白い。次回予告がいきなりホラー。

20201229 Tue

第2話 くしゃがら

  • 第2話『くしゃがら』。このエピソードだけ北國ばらっど氏による小説が原作。実は未読だったが何年も前のウルトラジャンプに短編集の小冊子が付録で付いてきたのを思い出し放送前に引っ張り出してきて慌てて読んだ(※2018年に単行本化されています)。なるほどこりゃ怖い。
  • 今回は舞台版『死刑執行中脱獄進行中』主演の森山未來氏が漫画家・志士十五役で登場。小説ゆえ映像設定がない人物だったわけだが外見以上に森山氏の演技が役のイメージに合致しすぎていて完全に脳内の「志士十五」像を上回っていった。この「もっとクセを出して走れ」(byジャイロ・ツェペリ)的なスタイル、嫌いじゃないわ。カフェでのべらべら長話のスムーズさも凄いが十五が路上に倒れ込む芝居がガチすぎる(まさに怪演)。明らかに変人だが仕事には真摯だし、困った奴ではあるが根っこからのイヤな奴じゃあないというある意味露伴と同類の男だが、愛嬌とチンピラみを併せ持つおもしろ兄ちゃんなキャラが精神汚染後にあれだけ豹変するのがコワイ(まさに怪演)。禁止用語リストが全面モザイクは流石に笑う(Blu-ray版が出てたとしてもたぶん取れない)。『ジョジョ』で禁止用語といえばド低脳→クサレ脳ミソ事件。超棒読みで怖がってみせるシーンはSBRの「かなり大爆笑!」のオマージュよね。リアリティを重視する作家としての精神性は認めてるのに露伴とは性格や態度が致命的に合わない志士十五、まさに岸辺露伴のためにデザインされたキャラ造形すぎる(興味深い話題に露伴が食いつこうとしたところで十五が食い気味に次の話題に移行しちゃうシーンの解像度が完璧)。厄介な相手でも知り合いを簡単には見捨てられない露伴の人間性がイイのだ。おごられるのがイヤで十五が置いていったカネを泉京香に押し付けたり、しばらくなにも食べていないのを心配はするがピザを自分で直接注文してやらないのも解釈一致(制作側が『露伴らしさ』を研究し尽くしている!)。泉京香がくしゃがらに興味を持たないから無事というのも『納得』しかない(本来このエピソードに登場しない人物なのに「ドラマの泉京香ならこうするだろう」という説得力がある)。ネタ帳のような十五の本。ヘブンズドアーを侵食するような謎の真っ黒な怪異。ここだけは原作でのヘブンズドアーのチート能力っぷりを知らないとなぜここまで露伴がビビってるのか少しだけ分かりにくいかも。正気に戻っても相変わらず例え話が下手な十五。「新しいパンツをはいたばかりの正月元旦の朝」のほうが比喩としては分かりやすいな(そういえば今年は元旦用のパンツを買い忘れました)。下手したらスタンド使いより催眠術師のほうが貴重なんじゃあないか、杜王町では。最後の注意書き、原作でもオチとしてこの仕掛けはあるが『NHKからの注意文』という体裁にしたことでホラー倍増。ところでNHKってビチグソ野郎発言はOKなんですね。

