塊魂 プレイ記録

僕の私の塊魂日記

日記一覧

2006年12月8日(金) おれとおまえの塊魂:第1回「償い」

「僕の私の塊魂」ストーリー

これまで大コスモに迫る数々の危機を(マッチポンプ式に)救ってきた王子ファミリーが南の島にバカンスにやって来ました。王様はさっそく海でダイナミックな泳ぎを披露します。楽しいひとときを過ごす一家。しかしその頃、周辺の「楽園諸島」に住んでいた動物たちが「僕らが住む島が大波でなくなった!」と大騒ぎ。困り果てた動物たちの声を聞いた心優しい王様は、彼らが安心して住める理想の島を作ってあげることを約束しました。なお、動物たちの島が壊滅状態に陥ったのは王様のダイナミック過ぎる泳法により発生した大規模な津波が原因である。王子は動物たちの島を作るため、海の向こうのヒマワリ大陸で塊を転がすことになりましたとさ。

そんなわけでPSP版塊魂です。またまたはっちゃけたストーリーが気になるところですがそれよりもPSPの画面の美しさに目を奪われるおれだ。塊魂風に言うとビューティフル画面ですよ。初期型PSP持ってるくせにいままで全然触ってなかったから驚きもひとしおだ。ノリノリで高音質なBGMと共にオープニングスタート。上記のように今回の目的はです。王子が作るのは星ではなく島。まあ星も島も似たようなモンだよな(全然違う)。

ネズミの場合:チュートリアル

というわけで最初のステージは例によってチュートリアル。最初に島を尋ねてきたのは風呂敷包みを首に巻いたネズミさんです。突然の大波で島がなくなり、そのショックのせいか同時に自分の記憶もなくなってしまったそうで。いきなりヘヴィな状況ですが「ネズミさんの記憶を取り戻すためにも」というよくわからん理由でチュートリアル開始。ところでネズミが依頼者でチュートリアルというのはネズミの鳴き声の「チュー」と「チュー」トリアルをかけているのではあるまいな。

チュートリアルステージは「みんな大好き」のものとソックリ。というか内容はほぼ同じです。BGMも「みん大」と同じくDOKAKAの「塊オンザロック(アレンジ版)」。なんと今回の塊魂は前作&前々作の曲も収録されているのだ。スバラシイですね。基本的な操作を行ったあとはイトコのジュンを巻き込め! と指示されるが例によって無視してすべてのモノを回収に行くやりこみ派のおれ。上空からすばらしい笑顔で見守っている王様に恐怖しつつ、空飛ぶテンシ(王子の先祖)が持っていた王様プレゼント(中身はカメラ)もキッチリ回収してステージクリア。記録は23cm5mmでした。同時にネズミさんの記憶も戻ったようです。「全て思い出した…オレ オスだ! 知らんがな。出来上がった塊は王様ブレスによって立派な島になりました。赤い屋根の家までついてるし。一体どういう術だ「王様ブレス」。神の息吹か。

ところで今回の塊の基本操作は十字ボタンと○×△□ボタンの同時操作の組み合わせで行います。たとえば『上+△で前進』とか。PSPにはアナログコントローラーが1本しかないためこのような措置になったのであろう。PS2での快適操作に慣れきった身にはちょっと辛いかもしれん。すぐ慣れそうな気もするが…。

ステージが終わるとオウジ島に到着。王様が作ったというこの島が今回のメニュー画面である。温泉やアルバムや気球など色々な施設があるぞ。ここで王様が「島の名前をつけろ」というのでデフォルトの「オウジ島」とは違う名前に変えてみました。その名も「ツグナイ島」(byさだまさし)。いや、今回のストーリーがあんなだからさァ。ねえ。海は死にますか(それは違う曲だ)。ちなみに王様には「ナンカ キモチワルイ…と言われました。あんたにだけは言われとうない。島の名前はいつでも変えられるそうだから償いが済んだあとでも安心。

カメの場合:カタい島

続いての依頼者はカメ。彼も王様の魔の手により安住の地を失ったひとりである(なんだこの書き方は)。カメさんは自分たちが思いっきり遊びまわれるカタい島が欲しいという。へー。というわけでヒマワリ大陸にゴー。ちなみに今回のステージへの移動は大きなパチンコによって行われる。パチンコって玉入れのじゃなくて石とか飛ばすアレね。アレで王子が吹っ飛ばされるわけです。王子は大の字に手足を広げて海に立つ王様の股間の下を通ってヒマワリ大陸に飛んで行きます。なんで王子がこんな目に

そんな裏事情(全然裏ではない)はおいといて実質上最初のステージへ。転がすのは子供部屋の中です。ああ、この散らかりっぷり、さすがは塊魂です(よくわからん感心の仕方)。BGMは田中雅之(クリスタルキング)の「塊オンザロック」。あの「ナナーナナナナナーナーナーナカタマリダマッシー」って歌ですよ。この曲を聞いてテンションが上がらない塊魂ファンはいないぜーッというわけで大ハリキリでスタート。目標は4分間で15cm以上。なお今回の塊魂は大きさとクリア時間のほかにステージごとに指定されるモノの回収率も評価に含まれます。今回は「カタい島」という指定なのでカタいモノを多く巻き込むと高ポイントが得られるというわけ。というのは1度クリアした後に知ったわけだが。最初の記録は22cm2cm/2分0秒/93888pointという結果に。最後のpointというのがカタさのポイントです。これら全てを合わせた総合評価は78点でした。高いのか低いのかよくわからんがまあまあの記録だったらしく、塊は王様ブレスによりカチカチ島になりました。あ、あとはイトコのエースも回収した。ネズミに追われていたよ。捕獲したイトコはオウジ島の隣にある豆ノ木島に送られ、操作キャラとして使えるようになります。「みんな大好き」と同じ仕様やね。島から島への移動に使うのがお椀の船(一寸法師リスペクト)なのが非常にかわいい。

というわけで操作に慣れるためにもカメステージを何度かやってみた。はじめて巻き込んだモノの文字がレインボーカラーになるのも「みん大」と同じでわかりやすい。ステージ終了後、前作・前々作では星にしなかった塊は王様の手により星クズになりましたが今回はただの岩にされます。どことなく物悲しさが漂う。また、すでに作った島を破壊するのは王妃のドタバタダッシュの役目です。この夫婦って一体…。3回目くらいの挑戦で王様プレゼントを発見(中身はお花)。本日の最高得点は23cm9mm+1分15秒+107140point=総合93点でした。大きさの最高は24cm1mmでポイントの最高は110617pointなんだけどその他がちょっと低かったのでこっちの総合得点は92〜90点でした。これは記録をまとめるのがややこしそうだ(こっちの話)。ちなみに80点を超えた時点で最高ランクになったらしく、これ以降はエターナルモードで転がせるようになりました。初代にだけあった時間無制限コースですよ。モノやプレゼント集めには使えるが島は作れませんとのこと。ふーん。試しにやってみたら、普通に転がしていたら発見できなかったであろう金銀銅メダルやイトコのイチゴチャンを発見・回収できた。あれこれ巻き込んでいたら最終的には28cm程度になったので通常ステージで上手くやってもこれがギリギリの記録なんだろうな。初日はここまで。

今日のまとめ

ネズミ:チュートリアル
最高記録:23cm5mm
王様プレゼント:カメラ
イトコ:ジュン(クリア後にジュンで転がすと王子が登場)
カメ:カタい島
最高総合得点:23cm9mm+1分15秒+107140point=総合93点
個別最高記録:大きさ・24cm1mm/時間・1分15秒/ポイント・110617point
王様プレゼント:お花
イトコ:エース・イチゴチャン

▲上に戻る ■トップページに戻る

2006年12月9日(土) おれとおまえの塊魂:第2回「Sweet Dreams」

PSPのゲーム起動音が「ポレン」という感じに聞こえる。

アリの場合:甘い塊

というわけで2回目。前回王様がミニ火山島(オウジ島の隣にある)にアリがいるよとか言っていたことを思い出したのでさっそく行ってみる。そこで待っていたアリは…でかいですね。王子と同じくらいありますね。王子が小さいのかもしれませんね。さてこの巨大アリさんのお願いは「女王様のために甘い塊が欲しい!」というもの。え? 塊ですか? は? 島はいらんの?  と軽く混乱が起きるがともかくスタート。火山島からヒマワリ大陸に行くには火山の噴火を利用します。大陸に着く前に死にそうなカンジがしますがそのへんは、まあ、ゲームなので…(何のフォローにもなっていない)。

というわけでやって来たのはどこぞの家の中。なんだかありとあらゆるお菓子が大量に散らばっています。このステージは特殊ルールにより甘いもの以外のものでは塊が大きくならないそうです。5分以内にできるだけ甘くかつ大きい塊を作れというわけ。「みん大」で言うところの相撲対決ステージ(小さい相撲取りに食べ物を大量に食べさせて大きくするルール)と同じですな。ではスタート。転がすのはキャンディ型の塊です。そこらじゅうにあるアメやチョコレートやクッキーなどの甘いものを巻き込むごとに「あま〜〜い」だの「おいし〜〜〜い」だの「とろける〜〜〜〜〜」といった声が聞こえてくるのが妙に恐ろしいがそれはそれとして最初の結果は57cm6mm/539甘でした(「甘」は塊に巻き込んだ甘いモノの数)。総合得点は出ないのでこれがいい記録なのかどうかいまいち分かりませんがアリ的には満足のようです。ついでに王様がこの塊を島にしてくれるという。キャンディヨウカンチョコレート島の誕生である。甘そう。あとはイトコのハニーとハトコのホルモン、王様プレゼントのペロペロキャンディ(装着すると口にくわえて登場)も回収。一度に色々やりすぎた気もするがまあよい。

カナリアの場合:明るい島

さてオウジ島に戻ると続いての依頼者発見。例の事情により住んでいた島を失ったカナリアさんによると、彼らは暗いところでは目が見えないので明るい島が欲しいのだそうで。前に住んでいた島は明るかったらしい。それはすまないことをした。明るい島を作るために明るい塊を作りに行きましょう。今回の舞台はです。なんだかお花見シーズンのようでうかれムードな雰囲気(同意語反復)です。なんかヨッパライとかもいるし。もちろん寿司の折り詰めも持っている。目標は6分間で1m50cm以上です。花見弁当やビールなどを巻き込んで塊が75cmになったあたりで突然のロードが入った。曲もブツリと切れるのでちょっと怖いぞ。ロードが終わると町はになっていました。引き続き転がします。ところでこのステージのBGMである「カタマリたいの」(うた:浅香 唯)ですが、途中まで歌なしのインストだったので大人の事情でもあったのかと思いましたが途中からちゃんと歌が始まったのでホッとしました(攻略とは無関係)。そんな戸惑いのせいか最初の記録は2m87cm9mm+114411point+4分42秒=総合57点という微妙すぎる結果に終わった。見つけたプレゼントも途中で落とすし…。まあ失敗してもすぐやりなおせるのがこのゲームのいいところである。次のプレイで無事に回収しました(中身はサングラス)。ついでにハトコのスバルも発見。二度目の記録は3m41cm0mm+153338point+3分8秒=総合81点という結果に。いきなり上がった。今日はここまで。

