戻る

ドラクエ8プレイ日記

〜 第13話:空と海と大地と呪われし姫君と青春のメモリー

2005年1月21日(金)

所持金165ゴールドでカジノに行く。全部スった。少し泣いた。

というわけでビーナスの涙を取りにゲルダのアジトから北のほうにある洞窟にやってまいりました。周囲が荒れ果てまくってるのが気になるがまあよい。地下への階段を下りて扉を開けるとそこは迷宮であった。目的のビーナスの涙が入っている宝箱は意外にも入ってすぐ見えるところにありました。が、ヤンガスによると内部にはいろんな仕掛けがあってそのおかげで以前はそこにたどり着くことすらできなかったそうです。なんでもここは昔の好事家が自慢のお宝(ビーナスの涙)を安置するためにわざわざ作った洞窟だそうで。物好きもいたもんだ。なんか知恵とチカラをかねそなえし者のみが真の栄光を手にするであろうとか書いてあるし。ノリノリですね作った人。ドルマゲス退治はどうなったんだ? とボヤくククールに心の中で軽く同意しつつ迷宮探索。おどる宝石って金持ってんなーとか思いながら進んでいくと落とし穴を発見。下を覗いてみると毒の池。うへー近寄らないようにしよう。それよりこっちの扉を開けてみよう。すると

 ボョ〜〜〜〜ン

なんということでしょう。一行はニセ扉の裏に隠されていたバネの力で思いっきり突き飛ばされ落とし穴に落とされてしまったではないですか。ぎゃー。なかなかいい仕事しやがりますね。幸いにも毒のないところに落下。そればかりか剣士像の洞窟の地図まで発見。あれ、実は運良かった? でも目の前は毒の池が続いていてとても先に進みたい雰囲気ではありません。というわけで一旦リレミト。の前にククールの抗議をお聞きください。

 「まったくふざけた扉だぜ。
  下手すりゃ このオレの美しく 高い鼻がつぶれちまうところだったんだぞ!
  もしそんなことになったら世界の損失ってもんだろ?
  そんなこと許されることじゃないぜ!」

だまれ。さてこの洞窟は剣士像の洞窟というだけあって入り口にも剣士の像が立っておりますが、内部の仕掛けにも剣士像が使われております。といっても剣士像が出入り口の前に突っ立ってたりするだけの箇所もあるんですが。単に引っ張ってずらせば通れるわけね。他にも同じく位置をずらしてスイッチを踏ませると跳ね橋が降りるとかいう単純な仕掛けをこなし、なんでこんな簡単なのが解けなかったんだ君はっていうか入り口付近にすぐ宝箱があるんだからそこまでロープなり橋なりを渡して行けば取れるではないかとか思っていると地下四階で少しは仕掛けらしい仕掛けに遭遇。天をあおげ! されば 道は示されん!というヒントがありました。見ると床には5×5マスに並ぶタイルが。そこに立って視点切り替え。天井を見上げると一箇所だけ穴が開いているところを発見。その位置にあわせて床タイルの周囲にあった剣士像をずらすと、なんとその部分の床がジャンプ台に。上の階に跳び上がりました。なんということでしょう。ともあれそこにはボスフロアの曲がかかっています。周囲にはこれまでにこの洞窟に挑戦してきたであろう者たちの骨が。ひー。散々鍛えたから敵はそんなに苦戦しなかったけどボス戦はこのままだとちょっとキツいかなー、と思いつつ近くにあった碑文を読んだらご丁寧にもHPMP全回復。さあ 最後の試練を受けるがよいだって。ノリノリですね作った人。ともかくこれで状態は万全。万が一負けたら地図を入手するところからやりなおしですがせっかくだからオレはこの赤い宝箱を調べるぜ!! というわけでボスのトラップボックス登場。戦闘開始早々にはちろうとククールが眠らされましたのでヤンガスのオノ技とゼシカのバイキルト&メラミで応戦。がんばれヤンガス。でもトドメをさしたのは終了間際に都合よく起きてきたはちろうの「かえん斬り」でした。ぬぬ。でも倒したのは事実。無事にビーナスの涙ゲットでがす。おお、ヤンガスの手よりも大きい宝石ですよ。「涙」というだけあって涙型です。その石を手にしてヤンガスははちろうにぽつりぽつりと昔の話を語り始めました。


 「……兄貴 じつはね。
  アッシが昔この洞くつに挑んだのは
  あのゲルダのためだったんでがすよ。
  今でこそ あいつとは単なる商売ガタキでしかないんでげすが
  あの頃は アッシも青くてね。
  ゲルダの奴も 今みたいにおっかない感じじゃなくて
  正直 ちょっと あこがれてたんでさあ。
  それで あいつが欲しがってたビーナスの涙をとりに来たんでげすが
  結局ケガして 逃げ帰るだけでがした。
  まさか 今になって こんな形で手に入れることになるたあ
  思いもよらなかったでげすよ。