20201230 Wed

第3話 D.N.A

  • 第3話『D.N.A』。改変要素が多そうなのは分かりきっていたので逆に一番内容が気になる話だったが良い最終回だった。これがラストエピソードに決まったのは、おそらく『岸辺露伴は動かない』の中でも数少ない後味のいい結末だからであろう(なにしろ荒木先生がめずらしくハッピーエンドにしたよ」とコメントするレベル)。ちょうどジョジョ第四部の映画が公開の時期に別冊マーガレット(!?)に掲載された作品で、比較的ロマンチック(?)な展開だったのも選ばれた理由ではなかろうか。逆に言えばもしドラマの第二弾とかがあったとしても(もしそれまでに原作の新作が出なければ)そのときはコワイ&不気味な話ばっかりになる可能性が非常に高い。『密漁海岸』は良い結末だけど映像的難易度以前にプロット時点でテレビではコンプラ的にアウトだろうし…いや見たいかどうかって聞かれればそりゃ見たいが…。
  • で本編ですが、原作で『尾花沢』(※名前の元ネタはM県のとなりの山形県の地名)のポジションだった男性が太郎ちゃんこと『平井太郎』に存在ごとチェンジ、娘の真央ちゃんが真依(演・瀧内公美)の亡き夫の忘れ形見(元は精子バンクからの精子提供で授かった子)という設定になり身体的特徴はオッドアイのみに変更(巣ごもりする性格も追加設定。透明化するのはそのまま)。そして何より太郎が元夫と同じ癖を持つ理由が臓器提供によるものという説明が追加。ここまで色々変更したにもかかわらず(※細かい変更・追加はもっとありますよ)物語の根幹を崩すことなくハッピーエンドに収めたのは素晴らしい。元々は岸辺露伴が最初と最後にしか登場しない正真正銘の『動かない』エピソードだったのがうまいこと露伴参加型のシナリオになっていた。ヘブンズドアーが人を完全な本にしてしまう描写、ひょっとしたら昨今の情勢で撮影やCG制作の時間的都合を考えての苦肉の策みたいな理由もあったのかもしれないが(少なくともヘブンズドアの能力発動シーンは制作に半年かかったらしい)、片平母娘と太郎ちゃんが飛び出す絵本になるアイデアは穏やかな公園の背景もあって奇妙な美しさがあり、まさに実写ならではと言うべき表現で思わず脳内で拍手してしまった。真央ちゃんは幼児だからまだ字のある本ではないというディテールもいい(写真家である平井の本は写真集のようだったが「死」の真っ黒なページの後は記憶喪失=穴だらけの紙になったり)(泉京香の本がペラめのファッション誌化したのは当然笑った)(でも最後は太郎ちゃんの幸せを願って笑顔で身を引くことができる素敵な人なんですよ彼女は)。露伴先生は鍛えてるから山の中を長距離歩いても平気だし十五につかみかかられても反撃できるし足だって(ふんわり彼氏より)速いのだ(ついでに『ザ・ラン』も多少意識してるか・も)。血の因縁や継承は『ジョジョ』本編でも重要なテーマのひとつであるがドラマでは遺伝や臓器提供といった要素でそれっぽさを加えてきた感もありますね。チンチロリンの件を根に持っている(たぶん今も真実を見抜けていないっぽいのが笑う)小ネタもそうだが全体的にファンサービスが凄いよ。過剰にジョジョらしさを持ち出してくるんじゃあなく(なにしろ「スタンド」の名前すら出てこないんですよ)ここは『ジョジョ』と地続きの世界だ」という前提で制作していたらこうなったのだろうと『心』で理解できた。第1話のだが断るも有名な決め台詞だからとりあえず追加しましたーってノリじゃあなく、しっかり「自分で強いと思ってるやつに「NO」と断ってやる」シチュエーションで使ってたしな。作品の理解度が高い人が制作に関わるとこれだけ満足感が高い実写化になるのね…(二度目)。というわけで満足した。週刊少年ジャンプじゃあなく「週刊少年ジャンボ」(と、集英社じゃなく集明社)になってたのだけはちょいと残念だったが、よく考えたらNHKだからか!?(※商品名とかが出せない縛り)(『香水』のドルガバは紅白でもOKだったのにッ)