今日のまとめ

カメ
最高総合得点:24cm3mm+1分8秒+114625point=総合98点
個別最高記録:大きさ・-/時間・1分2秒/ポイント・115551point
アリ:甘い塊
最高記録:580甘/63cm6mm
個別最高記録:大きさ・63cm9mm
王様プレゼント:ペロペロキャンディ
イトコ&ハトコ:ハニー・ホルモン
カナリア:明るい島
最高総合得点:3m41cm0mm+3分8秒+153338point=総合81点
個別最高記録:大きさ・-/時間・-/ポイント・-
王様プレゼント:サングラス
イトコ&ハトコ:スバル

▲上に戻る ■トップページに戻る

2006年12月10日(日) おれとおまえの塊魂:第3回「サウンド・オブ・サイレン」

コガネムシの場合:セレブな島

ネズミ、カメ、アリ、カナリアと来て今回の依頼者はコガネムシさんです。動物以外にも迷惑かけましたか王様は。なぜかザマス口調で喋るコガネムシさんはセレブな島をご所望だそうです。セレブって…。なんだか王様にもコガネムシも「王子にはセレブがどんなものか分かるまい」みたいな態度で接してくるのでワシの中の貧乏人根性がやや刺激されるがともあれスタート。えーとここはどこだ、ゴルフ場か。目標は5分以内に10メートル以上。そしてなおかつセレブなモノを集めろ……というわりにはあちこちに工事現場みたいなモノが目立つのは気のせいか。これ見よがしにセレブっぽいものはあまりないぞ。適当に転がしていたら最初の記録は14m97cm1mm+256388point+4分4秒=57点でした。ショボすぎる。やっぱり立ち入り禁止のカンバンとかブルドーザーとか鉄骨とかただの大岩とかを巻き込んだのが間違いだったか。その後も何度か転がすがいまいち記録伸びず。もうちょっと考えて転がさないとダメっぽいね。王様プレゼント(王様父のパパンマスク)とハトコのオデオン&イトコのベルベットは無事回収。それにしてもセレブっぽいモノって何だろうなあ。対戦相手にジャイアントスイングかましてる相撲取りは関係ありますか?(ねえよ)。

セミの場合:さわがしい島

また虫の依頼です。「静けさにたえられねー!!」と叫ぶセミさんのお願いは、思いっきり叫んでも誰にも怒られないさわがしい島が欲しいというもの。そんなこと言ったってセミは7日で死ぬじゃあないか…わざわざ島なんて作らんでも…と冷酷きわまりないことを考えつつスタート。今度は住宅街から開始。目標は5分以内に70m以上。もう70m超えですか。展開早いな。塊が最初から10mもあるものでなんだか操作が重い気がします…と思ったら後半は本当に重くなった(ひでえ)。メモリ不足というやつか。しかし身長5cmの身でこんなものを転がすとは王子は力持ちだなァ(今更)。しばらく転がしているとロードになり、完了した後は夜になった。夜景がちょっとキレイですが、例によって家やビルを巻き込むと「うわーーー!!」とか「ぎゃーーー!!」とか「助けてーーー!!!」とか聞こえてくるので大層やかましいです(非道)。イトコのフーミンや王様プレゼント(ドラゴンボウシ)もキッチリ回収して最初の記録は104m56cm4mm+206484point+4分10秒=69点。なんとも言いがたい半端な記録だ。ドラゴンボウシは頭から龍が生えてるみたいなモンだし。ちなみにこのステージの塊を島にしないで壊すとただの岩山になるよ。

今日のまとめ

カメ
最高総合得点:25cm1mm+1分7秒+114925point=総合100点
個別最高記録:大きさ・-/時間・54秒/ポイント・-
カナリア
最高総合得点:3m41cm7mm+3分29秒+237688point=総合100点
個別最高記録:大きさ・-/時間・3分8秒(前回から更新なし)/ポイント・-
コガネムシ:セレブな島
最高総合得点:17m5cm6mm+2分44秒+293888point=総合76点
個別最高記録:大きさ・-/時間・-/ポイント・296047point
王様プレゼント:パパンマスク
イトコ&ハトコ:オデオン・ベルベット
セミ:さわがしい島
最高総合得点:119m93cm9mm+3分27秒+251689point=総合100点
個別最高記録:大きさ・-/時間・-/ポイント・296047point
王様プレゼント:ペロペロキャンディ
イトコ&ハトコ:ハニー・ホルモン

いくらか練習したカメとカナリアのステージで100点が出て驚いていたらセミステージは3度目の挑戦でいきなり100点が出てしまい本気でビビった(100点以上は出ないのかな?)。それに引き換えコガネムシステージは…。どうせセレブとはほど遠い人間ですよ私は。しくしく。

▲上に戻る ■トップページに戻る

2006年12月11日(月) おれとおまえの塊魂:第4回「帝国の逆襲」

ロード中の王様のセリフ「王様ノ ヨミコミリョクハ セカイイチ」 これはもしかしてアレですかァーーー!!

ツルの場合:余命占い

今日はまたしてもヘンなお願い。ミニ火山島で待っていたツルさん(99才)は年寄り扱いされるのはイヤだけど長生きはしたいというよくわからぬ欲求の持ち主。そこで王子に縁起物でよく当たるという評判の余命占いをやってもらいたい、とか。つまり今回は長生きっぽい塊を作れと……詳しく言うと長生きしてるものを集めた塊を作れと…………何がなんだかサッパリわからないのだがやらないことには話が進まないのでやるしかない。アリに続いてこいつまで島のこと忘れてるし。さすがの王様も唖然。ツルさんは「ツルは千年と言うけれど自分は最低でも3000年は欲しい」とおっしゃるので5分以内に合計3000才以上の生き物を集めなければなりません。冷静に読むと無茶苦茶わけのわからん文章であるが実際にそう要求されているのだから仕方がない。しかしこれは本当に占いなのか。

という数々の疑問はさておきスタート。転がすのは昨日のコガネムシのマップと同じ場所ですがモノの配置がまったく違うので転がし方もまたまったく違ったものになるわけです。これは初代からの伝統やね。今回は「生き物を集めろ」と言うだけあって動物たちが大勢います。キリンとかゴリラとかヒツジとかシーラカンスとか。あと、ある場所でウシとクマが仲良くコタツに入っていたのを見て過去の忌まわしい記憶(※前作・前々作の日記参照)が蘇りそうになったがこのステージではあの悲劇は起こりえないので安心して巻き込んでよい。

ところでこのステージ、年齢を集めろというだけあって巻き込むモノにそれぞれ年齢が設定されている。アザラシ16才はまだいいとしてもダンボール箱0才とか植木3才とかペガサス300才とかチャンピオンベルト0才とかいちいち出てくるのでおかしい(※年齢はうろおぼえ)。しかし基本的に無生物はすべて0歳なのになぜか丸太とか少女の像には年齢がついているのが理不尽なり。最初の記録は6870才/7m23cm4mm。まあそこそこ。回収したのはイトコのフジオと新キャラのルーキー・ケンタ(王子が4本足になったようなモノ・キモチワルイ)と王様プレゼントのサムライヘアー(ちょんまげ)。植物も年齢があるので木とか取れるようになったらもっと伸びるかも。塊が出来たついでに王様に作ってもらった島を記念品扱いするツルばあちゃんがやはり意味不明である。

セレブ逆襲編

前回のあらすじ:貧乏人の私はセレブな塊が作れずムカついていた。

というわけで今日は新しいステージはツルだけにしてコガネムシステージをもうちょい頑張ってみたい。というかすでに頑張ったのでエターナルだけはギリギリ出せたのだ(記録は16m98cm3mm+329114point+2分36秒=81点)。いきなり話を端折ってしまったが折角なのでここは研究のためにエターナルで転がしてみる。まずは細かいもの(=塊サイズが大きくなると画面切り替え時に消えてしまうもの)でセレブっぽいものが落ちていないか探していたら…………なんだこの自動ドアは。なんだこの高級料亭は。誰だこのセレブっぽい人は。

 (中略)

えー、つまり見落としですよ。わたしの目はフシアナでしたよ。まさかこんなスタート地点の近くにセレブの叩き売り市場があるとは思わなかったんですよ。昨日必死こいてサカナ像とかハト像を集めていたのは何だったんでしょうか(取ったときの「シャラ〜ン」という音が金持ちっぽいと勝手に思い込んでいた)。わき目も振らずにひたすらでかい塊を作ろうとしていたのは何だったんでしょうか。まさかスタート地点付近にあるビルの自動ドアが開いて、しかもそこがセレブが集まる高級料亭の入口だったなんて思いもしませんでしたよ(くどい)。セレブっぽい人がいてセレブっぽいモノが置いてあって建築材料までもが高級品の超セレブリティーっぷりでしたよ。これらを踏まえて通常ステージを転がしてみた結果。

 17m3cm0mm+2分56秒+532709point=100点

一発でコレかい。昨日の努力は一体何だったんだ本当に。もうね、もし明日デスノート拾ったら真っ先にセレブって書くね俺。そんな気分ね。マジで。

 きょうの豆知識1:セレブとは本来「有名人・著名人」の意味であって金持ちっぽいという意味ではない。

 きょうの豆知識2:デスノートに抽象的な意味の言葉を書いても多分誰も死なない。

今日のまとめ

カメ
最高総合得点:25cm9mm+58秒+135945point=総合100点
個別最高記録:大きさ・-/時間・51秒/ポイント・-
コガネムシ
最高総合得点:17m5cm6mm+2分56秒+532709point=総合100点
個別最高記録:大きさ・17m16cm1mm/時間・2分29秒/ポイント・-
ツル:余命占い
最高記録:11722才/9m61cm0mm
個別最高記録:大きさ・9m97cm3mm
王様プレゼント:サムライヘアー
イトコ&ハトコ&ルーキー:フジオ・ケンタ