  もし あの時 首尾よくこの石っコロを手に入れてたら
  どうなってたんでがしょうねえ……。

  ……おっと。今の話は他言無用でがすよ。
  アッシの苦い青春のメモリーでげす。」


うーん今回の件はヤンガスの思い出話ということでファイナルアンサーですか。ゼシカとククールのエピソードはすでにやった(今後もあるかもしれないが)けどヤンガスのは出会い編しかなかったですからね。しかし一番そういうことに縁のなさそうなヤンガスにこんなロマンス()があったとは。はちろうの話もそのうちやるんでしょうか。いちおう主人公なんですけど。そういうわけで宝石は手に入ったのでリレミトで帰還。アイテム探しはまた次回ということで(全然探さなかった)。そのままゲルダのアジトまで向かいます。ルーラできないので徒歩で。

ゲルダのアジトに到着。さっそく宝石を持ってゲルダに会いに行くヤンガス。が、

 ゲルダ「……あたしがした約束は
     たしか ビーナスの涙を持ってきたら
     馬を帰すのを考えるってことだったね。
     じゃあ 今考えた。
     やっぱり あの馬は返せないね。
     この石コロはあんたたちに返すよ。

な なんだってー!! オイオイそれって最悪のシナリオじゃないスか。骨折り損のくたびれ儲けとはこのことだ。約束はどうしたと焦るヤンガス氏。しかしゲルダは「約束ね……そういえば あんた以前あたしに この宝石をくれるって約束してなかったかい?」 とヘリクツこねてます。うわーなんてこった。するとヤンガスが急に真剣な顔になりました。たしかにあの時の約束を破ったのは悪かった。でも 今回のことはオレひとりの問題じゃない。仲間のためにも引くわけにはいかねえ。そう言って、なんとゲルダに土下座


 「この通りだ。オレはどうなってもいいから……
  頼むから あの馬を返してくれっ!


ヤ ヤンガスーー!! お、お前そこまで仲間のことを……。あまりのことにゲルダも唖然。「あんたを困らせてやると思ってたけど バカバカしくなってきたよ」と、さすがに気がとがめたのか馬を返してくれることになりました。当初の約束のとおりビーナスの涙と交換です。ああよかった。それならすぐに馬姫を助けてやらねばと家の外へ出ると、そこにはすでに出発の準備ができている馬車と馬姫が。手下の男いわく「じつは ゲルダさまから前もって馬を返す準備をしとけって言われてたのさ」 な なんだってー。なんだかんだ言ってヤンガス達がビーナスの涙を持ってくると信じていたんでしょう。ちょっと感動的ですね。そこに「もう お前を残して酒場に飲みにいったりはしないと約束するぞ」、ってトロデのおっさんいつの間に。毎度毎度どこから現れるんでしょうかこのおっさん。ともあれ馬姫と馬車も戻ってトロデも反省したことだし次はどうしよう、というところでヤンガスがそろそろ情報屋のことを思い出しました。そういえばパルミドへは情報屋を探しに来たんでした。そろそろ町に戻っているはず、というわけで再びパルミドへ行くことに。ちなみにトロデは今度は町の中には入らないことにしたようで。そのほうがいいよ。それにしても当初の目的をスッパリさっぱり忘れてましたな。ゼシカも「これで情報屋さんに会えなきゃ私たちあまりにもマヌケよと嘆いてます。そのとおりだ。

ところでそのパルミドの人から「闇商人のダンナが探してたぜ」という情報を入手。そういえば彼の早業売買のおかげで色々苦労したのだった。ちょっと寄っていくか。小さいほうの酒場から闇商人の店へ行くと、馬車に積んであった錬金釜の話になりました。どうやら客が欲しがっているアイテムをオーダーするから錬金釜で作ってくれということらしいです。もちろん持ってくれば買い取ってくれるそうです。これはいい儲け話ですね。始めにオーダーされたのは特やくそうでした。これは上やくそう2つで錬金できるようで。ちなみに上やくそうは普通のやくそう2つで錬金できます。上やくそうは1つも作ってなかったのでさっそく手持ちのやくそうを2つ錬金釜につっこんで錬金開始。その間に行くのは情報屋のところではなく、そう、カジノ。今日の初めに小額(100ゴールド)賭けて台無しにしたけど今は2500ゴールドくらい持ってるぞ。売り場のねえちゃん俺にコインを売ってくれ。とりあえず20枚購入(ちなみにコインは一枚20ゴールド)。スロットは難しいから運任せのビンゴで勝負だっ。おらーいけー全部なくなった。ギャンブルの道は険しい。結局600ゴールドくらい使って250枚ゲット。さっそく教会へダッシュしてセーブしに行く小心者。神のご加護のあらんことをというありがたいお言葉もそこそこに再びダッシュでカジノに戻る。その後も小額当たるたびに教会にダッシュしまくり傍目から見ると超敬虔な信者のように見せかけてその実態は単なるコインに目がくらんだ危ない人。背中がすすけてきそうだ。その後100枚(最高額)かけて最後の倍率5のときギリギリ当たって500枚ゲットとかいう劇的なことをやりつつ今日はこのへんで。プレイ時間は25時間12分まで。次回は剣士像の洞窟でアイテム探しの予定。

ちなみに今回の戦闘記録。

----
今日のククール

 「そうか! 今回の一件はアレだ。
  囚われの姫を救い出すというあの定番の冒険だったわけか!
  いやあ 姫の姿がアレだから さっぱり気づかなかったぜ。」

ということは姫が人間に戻ったあかつきには「そんな ひどい…」とか言ってくれるわけですね? 言わねーよ。

2005 karayage