20211227 Mon

第4話 ザ・ラン

  • まさかの『岸辺露伴は動かない』実写ドラマ続編。第六部アニメも放送で景気が良いね。どちらも諸事情あってリアルタイムで見られなかったのが無念だが(この感想は1月末~3月に書いてます)。でも展示は見に行きました。ドラマに出た物品その他を出してるだけかと思いきや展示の一点一点に解説もしっかりあって充実していた。平日に見に行ったのに想像よりかなり人が居て流石だなとおもいました。他にもNHK仙台のマスコットキャラ・やっぺぇが露伴のヘアバンド着用で夕方の番組に出演するなど結構な大サービスがあった。局内に熱心なファンがいたとしか思えん。では以下感想です。
  • 『第4話 ザ・ラン』。ドラマ第一弾の放送前から「見たかった」というファンの声が特に多かった(多分)エピソード。原作はもちろん読み切りの独立した話ですが、ドラマ第一弾が全3話の物語として再構成されていたのと同じように今回は全てのエピソードが六壁坂に結びつくものとして組み立てられていた。放送エピソード発表の時点では気付きませんでしたが、つまり「神」「スタンド」「妖怪」という超常の存在をひとつの大枠でくくってみせたわけだ。普通に感心しました。なぜか『岸辺露伴は動かない』ではなくジョジョ第四部からエピソードを引っ張ってきたのはこのためだったのか。原作不足とかではなく。でも、この英断のおかげで今後もしドラマ第三弾があったりしたらチンチロ回とかジャンケン回が見られる可能性も浮上したわけでワクワクが止まらん。
  • 前置きが長くなったが今度こそ感想。この岸辺露伴がいただきました。名前を間違えられたことよりも漫画に対するプライドを傷つけられたことのほうを怒る露伴! 超がつくくらい有名なのに名前を覚えてもらってないのは逆にリアルよね。岸田ゴハンどころか作品名まで間違ってて噴いた(ピンクラークの少女)。不動産屋が本にされるのはドラマ第1話の強盗のセルフオマージュなんでしょうか。2人組だし。「露伴に有利な取引をする」と書き込むわけではないのがまだ良心的…と思ったがページは奪う。一時停止して読みやすいようなページの持ち方をしてくれる視聴者に親切な露伴先生(録画組限定)。早くも『六壁坂』冒頭の編集者とのシーンが入るがもちろん編集者は泉くんに置き換え。サインをねだる杜王町のチンピラ共が地元の小学生に置き換えになったのはまあしょうがない。「ド・スタール」クリア。「セーラームーン」「レッド・ツェッペリン」「るろうに剣心」アウト。『六壁坂』は第6話だからと安心してたのにもう破産してて噴いた。語ってる最中のポーズまで再現してるし。笠松将氏演じる橋本陽馬、髪型を除いても明らかにヤバイ感じの男で笑ってしまった。ドラマのために初の食事制限やボルダリングに挑んだそうです。すごいぜ。筋肉もすごかった。トレッドミルの場所を譲らせた奴らを見て勝負を思いつく伏線、そして後の犠牲者になることを印象付けるうまい改変だ。登場時点でもうかわいそうな彼女。タラコスパゲティにポテトサラダという糖質多めメニューも原作再現。字幕つきで見ていたら規則正しい呼吸音と出ていてちょっと笑う。そういうのもアリなのか。スピードワゴン運送にZOZOTOWNならぬJOJOTOWN。原作では見られなかった最初の勝負が! 露伴からすれば特になんてことない遊びのつもりだったんだろうが狂気に陥りかけている橋本陽馬にはトドメだったんだろうなというのがよく分かる。流石にマンションの外壁でボルダリングは難しかったか。ヤバイと気付くのがちょいとばかり遅い! だがそこに興味津々で乗っかるのが岸辺露伴!! 顔が見えない構図でのヘブンズドア発動で若干のコスト削減。スカスカのノートが書き込み過剰になっていく過程シンプルに怖いし「取り除いた」ものだけ写真貼り付けたようになってるのが狩った獲物を記録してるみたいで素で怖いわ。自分が強いと思っている相手にNOと言うのは好きだが到底言えない状況! この漫画家今の状況で笑ってやがる! 「少し反省」のセリフを再戦前に使うセンスよ。いやーー緊張感の演出いいですね。展開が分かってるのにハラハラしたわ。再構成のため陽馬が取り憑かれたのはヘルメス神ではなく六壁坂に潜む何かに変更。確かに妖怪といえば妖怪と言えなくもないが、ランニング男。場所は重要。。これも良い伏線だなあ。