▲上に戻る ■トップページに戻る

2006年12月12日(火) おれとおまえの塊魂:第5回「タコに捧ぐ詩」

前作・前々作には作った星を鑑賞するモードがありましたが今回は気球に乗って島を見るモードがあります。BGMもステキよ。

カブトムシの場合:カッコイイ島

また虫ですか。今回やって来たカブトムシ君は自身のカッコ良さに絶対の自信をお持ちのようで、自分が住む島もカッコ良くないとしっくりこないのヨとか言い出した。というわけでカッコイイ島を作ることになった。ちなみに彼は自分のどこがカッコ良いと思っているのか。ツノとか…あとツノとか…」 あっそう(冷淡)。

転がすのはもうおなじみの街マップ。今回は遊園地っぽい場所やアメリカンっぽい場所(カジノもある)が配置されております。目標は5分以内に70m以上でカッコイイ塊。ではスタート。やっぱりマップを覚えると転がすルートもスムーズに決まるやね。最初の記録は121m57cm9mm+2分27秒+288577point=100点っていきなり100点ですか。モノの配置がセミステージにかなり似ていたので同じ感覚で進められたせいでしょうか。それともカッコイイと思って潜水艦とか巨大特撮ヒーロー(本物)とかを積極的に巻き込んだせいか。なんとなく拍子抜けである。と調子に乗っていたらこの直後にひどい目に遭うのだった(伏線)。

タコの場合:やわらかい島

続いての依頼はタコさんから。多少お年を召したこのタコさん、例によって大波により住みかである島を失い、その後各地を転々としていたものの自分の体に合ったやわらかい島にはついにめぐり合えなかったそうで。もうトシだから硬い島で暮らすのはキツいんだそうです。なんとなく老人介護問題とかいう言葉が頭に浮かぶが気のせいであろう。タコだし(意味不明)。

そんなわけでやわらかい塊を作りに行った。やって来たのはやたら大量の動物たちがウロつく変な部屋であった。後で確認したら模型屋だそうで。なんかザリガニとかアヒルとかクワガタとかウニとかピータンが大量にうろついているのだがこれでも模型屋と言い張るか貴様、と誰に言っているのかわからなくなってきたところでゲームスタート。目標は5分以内に20cm以上…って小さすぎじゃないですか? 最初の塊は5cmしかないし…と思っていたら、なんとこのステージは前後編になっていたのでした。小さい塊をちまちまと転がしているとロード画面に入り、夏祭り開催中の町(カナリアステージと同じマップ)にワープした。ここで引き続き転がすらしい。目標は6分以内に1m50cm以上。ただし制限時間は模型屋のクリア時間により増減するようだ(模型屋の目標タイムとクリア時間の差分+早くクリアするとさらにボーナスタイム60秒追加)。しかしせっかくボーナスタイムをもらったのになぜか転がすのが妙にもたつき、最初の記録は1m96cm0mm+9分42秒+292225point=41点という散々な結果に。どへー。おかしいなあ(自分が)、と思いつつ再挑戦してみたら模型屋クリア後に出てきたのはお花見シーズンの町であった。どうやら後半ステージはランダムで変わるらしい。他にはお正月ムードの町も出てきた。秋はないのかね。このステージもちょいと練習したらすぐに100点が取れた(エターナルは二度目で出た…)のだがあの41点は一体何だったんでしょうか…。前後編ステージの特殊さに軽く錯乱したか自分よ。でも最初のほうに悪い結果も見ておかないと島の進化過程が見られない(※完成した塊のレベルによって島になったときのグラフィックも変わる)からまあいいか。

今日のまとめ

カメ
最高総合得点:25cm9mm+58秒+135945point=総合100点
個別最高記録:大きさ・-/時間・51秒/ポイント・-
セミ
最高総合得点:122m60cm7mm+3分4秒+288577point=総合100点
個別最高記録:大きさ・-/時間・-/ポイント・-
カブトムシ:カッコイイ島
最高総合得点:121m57cm9mm+2分27秒+288577point=総合100点
個別最高記録:大きさ・-/時間・51秒/ポイント・-
王様プレゼント:ヨロイ(和風の鎧)
イトコ&ハトコ&ルーキー:バンバン(ドーナツ型の体のルーキー)・ニッケル
タコ:やわらかい島
最高総合得点:3m41cm7mm+6分28秒+446311point=総合100点
個別最高記録:大きさ・-/時間・-/ポイント・-
王様プレゼント:デンシャゴッコ
イトコ&ハトコ&ルーキー:模型屋-ハバナ&コロンボ・夏祭り-クロ・お正月-ミソ&ノーン(円錐の先を切って長い手足をつけたような体のルーキー)

模型屋のすみっこで壁のほうを向き頭を抱えてブルブル震えているコロンボ(毛むくじゃらのイトコ)がかわいかったのでわざわざ正面に回って写真撮影してしまった俺はヘンタイか。撮った写真はBMP保存もできるよ!(何のフォローにもなっていない説明)。

▲上に戻る ■トップページに戻る

2006年12月13日(水) おれとおまえの塊魂:第6回「Dive in the sky」

携帯機でずっと遊んでいると目が悪くなっていくような気がするが実際に悪くなっていると思う(えー)。

ネコの場合:あたたかい島

今日の依頼者はネコちゃんです。黒猫ちゃんです。赤いマフラーと同じ色の手袋&靴下を装備しての登場です。この服装(?)を見ても分かるようにこのネコちゃんは寒がりです。寒い島には住めないのであたたかい島が欲しいそうです。前に住んでいた島は暖かかったそうです。毎度毎度すまんのう。というわけであたたかい塊を作りましょう…と言っているのになぜ転がすステージがお正月の町なのか。思いっきりとか降ってるってば。王様の空気の読めなさに呆れつつスタート。目標は6分以内に1m50cm以上。ここも前後編ステージなので目標達成したら次のステージに進みます。さて雪降る町を転がす王子。あたたかいものって何だろうなァ。ラーメンはあたたかいよなあ。フカヒレスープもあたたかいよなあ…。ピザなどはどうか? などと考えながら転がす(たまには状況説明も書いてみました)。目標達成するとステージ移動。やって来たのはコガネムシステージと同じゴルフ場付近。桜が咲いててもう春ね。ステージは使いまわしだが今回はセレブなものを探さなくてもよいので気楽だ…と言いたかったのだがこのステージにも暖かそうなものはあまり落ちていないのが気がかりである。プロゴルファーはあたたかいモノですか?(意味不明)。最初の記録は3m41cm1mm+8分25秒+437132point=100点。昨日に引き続き今日も一発で100点取れました。これもワシのネコに対する愛の賜物である(そうか?)。島の名前がアセダクサウナ島ってのがなんかイヤだけどよ。ちなみに後半ステージは他にも動物園冬のレース場があるよ。コガネムシステージで料亭があったビルの中身も変わる(オバケ屋敷・英会話教室・スポーツジムなど)。ランダムも面白いが好きなステージを選んで転がすことは出来ないのが不便。

ゴリラの場合:エネルギーの塊

またミニ火山島にお客様です。今度はゴリラ。このゴリラ氏はなんとロケットをお作りになったそうです。そりゃスゲエな。完成の喜びのためか非常にハイテンションなゴリラ氏のお願いはロケットの発射に立ち会ってくれというものでしたが、王様がよく見てみるとゴリラ氏のロケットには燃料が入っておりませんでした。ダメだこりゃ。興奮状態のため自分の話を全然聞かないゴリラ氏に初めは「ブレイナ ゴリラメ!」と軽くキレ気味の王様でしたが、このままではさすがにゴリラ氏がかわいそうなのでロケットの燃料になるエネルギーの塊を作ってあげることになりました。やさしいね。作るのは王子だが。

というわけでやって来たのは暴走族が走り回る夜の住宅地。ここでエネルギーになりそうなモノを集めるわけだ。目標は5分以内にロケットが飛ばせるだけのエネルギーを持った塊を作ること。さらに作った塊は制限時間内にロケット発射場まで持っていってセッティングしなくてはなりません(「みんな大好き」のホタルステージみたいなカンジ)。車や自販機、ビルや石油タンクなどとにかくエネルギーがありそうなモノを狙って重点的に取って行くとエネルギーのたまり具合が「ぬるい」とか「熱い」とかアツアツ等に変化します。なんとか時間内に塊をロケットにセットすると最初の記録はアツアツ/70m34cm6mm。3・2・1・0というカウントダウンの後、ロケットは見事打ち上げに成功しました。よかったねゴリラ。でも宇宙には届いてなかったってよ。アツアツじゃ足りなかったのか…(なんか妙な表現)。最後は例によって島のことなんかサッパリ忘れているゴリラ氏にも島を作ってあげることに。しかしゴリラ氏はこの島を打ち上げを見たお礼だと思っているようで…。大体おまえ今までどこでロケット作ってたんだよ。もしかして漂流しながらですかァー!? ロックスミスもビックリ。

今日のまとめ

タコ
最高総合得点:3m41cm7mm+6分28秒+446311point=総合100点
個別最高記録:大きさ・3m41cm8mm/時間・-/ポイント・-
ネコ:あたたかい島
最高総合得点:17m26cm0mm+6分46秒+448851point=総合100点
個別最高記録:大きさ・-/時間・-/ポイント・597094point
王様プレゼント:動物園-ハイゴレイ(背後霊…)・レース場-ランドセル
イトコ&ハトコ&ルーキー:動物園-ムー(全身黒のボディに白い4ツ目のルーキー)・レース場-オペオ&シンゴ
ゴリラ:エネルギーの塊
最高記録:ファイアー!/82m2m4mm
個別最高記録:大きさ・-
王様プレゼント:カミナリタイコ(雷様が背負ってるやつ)
イトコ&ハトコ&ルーキー:ミッキー&ジャングル

ネコステージは後半どこに連れて行かれるかで記録がかなり変わる気がする。サイズが大きくできるのはゴルフ場ステージだけどポイントだけなら動物園ステージが一番。レース場はなかなか出てこないので練習が出来ない(えー)。

▲上に戻る ■トップページに戻る

2006年12月14日(木) おれとおまえの塊魂:第7回「美味しんぼ」

ついに7回目。セミの寿命カウントダウン開始(えー)。

カニの場合:グルメな島

今日最初の依頼人はカニさんです。カニさんは、自分たちが海の幸・カニ食べ放題だの温泉とカニの旅などで喰われまくってるのが気に喰わないそうです。正確に言うと自らの味には誇りを持っているそうですがいつも食べられる側というのに我慢がならないとか。つまり美味しいものが食べたいってことね。グルメな暮らしがしたいカニさんのためにグルメな島を作ることになりました。いいのかね。