20211228 Tue

  • お楽しみのジョジョ第四部原作エピソード。予告の時点で噴いてしまったがチープ・トリック解釈そうなるのか! 確かにドラマではスタンドのビジョンは出てないからなー。康一くんがいないのにどうやって倒すのか?泉くんがスタンド能力に目覚めるのか?それとも? ジョジョといえば今回のドラマでは櫻井孝宏氏に加えて徐倫役のファイルーズあい氏もさりげなく出演されてますね。第六部アニメも見ないと…。
  • 『第5話 背中の正面』。通りゃんせ。地名が「平坂」の時点でもうね。ポスト、ポスト見えてる。振り返るなと言ってるそばから!!と原作読者をハラハラさせる改変。棒読みの感謝! 無茶苦茶なスケジュールだが露伴なら出来るのだ。案外勘がいい泉くん。話すことも書くこともタブー。「あった」という事実だけが残る。リストと聞いて泉くん結構出来るやんけと思ったら思いっきりどこかのブログのコピーで噴いた。坂=境目。オリジナルのシーンだが解説として重要だ。岸辺露伴が見たいのは境目の先のネタなのだ。帰ってくる口実を与えないために自らバッグを持ってきてやる露伴先生、解釈一致。そしてお待ちかねの怪しさしかない男登場。まさか市川猿之助氏が乙雅三を演じる日が来るとはね。キャスティングの時点で面白さが約束されてるわ。なお乙は一級建築士ではなくMSリゾート企画営業部という設定に。チンチロはやってないから家の修繕じゃなくて不動産の話で来たってことにしたのね。露伴が警戒する理由も六壁坂由来に変更。「見るなのタブー」で振り返ってはいけない小道チープ・トリックを繋げるのは普通に上手いのでは。スケジュール手帳めいた乙雅三の本。今回の見所その1・背中の駆け引き-乙雅三編。分かっちゃいたが実写だと異様さが凄いわ。まだ資料作ってる泉くんが健気に見えてきた。絶対背中を見られないようなイスの座り方をしているせいで偉そうな態度になってて笑う。客と話を合わせるの下手か?これは妖怪のせいじゃないよね? そして取り憑かれる岸辺露伴。ドラマ版はスタンドのヴィジョンが出ないのでまさかの本体がスタンド化。流石にミイラ化はしなかったがマユ毛は消えた。しかし普通にキツいだろこの撮影!! 密を避けるご時世でよくやったなあ。見た目はこれだが喋り方はチープ・トリックに寄せてて噴く。六壁坂返して。もちろん吉良吉影の写真などないのでここも改変。どんな状況でも原稿は描く露伴!! つかれてますねえ(ダブルミーニング)。泉くんに取り憑く妖怪露伴、視聴者が見たがるであろうシーンを想像という形でやってくれるの親切すぎるな。今回の見所その2・背中の駆け引き-岸辺露伴編。エクソシストー!! 漫画を描くために徹夜をしたのは初めて…えっ? しばらく近所で噂になるであろうことうけあいの不審な動き! スマホケースに「露」の字。露伴の移動手段にされるガラの悪い男のビジュアルが原作に寄せてあって笑う。ちょうどいい具合に縦にページを開く。歩きスマホのくだりは『月曜日 天気-雨』の要素をちょっと入れた感じか。まさかの康一くん役が泉くん。消去法で言えばそれしかないのだが。泉くん視点だと妖怪が見えないとさりげなく表現。「振り返ってはいけない」が「かごめかごめが聞こえるときは振り返ってはいけない」に条件追加。黄泉比良坂。振り返るくだりは原作よりシンプルに。相変わらずペラペラな泉くんの本、いやファッション誌。引きずり込む手はCGで来るかと思ったらこう来たか。余裕たっぷりのヤツが慌てる姿は面白い! 顔を見れないのが残念だよォーーッ!←普通に言いそうで笑う。犬の鳴き声がちょっと聞こえたのはアーノルド風味。「カンがいい」というより「あたりやすい」タイプ。ラスボス感を出していく六壁坂。乙雅三もまた六壁坂の被害者に過ぎなかった…何なんだ六壁坂…いや本当に分からん。露伴先生が徹夜で描いた原稿(作画・蒼木雅彦氏)を見ながらお別れです。矢が!! 今回の原作表記はもちろん『ジョジョの奇妙な冒険』。

20211229 Wed

第6話 六壁坂

  • いや~~~怖かったですね。原作の時点で『岸辺露伴』シリーズの中でも上位の怖いエピソードですが完全にホラー&サスペンスに寄せた演出で怖い怖い。特に今回の見せ場である死体を隠すシーンは結構な臨場感。途中から画面がモノクロになるのは血がドバーッとなるのがテレビ的にアウトだったのか、それともロケ地の都合で血糊の使用がアウトだったのか?(よく見ると液体に色がついてない=水?) 詳細はわからないが垂れてくる血を飲むエグいシーンはギリギリ分かる程度に再現していたので良し。
  • 『第6話 六壁坂』。落ちる水滴。醤油のCMかな? いつのバスだよ! 担当する漫画家からタクシーを奪った泉くん。前エピソードに絡めたオリジナルの謎解き。原作では偶然見つけたことになっていた大郷楠宝子(演・内田理央氏)との遭遇も自然な感じに改変。本当は色紙など一瞬で描けるが話を聞き出すためにわざとゆっくり描く露伴(推定)。映像で記憶を「読む」のはちょっと新しい。大学まで片道2時間は流石につらいわ。バイトの庭師・釜房郡平(演・渡辺大知氏)のビジュアルは原作よりマイルドになったが世間知らずのお嬢様が付き合ってるタチの悪い男という感じが演技で強調されている。バブル男呼ばわりされた婚約者の修一さん(演・中島歩氏)、喋り方も後ろ髪もヤバイ!(※後ろ髪は原作再現) 死体を隠すシーンが一番サスペンスで怖いのでここに尺を使うのは正解のはずだが、血がドバドバ出てくることより修一さんの喋り方のほうが怖くて思わず何度も笑ってしまった。原作じゃここまでネットリしてなかったのに何故。楠宝子の本は小説風。シワシワになる死体再現。着物姿のお嬢様が半狂乱で死体を隠す、これぞジャパニーズ・ホラー(?)。水をかけると元に戻るって乾物じゃないんだから。これまで何度も出てきた坂についに露伴が、いや来るなよ!!帰れよ!! 原作では娘が倒れるときの表情は分からないんだけどドラマではうっすら笑顔で倒れてるのが怖いわ。荒木先生の初連載作品『魔少年ビーティー』の最終エピソードで公一くんの家を乗っ取ろうとした当たり屋一家の親父が待ってましたとばかりに倒れてみせるシーンがありましたけどそれと同等の嫌らしさを感じるわ。また妖怪に取り憑かれてるよこの漫画家。黒ずんでいく死者の本には書き込めない。修正液で書けばどうです? そういう問題じゃないか。ヘブンズドアで取り憑き解除する露伴もチートだが取り憑き解除されたら生き返る妖怪もインチキすぎて恐ろしいわ。子供は「2人」いたッ!←これは原作通りだけど泉くんを使って最後にもうひと盛り上げするのは上手いですわ。このドラマシリーズは原作の改変も多いけど、改変したことによって「そこを変えたならこっちはこうなるだろう」というのを全体に渡って丁寧にやってるのが凄い。妖怪も取り憑く相手は選ぶ。このオチも納得しかなくて笑う。確かに泉くんなら躊躇なく警察も救急車も呼びそうだよな…。妖怪退治は漫画家の仕事ではないし殺人鬼探しも漫画家の仕事ではない。泉くんが持ってきたケーキはニコラ&ハーブというお店のものだそうです第5話のレモンタルトも)。確かにこのケーキは返したくない。こうして岸辺露伴の家は守られたのです。めでたしめでたし。最後は体操で締め。
  • というわけで2021年のドラマも安定した面白さでした。岸辺露伴の次回作はきっと傑作。もし第三弾があったら今度こそ『密漁海岸』が見たいなあ。どうですか。(20220309)