というわけでやって来たのは動物園です…ってオイ。動物園といえばキリンとかパンダとかそんな子供たちの人気者が集まる場所じゃねーか。よりにもよってそんな場所で食材探しだなんて…コイツ筋金入りのワルだな。とひとしきり慄いたところでスタート。目標は5分以内に10m以上。とは言ってもなァ。この動物園で美味そうなものと言ったら…マグロとか? ヒツジはどうか? 乳牛は喰えないってことはないけど乳臭いしなァ…とわりと真面目に考えながら転がしてしまった。しかしワニだのゴリラだの飼育員だのを平気で巻き込んでいるのは我ながらどうかと思うぞ。カニバリズム!!(うるさい)。

目標サイズに達すると今回もステージ移動。雪降るクリスマスの国に到着しました。ロマンチックな教会の鐘の音など聞こえてきますが今回はロマンより食い気です。ここでの目標は5分以内に70m以上。ところでこのステージのBGMである「天使の雨」(うた:You)ですが、「カタマリたいの」と同じく途中まで歌なしだったのが非常に気になる。しかも歌い出しの部分が「みんな大好き」で流れたのと違う(歌詞の2フレーズ目から始まる)のもかなり気になる。でも実は他の曲も最後のあたり少しイジったりしてるんだよな。容量削減のためにカットしてるのかと思いきやイントロ部分伸ばしたりしてるしなんでだろうな…と話題がすっかり攻略に関係なくなったところで最初の記録は120m13cm7mm+7分34秒+227028point=79点。ああ惜しい。そもそも後半ステージで取ったものって木と建物ばっかだもんなァ。「こんなモノが喰えるかァー!!」と海原雄山でなくとも言うぞこれは。どうせこんなクリア条件なら食べ物だらけのステージを転がさせてもらいたいと思う所存(前作の相撲ステージみたいな)。というか今作のマップって、モノの配置の仕方がいかにも常識の範囲内というカンジで前作・前々作ほどのインパクトがないぞ。もっとこうカラスと将棋を打つダルマさんとかジェット噴射で走る鯉のぼりを乗り回す子供みたいな狂ったモノが見てみたいと思う所存。アリのステージで女の子がバウムクーヘンでキャッチボールしてたのは笑ったけどね。

クジャクの場合:キレイな島

続いてはクジャクさんのお願い。なんというかぶっちゃけナルシストチックなこのクジャクさんのお願いは、美しい自分(自称)にふさわしいキレイな島が欲しいというもの。ああそうですかーとやる気なしのプレイヤーをよそに、そんな彼に勝るとも劣らぬナルシストの王様はこのお願いをダイサンセイデス」セリフの文字をレインボーカラーにして聞き入れました。いつからツグナイ島はナルシストの集会場になったのか。まあよい。捨て置け(ひでえ)。

そんなわけでついさっきも来たクリスマスムードの街にやって来た。目標は5分以内に70m以上…ってこれもカニステージと同じだな。しかし今回はさらにステージ移動があるというのでより大きな塊が作れる予感だ。期待しよう。ではスタート。つい数分前に転がしたばっかりだからモノの配置もよく覚えているぞ。美味そうなものはあまりなかったがキレイなものは沢山ありそうだ。その中でもよりキレイだと思われるモノをなるべく狙って取る。

目標達成後はより広いマップに移動。また雪が積もっているマップだ。常夏の島とかはないのか!(オウジ島で我慢しなさい)。今度の目標は3分以内に500m以上。いきなりサイズ増えたよ。このくらいの大きさになると巨大なビルだけでなくなども巻き込めるようになり大変楽しい。しかし制限時間は短かめなので急がなければ。ボコボコボコと大根をひっこ抜くように島々を巻き取って行くと最初の記録は707m58cm4mm+6分24秒+769022point=100点。クジャクもビビる塊の出来栄えです。やりすぎたか。それにしてもステージの外に王様謎の小人ルックの人物(巨大)がいたのが気になるおれだ。王様って今作でも巻き込めるのかなァ。出来るといいね。

今日のまとめ

アリ
最高記録:614甘/64cm5mm
個別最高記録:大きさ・-
カニ:グルメな島
最高総合得点:122m30cm5mm+7分15秒+359597point=総合100点
個別最高記録:大きさ・-/時間・6分18秒/ポイント・-
王様プレゼント:オメン(お面・王子がつけると王妃の顔に)
イトコ&ハトコ&ルーキー:ウスヒコ・ディップ
クジャク:キレイな島
最高総合得点:707m58cm4mm+6分24秒+769022point=100点
個別最高記録:大きさ・-/時間・4分55秒/ポイント・-
王様プレゼント:キングマスク(王様の顔のお面…)
イトコ&ハトコ&ルーキー:ポーラ(お花の顔のお嬢様ルーキー)・ニック・マーシー

ネコやタコと同じようにカニステージも後半飛ばされるステージはランダムな模様(カブトムシステージの街やセミステージの街など)。これらの街も正式名称があるようですが今のところ調べてないので分かりません(手抜きか)。

▲上に戻る ■トップページに戻る

2006年12月15日(金) おれとおまえの塊魂:第8回「あずきパンダちゃん」

高ポイントのモノを巻き込んだときに左上の塊サイズ表示部分が回転するなんて今日始めて知ったぜ!!(えー)。

パンダの場合:カワイイ島

今回の依頼人はパンダさん。「アタシってカワイイモノにチョー目がないのー」キャピキャピの女子高生(死語)のようなノリのパンダさんが欲しがっているのはもちろんカワイイ島。ものすごくわかりやすい。ではカワイイモノを集めに行きましょーというわけで到着したのは麻雀牌やパチンコ玉が転がるもっさい男(浪人生)の部屋。だーかーらーこの選択は間違ってるだろッと王様に文句のひとつやふたつやみっつやよっつ(以下略)も言いたくなるが隣の部屋は口紅やお花などが転がる女性の部屋だったのでこっちに望みを託そう。王様は「カワイイ ガール」を集めようなどと言っておるが捨て置く。目標は5分以内に20cm以上。男の部屋の床に落ちている春巻き(初登場)などに目を奪われつつサイズが大きくなったら夏祭り中の町に移動した。ここは久しぶりに来たな。目標はいつもと同じ6分以内に1m50cm以上。かわいらしさ高ポイントのアヒルちゃんを追い回しつつ塊を大きくしていくと最後はゴルフ場へワープ。2回も移動するのは初めてだっけ? 目標は5分以内に10m以上(いつもと同じじゃねーかと読んでいる人は思うかもしれないがワシもそう思っている)。ここで転がすのはもう慣れているのでさっさと目標達成。相変わらず工事現場とかばっかり巻き込んでるけどさァ。ニンジャってカワイイモノの範疇に入りますか?(なんでゴルフ場にニンジャがいるのかは不明)。最初の記録は17m24cm3mm+10分37秒+692088point=100点。なんかあんまりニンジャとか関係なさそーな結果だな。パンダは「可愛すぎて逆にヒく」とか言っておるがまあよい。

カメレオンの場合:カテゴリー集め

パンダステージを終えるとまた王様が出てきた。ミニ火山島に今度はカメレオンが来たそうだ。しかもなんかナマイキっぽいとか。さっそく言ってみるとユーが王子?」と声をかけられる。おまえはイヤミか(by赤塚不二夫)。このカメレオンはどうやらコレクターであるらしく、最近各地であらゆるモノを集めまくっている王子に興味があると言って挑戦状を叩きつけてきた。「叩きつけてきた」というのは文章的表現であって実際にカメレオンが挑戦状をしたためて王子に送ってきたわけではない(どうでもよい解説)。要するにカメレオンが指定するカテゴリーに沿ったモノを王子が集めるというゲームがやりたいそうだ。なんだそりゃ。いつにも増してわけのわからぬ依頼である。しかしこのカメレオン「イヤならムリにとは言わないけど」とかなんとか、なんだか見下されているぞ王子。ここは是非この爬虫類野郎の鼻をあかしてやろうではないか。カメレオンって鼻あるよね?(あるよ)。

戦いの舞台に選ばれたのは夏祭り中の町。ただしこれまでに転がしてきた夏祭りステージとはちょっと違う仕様になっている。なんだか子供が多いな。子供祭りですか(一気に町内会っぽい雰囲気に)。ルールは前述のとおりですが制限時間8分以内に何問達成できるかで勝敗が分かれるという。最低でも8問以上達成できればクリアにはなるようだ。ではスタート。最初に出されたのは「ポリス」を4つ、とかそんなんだった気がする(必死でやったのでもう忘れた)。ポリスというのは警察関係のモノのカテゴリーのことだ。1問ごとの制限時間は20秒とかそこらなのですかさずそのへんに転がっていた警察手帳とか手錠とかを巻き込むと1問目クリア。その後も続けて「フルーツ」(リンゴやバナナなど・説明不要)、「オマツリ」(お祭りの提灯とかお面とか)、「ニチヨウダイク」(トンカチやペンキなど)など色々なカテゴリから出題される。問題には簡単・難問・超難問というようにいくつかランクがあるようで、たとえば超難問の「リッチ」のカテゴリーのモノはちょっと探さないと見つからないような場所にあるからまだモノの配置を覚えていない序盤のほうだとムカつくかもしれません。おれはムカついた。ちなみに正解はプールの飛び込み台(?)の上にある指輪ケース入りの小判だよ、とたまには攻略っぽいことも書く。あとは「ブキ」(武器)も難しかったなあ。まさか水鉄砲が含まれているとは。このステージ、ルールは一見シンプルですがカテゴリーに沿ったモノを集める一方で塊そのものを大きくしていかなければならない(そうしないと後々大きめのモノが取れなくなる)、かといって無差別にモノを取っていくといざ出題されたときに出題カテゴリーに含まれるモノをすでに巻き込んでいたとかいう事態に陥る可能性もあるという駆け引きもあってなかなか面白い。なぜか最後のほうは「コドモ」しか出題されないようになったが町の中には子供らが溢れかえっているのでここぞとばかりに記録を伸ばす。最初の結果は22問/1m95cm4mmでした。まあまあの記録。出来上がった塊はカメレオンのコレクション置き場島になりましたとさ。原材料の大半は人間の子供であるが。軽くホラー。そういえばコレクターという怖い映画があったな。本件とは何の関係もないな。

今日のまとめ

パンダ:カワイイ島
最高総合得点:17m26cm3mm+11分57秒+778988point=総合100点
個別最高記録:大きさ・-/時間・10分37秒/ポイント・-
王様プレゼント:ゾウバナ(象の鼻…)
イトコ&ハトコ&ルーキー:最初の部屋-シカオ&ワーイ・夏祭り-シャーイ
カメレオン:カテゴリー集め
最高総合記録:36問/2m23cm4mm
個別最高記録:大きさ・-
王様プレゼント:ボウシ(帽子・王子だと冠)
イトコ&ハトコ&ルーキー:発見できず

▲上に戻る ■トップページに戻る

2006年12月16日(土) おれとおまえの塊魂:第9回「ハイウェイスター」

前作・前々作ではクリア後にムービー・音楽視聴モードが出てきましたが今作では最初から「渚のメモリアル」というコーナーが設置されておりそこでいつでもムービーや音楽が視聴できます(本編ですでに見た&聴いたモノのみ・進行により増える)。ちょっとしたポータブルプレイヤーとしてもお使いいただけます。

チーターの場合:スピードの島

今日最初のお客さんはチーターさん。チーターといえばスピードが自慢の動物として有名ですが、このチーターさんも常にトップギアが信条だそうで。まわりがチンタラしてるのはガマンできねえ、というわけで思いっきりスピードを出すことができるスピードの島を作ることになりましたよ。そういえば昔スピードという女子の歌唱グループがいたよね。唐突に思い出したけどどんな歌を歌ってたかは覚えてないよ。映画「アンドロメディア」に出てたのは覚えてるけど…。原作者(渡辺浩弐)のファンだからな(スピードとも本件とも無関係)。

書き出しがいきなりグダグダになってきたあたりで転がし開始。なんか王様が「こないだ車を運転してたらスピード違反で捕まった」という話をし出して勝手にブルーになっているがそれはさておきやって来たのは夏祭り中の町。目標サイズはいつもと同じですがこの町でスピードがありそうなモノというと…よくわからんな。とりあえずラジコンカーとか取ってみたけどラジコン程度じゃねえ。となにか煮え切らない転がし方をしながら目標達成。次に来たのは冬のレース場。レース場といえばレーシングカーが走っている場所です。いかにも速そうで期待が持てます。これまでの展開からしてここをクリアした後もまた移動がありそうなので取り残しがないようにしよう。ところで合計3つのマップで転がすステージでは2つめのマップにボーナスタイムがつかないのな。そのぶん最初のマップでは時間ギリギリまで転がせるんだけど。とか細々としたことを考えながらレーシングカーや妙に種類が豊富な暴走族バイク等を巻き込む。最後に来たのは自然溢れるアメリカンな街。この規模のマップにあるのはほとんど建物と木ばかりなのであまり取るモノを気にせず進行できる。とっととクリアして最初の記録は121m84cm2mm+12分54秒+763252point=100点。一発目で100点が取れてもあまり感動がなくなってきた。しかし完成した島の外見のアホらしさ(水上で回転する丸太のように円筒形の島(レースのコースつき)が海の上で回転し続けている)には感動したぞ。この発想はなかった。スピードについてこれなくなった奴は確実に振り落とされる。この島に住む者はみないずれ過労死するであろう。合掌。

イルカの場合:かしこい島

次の依頼者がオウジ島の定位置(パチンコの手前)にいない!! と思ったら、すぐ近くの海からイルカさんが顔を出していた。非常に丁寧な言葉づかいのこのイルカさん、以前住んでいた島では毎日色々なことを勉強していたそうです。しかし(王様の手によって)島がなくなってからは勉強する場所がなくなってしまって不安でしかたがないそうで。「そこで あつかましいこととはぞんじますが…」 ってむちゃくちゃ丁寧ですねこのイルカさん。ここまで丁寧に物事を頼んできたヤツには会ったことがなかったよな王子は。王子なのに。

そんなわけでかしこいモノの島で勉強がしたいというイルカさんの願いを叶えるためにやって来たのはまたしてもレース場。なんでじゃあ、と怒るプレイヤーをよそに王様は「学校の成績がよければカシコイというわけではない」とかなんとかちょっといい話をしているから困る。「王子ニハ ムズカシイ? ハヤク オトナニナレヨ! テイウカ ハヤク イケヨ! 行かなかったのはおまえが引き止めてるからだろうがあああ。という寸劇はさておきスタート。どう転がしてもヤンキーとかしか見つからないのだが、なぜか結婚式に参加していたどっかのかしこそうな博士を拉致したり英会話教室に乱入したりしてみた。適当にサイズを大きくしたら次はゴミゴミした街(例によって使いまわし)に移動。だからそんな街のどこにかしこそうなモノがあるんじゃー、とかしこさ皆無の転がし方をしつつここもクリア。しかしその後、ステージ移動のロード画面でのBGM選択の欄に「塊オンザスウィング」の文字を見つけて唐突にテンションが上がる。ついに来たぜ松崎しげる。到着したのはいい感じに広いマップ。なんか怪獣と巨大ロボがいるよ。目標は3分以内に500m以上……どうして「3分」だけなのよォ〜〜!!(由花子ポーズ@ジョジョ第四部)。これじゃオンザスウィング全部聴けないじゃんブツブツ、と文句を言いつつ顔はニヤニヤしながら転がし開始。キモいですかそうですよ。もはや「かしこいモノ」のことなど完全に忘れて松崎ソングに聞きほれる私。と同時に、なんかマップの外に王様のパパンが立っていて驚く。まだ生きてたのか!!(※前作「みん大」のエンディングムービーのラスト(14番目)で空に顔が浮かんでいたので勝手に死んだと思い込んでいた)。隣にハトコの「ボス」(名前)もいるんだけど岩山が高すぎて巻き込めずちょっと悔しい思いをしているとそのうち時間切れ。最初の記録は700m30cm4mm+10分10秒+584329point=80点。やっぱりテキトーに転がすとこんな結果ですね。それよりおじいちゃんも後々巻き込めるのかな…とすでにイルカのことなど忘れている自分が大問題である。

今日のまとめ

チーター:スピードの島
最高総合得点:121m84cm2mm+12分54秒+763252point=総合100点
個別最高記録:大きさ・-/時間・10分57秒/ポイント・-
王様プレゼント:なし
イトコ&ハトコ&ルーキー:なし
イルカ:かしこい島
最高総合得点:701m53cm0mm+10分9秒+630034point=総合88点
個別最高記録:大きさ・-/時間・-/ポイント・-
王様プレゼント:ハネ(羽根)
イトコ&ハトコ&ルーキー:街-キャンキャン・最後のマップ-ガッツ・ナツオ・ペソ

▲上に戻る ■トップページに戻る

2006年12月17日(日) おれとおまえの塊魂:第10回「開運! なんでも鑑定団」

10回目突入。ゲームもそろそろ終盤か?

シロクマの場合:つめたい島

今日の依頼人はシロクマのおばちゃん。おばちゃんはシロクマなので暑いのが大の苦手です。つめたい島なんてつくってもらうと おばさんたすかるのよ」思いっきりなおばちゃん口調で言われてしまっては断るわけにはいくまい。水着で寒いところに行くのはイヤだという王様はおいといてつめたい島を作りに行くことになりました。そもそも王様は転がしには行かないでしょッ。

やって来たのは久しぶりの模型屋さん。あんまり冷たいものはなさそうだが目標は5分以内に20cm以上。この後はお花見の町→動物園→アメリカンな街、と3回の移動があったがいつもどおりのマップなので詳細は特になし。ステージごとにマップ作るのめんどくさかったのかねぇ。せっかく新しいステージが出てきてもマップが同じだとちょっとガッカリするぜ。容量不足が原因だったのかもしれんが。とネガティブな話題になりつつあるが最後のマップではもう慣れ過ぎて1分以上時間が余ってしまった。もう取るものないヨー。冷たいモノもあまり発見できなかったので最初の記録は121m81cm1mm+12分33秒+380171point=77点というイマイチな結果に。その後やりなおしたら今度は模型屋→お正月の町冬のレース場→ゴミゴミした街 という順番にマップが出た。冬が舞台のステージだとそれなりにつめたいモノも置いてあるわけで(チョコレートパフェ・ソフトクリーム・雪だるま等)この後いちおう100点は取れましたとさ。飛ばされるマップによってこんなに記録が変わってインカ帝国(寒すぎるギャグ)。

ラクダの場合:お宝鑑定

やや落胆しつつ次のステージはミニ火山島にお越しになったラクダさんのお願いです。王様によるとミニ火山島での依頼はこれで最後みたい。やっぱりもう終盤なのか。さてこのラクダさんは鑑定士をやってらっしゃるそうです。一人称は「あっし」。ラクダさんの生きがいはモノの値段の鑑定なのだが自分のところに来るお客はチンケなお宝ばかり持ってくるので張り合いがないそうで、たまにはウン十万円とかいう金額のモノを鑑定してみたいんだそうです。つまりお宝の塊を作ってくれと。案の定コイツも島のことなど忘れています。ラクダさんはお宝がある砂漠を知っているそうで、今回はそこで塊を作ることになりました。砂漠に行くと聞いた王様は暑いところはイヤだと言っておるが無視する。だから王様は転がさないんだから関係ないでしょッ。

というわけで来ました砂漠。いやあ砂だらけ。なんだかあちこちにモノが埋まっているらしいがなにぶん埋まっているので何がどこにあるのか分からないですね。銅像とかが砂の上に乗っかってるのは見えるのだが最初からあんな大きなモノは取れないし。とりあえず5分以内に金目のモノを集めればいいらしい。今回は「みんな大好き」にあった赤パンダ募金ステージのようにモノにそれぞれ値段が設定されていて、塊に巻き込むごとに合計金額が追加されていきます。なお前作同様イキモノには金額はつきませんが塊には巻き込めるのでその点は無問題。ではスタート…と言いたいところだが、前述のとおりほとんどのモノは砂に埋まってて見えないのでどこから手を付けていいかサッパリわからん。王様が「けっこうに左右されるかも」と言っていたのはこのことか。なんつーか塊も砂に埋もれ気味だし。とりあえずカンでそのへんを転がすと風呂敷包みとかヘルメットとかが取れた。砂の上にちょっとだけはみ出したモノにも積極的にぶつかって塊を少しずつ大きくしてゆく(大きいモノだったら取れないが)。しかし序盤の転がし方がイマイチだったせいか最初の記録は288,730円/1m15cm2mmという結果に終わる。ショボ過ぎます。これではいかん。確かにこのステージの評価基準は巻き込んだモノの合計金額で決まるわけだが、文字通りの大物を狙うためには塊自体を大きくしなければいけないわけで、つまり最初のほうでいかに素早く塊を大きくできるか(=地面の上にある大きいモノを巻き込めるようになるか)がポイントになるわけね。と理屈をこねつつも砂の下からお宝を掘り出すような感覚が普通に面白かったのでその後も何度か転がしてみた。結果は下の欄にて。

今日のまとめ

シロクマ:つめたい島
最高総合得点:122m77cm0mm+12分33秒+531709point=総合100点
個別最高記録:大きさ・-/時間・12分33秒/ポイント・-
王様プレゼント:なし
イトコ&ハトコ&ルーキー:なし
ラクダ:お宝鑑定
最高記録:8,850,960円/4m44cm3mm
個別最高記録:大きさ・-
王様プレゼント:バッテン(なぜか口に貼る)
イトコ&ハトコ&ルーキー:ラ・マーン&ジョンソン

というわけで唐突に金額が上がったわけだがもちろんいきなりこの記録が出たわけではない。砂に埋もれているとはいえモノの配置というのはある程度決まっているわけで、それを覚えればまだまだ伸びる予感はするので今後もやりこむ予定。お金増えるの面白いし(誤解を招く表現)。

▲上に戻る ■トップページに戻る

2006年12月18日(月) おれとおまえの塊魂:第11回「鼻をなくしたゾウさん」

不吉なサブタイだが本編には関係ない。

クジラの場合:ヘビィな島

本日も海からお越しのお客様です。クジラさん。でかい。頭に子クジラを乗っけているのがカワイイです。さて親クジラさんによると、彼らは時には島の上で休息をとることもあるそうなんですが、なにせその巨体ゆえにそのへんの島では乗った途端に島が崩壊してしまうのだそうで。そりゃそうだ。そこで彼らが欲しいのはクジラが乗ってもビクともしない重い島。つまりイナバ物置というわけだね(なんか違う)。クジラは陸には上がらねーよと思う向きもあるかもしれないが、そもそもクジラの祖先は陸上で生活していたこともあったのだよ。しかも四足歩行で。とてもこわいね。と無関係なトリビアはさておき今回はヘビィな島を作りますよ。

最初に来たのは夏祭り中の町。到着早々王様が「動物たちは島が出来てとても喜んでいるけど、島に住めるというのはそんなにウレシイことなの?」とか「王子も島に住んでるとタノシイの?」とか妙に哲学的(そうか?)なことを気にし始めた。どうした突然。そういえば前回シロクマステージの開始前にも王子になにか言いたげな様子を見せておきながら結局なにも言わなかったな。一体どうしたのか。なにか悩みでもあるんでしょうか。まさかあのノーテンキな王様に限ってそんなことは……いやしかし……まあいいや(ひでえ)。それにしても重いものってのはよくわからんなー。スイカとかは重そうだけどなー。ところでここの割烹料理店って実は中に入れたのだな。今日始めて気づいた…(またこのパターンか)。この後のルートはレース場→クリスマス→エレガントな冬の街(いいかげん地名を調べたほうがいいような気がする)と、ゴルフ場→アメリカン→遺跡と恐竜の街(初登場・画面外には王妃が)の2種類を確認。恐竜がいるマップではなぜか操作する前から塊が動いてしまって王様に怒られてしまった。おれ悪くねーよ!!(※ルール説明中にモノを巻き込んでしまうとシカトされた王様がすねる)。とまあそんなハプニングはともかく最初の記録は701m88cm1mm+14分49秒+946478point=100点。でした。いきなり100点だと(自分基準での)いい記録なのかそうでないのかよく分からんな。まあよい。

ゾウの場合:ビッグな島

続いてのお客様も巨大生物。ゾウさんです。まあ王子から見れば大抵の動物は巨大生物だがな(身長5cm)。それはさておきこのゾウさんはビッグな島が欲しいそうです。しかしビッグと言っても単に大きい島ではダメで、ビッグな雰囲気とかビッグなスケール感のある島がお望みだそうで。なんのこっちゃ、と悩んでいると「たとえばリンゴでも普通のより大きいのがあるでしょ? それが『ビッグ』ってことなんだけど」とかわけのわからない説明をされてしまった。分かるような分からんような…。まあいいや(またかよ)。王様によると今回が最後の動物らしいですよ。えーもう終わっちゃうの。まあ例えクリアしたとしても今後もしつこく転がすだろうけどな。んゴゴ。

というわけでやって来たのはたしか2度目の浪人生の部屋。目標はいつも通りの5分以内に20cm以上。ここからスタートで最後は一番広いマップに行くそうだから結構な道のりだな。ところで先ほどなにか悩みがありそうな雰囲気がするようなカンジが濃厚な様子だった王様は現在なぜかハイテンションになっておった。なにかイイコトを思いついたらしい。えー何だよ教えろよ。と同級生から好きな女子の名前を聞き出そうとする中学生男子のようなノリでスタート。ビッグなモノって何だろうなー。オオダコ(タコヤキのでかいやつ)はビッグっぽいかなー。あとは分からん(えー)。次のマップはお正月の町。ここのビッグって何だろう。ちょっと考えてもわからなかったのでさっきまで存在さえ知らなかったレストランの中にも侵入してみる。ビッグっぽいモノはあまりないが。この次のルートはゴルフ場→クリスマス→エレガントな街と続く。相変わらずビッグっぽいモノが何だか全く分からないまま転がしていくと最初の記録は697m92cm1mm+17分8秒+940218point=93点。ああ…邪念が混ざったせいか半端な記録が出てしまった。次はもっとビッグについて考えて転がすぜ。ていうかこれがラストステージではなかったのね。ていうか前作「みん大」のラストステージ(一周目)も確か小鳥とゾウのコンビの依頼だったからこれがラストだとネタが被るところだよな。最後に王子を待ち受ける試練とは一体何なのか!? とテキトー極まりないアオリ文を書いて次回に続く。

今日のまとめ

ラクダ
最高記録:9,390,700円/4m39cm2mm
個別最高記録:大きさ・4m44cm5mm
クジラ:ヘビィな島
最高総合得点:701m88cm1mm+14分49秒+946478point=総合100点
個別最高記録:大きさ・714m86cm9mm/時間・10分53秒/ポイント・-
王様プレゼント:なし
イトコ&ハトコ&ルーキー:なし
ゾウ:ビッグな島
最高総合得点:697m92cm1mm+17分8秒+940218point=総合93点
個別最高記録:大きさ・-/時間・-/ポイント・-
王様プレゼント:ワイルドヘアー(モヒカン)
イトコ&ハトコ&ルーキー:ラララ・マーン・ハンス(顔が頭頂部についているルーキー)

今日は時間なくてあまり出来ませんでしたよ。原因はラクダ。

▲上に戻る ■トップページに戻る

2006年12月19日(火) おれとおまえの塊魂:第12回「KING OF KINGS」 ★クリア

クリアしたぜ!! でも日記はまだあとちょっとだけ続くんじゃ。

ラストステージ

というわけで動物たちの依頼は前回で全部片付いたはずだったのだがまだ何か残っているようです。いつも動物たちが頼みごとをしに来ていた場所に行ってみると、そこにあったのは王様の石像であった。なにこれ。片腕をクラーク博士のように前に突き出しておる。よくわからぬがヒゲおよび鼻毛などを油性ペンで書き込んでやりたくなった(ヒゲはもうあるが)。というあたりで王様(本人)登場。もちろんこの石像を設置したのは王様の仕業なわけだが、なんつーか要するに王様も島が欲しくなったんだそうだよ。あーそうですか。これまでに島を作ってあげたときの動物たちの喜びようを見てうらやましくなっちゃったのね…と思いきや、「確かに動物たちはカワイソウなんだけどさぁ、ここまで頑張る王様もヒガイシャなんじゃないの? ここまで頑張った王様にゴホウビがあってもイイジャナイ」(要約) ですと。アアソウデスカ(もうツッコむ気力もない)。王様のお望みは偉大な島です。王様といえば偉大、偉大といえば王様デス。ですと。さいでっか。なんとも脱力してしまったが一応ラストステージというだけあってこれまでにないスケールのステージで転がせる予感です。ではゴー。

最初に来たのは懐かしの子供部屋。まずはここから転がしますよ。目標は5分以内に20cm。王様はほかの動物たちも遊びに来られるような島がいいんだってさ。意外とさみしんぼなのか王様。偉大なモノというのが例によってわからんが王将(将棋のコマ)は偉大ポイント高いよ。続いてはお正月の町、動物園クリスマスの街、といつものコースを転がしてゆく。ここまでは普通ですが、ここで出たロード画面のBGM選択欄に「塊オンザファンク」が登場。ついにオープニングテーマが出たよ!! 前作「みん大」もそうだけどゲームのラストステージのBGMがオープニングテーマという演出がワシは大好きだ。最終回のエンディング曲がオープニングテーマになるようなノリか(ベタだけど)。この時点で気分はもうノリノリ(死語)です。忘れちゃいけない目標は5分以内に1500mと最大規模です。途中までは500m目標のステージと同じですがそれを超えると今までのマップを飛び出してさらに広大な世界に移動できます。ノリノリ極まりないBGMを聞きながら豪快に塊を大きくしていく王子。家も山も島も氷山も雲もウズシオもタツマキも王様王妃もすべて巻き込むぜ!! ああ楽しい。しかし王様と王妃の近くに立っていた王様パパンだけは時間切れでとうとう巻き込めなかった。さすがグランドファザー。いつか巻き込んでやるぜ。と心に誓ったところで終了。最初の記録は5957m66cm7mm+19分18秒+1251230point=100点。前作の最大塊は3600mクラスだったからこれだけでも相当な大きさだ。塊の重みで地球が沈むぜ(意味不明)。出来上がった偉大な塊はさっそく王様ブレスで島になりました。コスモ・オンリーワン島という名前はどうかと思うが。

エンディング

そんなわけでクリアしました。しかしクリアしたからといって安心してはいけないのが「塊魂」です。初代ではスタッフロール中に世界を巻き込むというステージ(BGM:松崎しげる「愛のカタマリー」)が仕込まれていたし、続編でも『王様が転がす塊に巻き込まれないように逃げ回りつつほかの連中は塊に巻き込ませる』という、前代未聞の緊張感あふれるエンディングが待ち受けていた。さて今回はどんな仕掛けがあるのか。まずはごく普通に王子の労をねぎらう王様のコメント。その後、「ソロソロ 感動ノ フィナーレデス」と言う王様の顔がチカチカ点滅し始めた。何が起こるのか!? と身構えておると、突如王様の顔がドット絵に変化した。変化っつーかむしろ退化。セリフの吹き出しまでもがドット絵になっておる。なんじゃこりゃー。なんでこの新ハード発売ラッシュのご時世に8ビットの香りを漂わせているのか。「ドウヤラ ヨクワカラナイセカイニ マヨイコンデシマッタヨウデス」 本当にヨクワカラナイです。一体どういうつもりでしょうか。「マァ イイカ」 よくねえよ。

というやり取りを経て出てきたのはファミコン風のタイトル画面。せっかく動物たち(+王様)が望む島を作ってあげたばかりだというのにまた塊を転がさなければならないようです。フビン過ぎるぞ王子。PRESS STARTの表示のとおりスタートボタンを押してみると、始まったのは2D画面の「塊魂」。えええええー。こんなんアリかよ。なんかBGMまでファミコン調だし……と脱力に脱力を重ねているとそのうちBGMが変化。おお、この豊かな音色は…伸びやかな歌声は……松崎しげるだーー!!! そう、PSP版のエンディングテーマ「輝け!!Mr.サンシャイン」も松崎しげる氏が担当していたのでした。これは非常にうれしい。今回の歌詞もバカ感動がみごとに融合したエクセレントな内容になっております。『君に輝きがあるなら 大好きな人のため分けてあげてほしい』とか日焼けサロン 1時間3000円とか。なおスタッフロールもゲーム画面に被さるように同時に表示されます。慣れない2Dの塊はなんとも転がしにくいのであるがBGMですべて許せる俺。ちなみに3回ミスったらゲームオーバーなのでその点は注意だ。なぜスタッフロールにゲームオーバーがあるのかという疑問には一切答えぬ。最後は王妃が待つお城で明らかにマ○オを意識した花火(モノが飛んでくる)が出てきておしまい。あー笑った笑った。一応最後に転がした記録も出てきます。127m58cm7mmだって。その後王様に「このステージはちょっとカンタン過ぎたかも」と言われて新ステージが追加になりました。なぜスタッフロールに新ステージがあるのかという質問は黙殺する。だってそういうゲームなんだもん。モウイヤー!!(無意味な叫び)。

その後

というのがエンディングの一部始終です。相変わらずストーリーもへったくれもないですね。まるで昔のゲームのようである。ほれ、ファミコンのマリオだってピーチ姫に会ったらそこで即2週目が始まっちゃうでしょ。スペランカーだってお宝見つけたらまた2週目が始まるでしょ。この「塊魂」シリーズも一度クリアしたとしても当然のようにゲームが続いてしまうという点では同じである。ノスタルジック!(そうか?)。とはいえ一応クリア特典として王様が王子の写真を撮ってくれるモードが追加になりました。王子が持っているカメラでは撮影できないオウジ島・ミニ火山島・豆の木島でも写真撮影ができるようになったよ。さっそく撮影させろと王様が言うので1枚撮ってもらった。パシャリ。

[写真:王子と王様の像]

あと先ほどの波乱万丈のエンディング(誇張なし)もいつでもプレイできるようになった。これもシリーズ伝統ですね。とりあえず追加されたステージ「EVENING」(さっきのはDAYTIME)をプレイしてみるが…ナニコレ。難しいよ。クリアできねえ。いきなり難易度上がってないか。大丈夫か俺。この屈辱はいずれ必ずッ。ところでエンディング中にスタートボタンでポーズをかけると通常ステージと同じようにリトライができるようになっているね。なぜスタッフロールにリトライがあるのかってもういいよ。ポーズ画面ではついでに王様ヒントもランダムで表示されます。が、なにせ王様がくれるヒントなので色々とアレです。とりあえず出てきたものだけメモってみた(順不同・空白の入れ方適当)。

操作・ルール説明
○ボタンデ 王子ジャンプガデキマス。
×ボタン モシクハ △ボタンヲオシナガラ イドウスルト 王子ダッシュガ デキマス。
SELECTボタンデ スタッフロールヲ ケセマス。
オオキクナレバ ナルホド スピードモ ジャンプモ アップシマス。
ノコリニンズウガ 0ニナルト ゲームオーバーデス。
ジカンイナイニ ゴールシナイト ゲームオーバーデス。
ヒダリハジデ ハサマレルト 王子ガ ヒトリヘリマス
シタヘオチルト 王子ガ ヒトリヘリマス
イトコハトコヲマキコムト ソコカラフッカツデキマス。
ジャンプノタイミングハ 王子ヲミナイデ カタマリヲミテ ソウサシテクダサイ。
カタマリノ デコボコハ カイテンシテイルト ダンダン マルクナッテイキマス。
ダッシュチュウニ モノトブツカルト モノヲ ハジキトバシテシマウコトガアリマス。
アドバイス
ムカシノ ゲームニクラベレバ ヌルイデス。
ガメンノハシニ オイコマレテカラガ ショウブデス。
オシロノマエデ ホニャララスルト…。
ゴールニ ハヤクツケバツクホド ボーナスチャンスノジカンガ ナガクナリマス。
ハヤクオオキクナレバ ジカンテキニ ユウリデス。
モノニヒッカカッテ ウゴケナクナル ワナニ キヲツケヨウ。
チョット ムズカシイトコロモアリマスガ コンジョウデ ノリコエテクダサイ。
仕様
タマニ オカシナウゴキヲスルモノガアルケド ソレハ シヨウデス
キノコヲマキコンデモ スーパー王子ニハ ナレマセン。
ハナヲマキコンデモ ファイヤー王子ニハ ナレマセン。
キノコヲマキコンデモ 1UPシマセン。
1UPハ アリマセン。
オウヒハ マキコメマセン。
オシロハ マキコメマセン。
シャシンハ トレマセン。
コノセカイデハ ヒトガ ソラニウイテ オチテコナイコトモ アリマス。
ハナビヲ マキコミスギルト ジハダガ ミエテキマス。
その他
ミタメハ ナツカシイ カンジデスガ ムカシノゲームキデハ デキナイ ナイヨウデス。
ヨイスコアヲダセタラ トモダチニ ジマンシヨウ。
ジツハ 王様ガ コノセカイヲ ツクリマシタ。

やっぱりテメエの仕業か!! なにが「ヨクワカラナイセカイ」か。しらばっくれやがって。とほほのほ。

今日のまとめ

ゾウ
個別最高記録:大きさ・716m49cm0mm/時間・15分6秒/ポイント・-
イトコ&ハトコ&ルーキー:フックメン
王様セキゾウ:偉大な島
最高総合得点:3957m66cm7mm+19分18秒+1251230point=総合100点
個別最高記録:大きさ・-/時間・-/ポイント・-
王様プレゼント:なし
イトコ&ハトコ&ルーキー:キノコ
エンディング
DAYTIME:158m2cm9mm
EVENING:クリアできねー

エンディングが難しくてクリアできないとはこれいかに。

▲上に戻る ■トップページに戻る

2006年12月22日(金) おれとおまえの塊魂:第13回「家族の肖像」

というわけで前回でクリアはしたわけだが、まだエンディングがクリアできてない(意味不明)のとモノ集めなどのイベントがまだ残っているのでもうちょっとだけ続きます。

死闘!! エンディング攻略

ではまずエンディングの攻略からやってみたい。前回ギリギリのところでクリアできなかった「EVENING」(夕焼けステージ)は、ステージ開始後三羽目のカモメに乗り上の段にあるモノを取るという方法でなんとかクリアした。ちなみにこのカモメは放っておくと勝手に飛んでいってしまう。アレだ、ファミコンのマリオ3の1-1で葉っぱ取ってしっぽマリオになったあと空飛ぶと雲の上にコインが置いてあったようなモンだ。分かるかそんなもん(話題が異様になつかしいし)。序盤のうちに大きくなっておくと有利なんですね。EVENINGをクリアすると次は夜のステージ「NIGHT」が登場。これが最後らしいのだが……なんだこの難易度は。もうこれオマケとかそういうレベルじゃねーよ。なんで床が崩れるとか天から王様が降ってくるとかいう面白イベントがあるんだよ。わけわかんねーよ。こっちのステージも例によって上の段に取りやすいモノが大量に置いてあるという構成なのだがそれに気づくまでは苦労しました。いったい何度松崎しげるの「日に焼けた、肌!」を聴いたのか(今回もあったのよこのフレーズ)。でもこのオマケステージ、タマゴとか花とかヘリコプターとかいう常識的なモノに加えて通常の5倍近い身長のおばちゃんみたいなモンまで出てくるから意外と本編よりカオスかも。そんなところでカオスにならんでもよい。

打倒!! 王様パパン回収

エンディングが一応クリアできたので続いては王様セキゾウステージに登場する王様のパパンを巻き込んでみたい。初回は3957mでも弾き飛ばされたのでかなりの強敵の予感。たしか前作「みん大」では王妃は3000m台、王様は3500m台あたりから巻き込めたハズだ(イトコハトコと王様たちは詳しい巻き込みサイズが出てこない)。このサイズ設定が引き継ぎならパパンは大体4000m台くらいから巻き込めるはず…と思って4000m台ギリギリでどついてみたらあっさり弾き飛ばされたのでガックリ(時間もギリギリだった)。石像ステージの最後は3つの大陸が出てくる(今まで転がしてきたマップの全体)んですが今までのやり方だと2大陸の8割くらいしか巻き込めないのだった。しかしエターナルを使って取るのは邪道だと(勝手に)思ったのでここは地道に練習して…と思ってる間になんか取れた。4100m超あたりで取れた。あっけないようだけれどやったバンザーイ(康一くん@ジョジョ第四部)。巻き込んだときの悲鳴が「ンゴゴゴゴゴ…」といういびき風のもので軽く脱力。モノとしての名前が本当に「パパン」だし。王様がそう呼んでるだけだと思ってたぜ大王様!! ちなみに前作同様王様や王妃を巻き込むとステージ終了後のリザルト画面で王様といっしょに背景に登場するんですが、王妃が普通に飛んでるのに対して大王様は後光つきで顔のみ空中に浮かぶ(笑顔で)という仕様なのでやっぱり本当は死んでるんじゃねえかという私の疑問はより濃厚になった。ま、まああの後光はロード画面とかルール説明のときに王様が顔だけで出てくるときの顔のまわりのモヤモヤと同じモノなのかもしれん。深く考えると怖い考えになりそうだ。ちなみにパパンの「素敵コレクション」での説明に『オキテルノカネテルノカ』と書いてあったのでボケジジイ疑惑も新たに持ち上がってしまった。あの派手な花柄マントはもしかしたら布団を巻いているのかもしれぬ。花柄の布団って多いよね(そういう問題じゃない)。

 * * * * * 

余談ですが今回の塊魂にはランキングボードというコーナーがあって、今まで転がした塊のカテゴリーごとの最高記録が記録されるようになっております。さらに取ったモノのカテゴリー別ポイントランキングもあるんですがこれがちょっと面白い。「やわらかい」モノのランキング1位がタマゴサンドだったり「ワイルド」の1位がゴルファーだったり「オタク」の1位がピッツァだったりと微妙に納得いかないランク付け(最後の以外)だったりして見ているとそれなりに愉快。ちなみに「偉大」のランキングは

  1. 王妃
  2. 王様
  3. 社会科の教科書

というようになっておる。妥当な結果ですね。さらに「カッコイイ」のランキングは

  1. ゴリラ
  2. ライオン
  3. 王様

です。ゴリラか…。ちなみに王様の他のランクイン項目は

  • 「あかるい」3位
  • 「かわいい」2位
  • 「派手」2位
  • 「ゆかい」1位

このようになっておる。「かわいい」だけは納得できません(えー)。

今日のまとめ

王様セキゾウ
個別最高記録:大きさ・4196m1cm2mm/時間・15分32秒/ポイント・-
王様プレゼント:なし
イトコ&ハトコ&ルーキー:ポックル(小人ルックの奴。説明によると「魔法の国の王子」……誰だよ?)・オデコ
エンディング
EVENING:219m67cm2mm
NIGHT:227m29cm9mm

エンディングが本編以上に集中力が必要とはこれいかに。

▲上に戻る ■トップページに戻る

2009年7月14日(火) おれとおまえの塊魂:第14回「ワードナの逆襲」

ひさしぶりだな。というわけでプレイ再開である。せっかくPS3でシリーズの総集編的新作が出ることが決定したのにPSP版のステージはスルーされそうな雰囲気なのでせっかくだから俺はこの赤の扉を選ぶぜ 中途半端に放置していたPSP塊をやりなおしてみようと思ったのだった。とりあえずの目標は全ステージ100点クリア素敵コレクションコンプリートです。『僕私』プレイは約2年ものブランクがあるのが心配だが気にせずゴー。

イルカリベンジ(かしこい島)

そんなわけでまずは100点クリアのほうから開始。とはいえ前回までのプレイでほとんどすべてのステージで100点は取っているので残ってるのはイルカのかしこい島とゾウのビッグな島のみ。よりによって残っているのがこの2つというのになにか含みを感じないでもないが(「器の小さいバカ」的な)細かいことは気にせずゴー。当時のメモを読んだぶんだとどちらのステージもあまりやりこまないうちにプレイ中断したらしい(器の小さいバカが2年前のことなど覚えているわけがない)のでそこまで時間はかからんだろう、という予想のとおりイルカステージは2回目のチャレンジでもう100点取れました。まあ早い。塊の大きさは700メートル以上あればいいのであとはポイント集めである。かしこいモノと言われてもステージ開始地点のスキー場の結婚式場(意味不明)にいる博士が最高ポイントであとは何がかしこいモノなのか微妙に分かりづらい(学校机が低ポイントなのになぜかガスタンクがちょっとだけポイント高いとか)。まああっさりクリアできたのでそこまで悩むような課題ではなかったのかもしれん。

ゾウリベンジ(ビッグな島)

むしろ問題はこっちのステージにあったわけで…(伏線回収)。結論から言うと10回以上の挑戦でようやく100点取れました。なにが問題かってポイント集めですよ。93万ポイントでも足りないってちと厳しくないかい採点基準が。各マップで確実にビッグなものを集めていかないともうアウトなのにもかかわらずマップクリアの塊サイズギリギリでないと取れないモノもあったりして(例・町マップのソフトクリーム看板、国マップの巨大イカなど)全マップごとに綿密な計画を練らねばならかった(誤字)のだった。とりあえず重要そうなビッグモノをリストアップ。まだあるかもしれないけどとりあえずこのあたりを確実に巻き込んでいけば90万ポイントは普通に取れると思われる。多分。

スタート・城島荘
廊下にあるオオダコ、男部屋の角型電池(その他小さいものを取りまくってポイントを稼ぐ)
ハム、チャーハン、大ダンゴ、大オニギリ、大タイヤキ、ソフトクリーム看板、スイカ(三角に切ってあるもの以外全種)
市〜国〜州
コンテナ類、トーテムポール、ワニ、マンモス、クジラ、サメ、巨大イカ、巨大タコ、巨大サメ、巨大マンボウ、灯台(全種)、ガスタンク、人工衛星大仏、怪獣、島が乗ってるウミガメ、キング・ロペス

各マップの目標ポイント(中間発表時点のもの)は2万→10万→23万→55〜60万ポイントくらいが目安(もちろん多ければ多いほど良い)。そこまで出来たら最後の州マップでモノを巻き込み尽くせばなんとかなる。エターナルの基準は85万ポイント程度なのでエターナルさえ出せればいいという場合は最後のほうだけでも頑張ればなんとかなるかもね。

今日のまとめ

イルカ:かしこい島
最高総合得点:703m23cm5mm+9分38秒+755734point=100点
個別最高記録:大きさ・716m56cm5mm/時間・8分11秒
ゾウ:ビッグな島
最高総合得点:709m89cm4mm+17分13秒+1020712point=100点
個別最高記録:大きさ・716m49cm0mm/時間・14分32秒

▲上に戻る ■トップページに戻る

2009年7月18日(土) おれとおまえの塊魂:第15回「塊オンザファンク」 ★最終回

コレクション集めも終了したので最終回。日記の日付だけ見ると年単位で時間がかかったように見えるけど気のせいです。

素敵コレクション集め

というわけで全ステージ100点目標は前回で達成したので残るは素敵コレクションのコンプリート目標だけになった。モノ集めに便利なエターナルは2006年の時点ですでに全ステージでプレイ条件を満たしているのでいつでも出来たのだが面倒なので最後に持ってきたというだけである(正直者)。とはいえイチからモノ探しをやっている時間もないので(塊魂トリビュートの発売日的な意味で)どうしても分からないモノはカンニングしましたすみません(正直者パート2)。結論から言うと町ステージにあるモノが一番発見率が低かった。そんなにじっくり転がす機会がないからな。後半ステージだとすぐ次の段階に進んじゃうし。というグチはともかく特に見つけにくかったものをリストアップしておいた。カッコ内はモノのカテゴリ。

 ※屋内レベルの捜索はカメステージ、町レベルはカナリアステージ、市レベルはコガネムシステージ、国レベルはカブトムシステージのエターナルで転がすとよい(「いつもの」では出ないステージもエターナルではランダムで出る)。州レベルから始まるステージはないのでイルカステージ(市→国→州)あたりで妥協。ミニ火山島ステージにはエターナルがないので大きいものは気合で取れ。

・嶋野家(子供部屋)
-----特になし
・城島荘(アパート)
ハイザラ(灰皿/ニチヨウヒン):机の上
0テン(ガッコウ):机の上にあるテスト用紙
・模型屋(動物まみれ)
フウリン(風鈴/オト):ハトが将棋台を上下に運んでる棚にひっかかっている(※多分エターナル必須)
インコ(ツバサ):棚の上にいる黄色い鳥(※同じくエターナル必須)
クモ(蜘蛛/イキモノ):エターナルでも取れるがサクラ町の木にぶつかると落ちてくるのもいる
ホウイジシャク(方位磁石/リカ):模型が乗っている机の右端に並んでいる
○サクラ町(春・ひな祭り)
LEDライト(アカルイ):スーパーマーケット前の左側の棚と車の間にあるペンライト(かなり小さいので塊が大きくなると取れない)
キンギョブクロ(金魚袋/オマツリ):プールの上から降ってくる(塊サイズが75cmになると消える)
デカイシコロ(石/コウエン):中に入れる店の前(巻き込みサイズは73cm7mmなので町段階で終了するステージでないと取るのは難しい)
○クヌギ町(夏・花火)
カクセイキ(拡声機/オハナシ):選挙カーの上の人が持っている
ヘルスメーター(ハカル):中に入れる店の外(プール側)
クボコウノスケ(コドモ):神社のまわりを歩いているお面に浴衣の子供
○カエデ町(冬・積雪)
ハイヒール(オシャレ):靴屋の棚
シツガイキ(室外機/メカ):最初に行ける範囲にある店の外
スノコ(カグ):銭湯の前
ヨウショクインテリア(鉢植えの観葉植物/サイバイ):中に入れるレストランの前(結構でかいので要エターナル)
ランタン(アカルイ):最初に行ける範囲にある電柱の上にいるドロボーが手に持っている(ドロボーは電柱にぶつかると落ちてくるが塊が75cm以上になるとランタンは消える)
ツララ(ツメターイ):神社の鳥居についている
ゴムパチンコ(デンジャー):店の前の子供が持っている(多分75cm以上で消える)
オトシダマブクロ(お年玉袋/オイワイ):店の外にあるレンガ壁に埋まっている(これも多分75cm以上で消える)
トリノス(鳥の巣/オウチ):商店街外のバスの上
フウセンオジサン(ロマン):ステージの上に浮いている
◎イチゴ市(春・桜の木とゴルフ場)
-----特になし
◎バナナ市(夏・サファリパーク)
-----特になし
◎メロン市(冬・スキー場とサーキット)
-----特になし
●ダイコン国(春・桜の木)
-----特になし
●ポテト国(夏・プロレス)
ギュウシャ(牛舎/ノウカ):市レベルのサファリ内にある(塊が大きくなったら戻ってきて取る)
-----特になし
●ズッキーニ国(冬・雪景色)
レースカンセイトウ(レース管制塔/シセツ):よく見ると崖に埋まっているので塊を大きくしてから崖にぶつかると取れる。なんでこんなところに置いたの。
-----特になし
◆コメ州(→ダイコン国から)
-----特になし
◆コーン州(→ポテト国から)
-----特になし
◆ムギ州(→ズッキーニ国から)
-----特になし
☆ヒマワリ大陸(王様セキゾウステージ最終面)
ボス(イトコハトコ):上空に雨雲が回っている渦潮の中から現れるが塊が大きくなりすぎると消えるので注意。あとコメ州から行かないと出現しないのでそっちも注意(ちなみにオデコはコーン州、ポックルはムギ州から行かないと無理)。州の段階で姿は見えるので探すときはそれで判断。
-----特になし
★昼下がりの嶋野家(アリステージ)
チチチャワン(父茶碗/クッキング):下駄箱の上に2つ
ショウユビン(醤油ビン/クッキング):台所
ゴムナガ(黒いゴム長靴/アメ):庭の壁際
チキュウギ(地球儀/リカ):2階の部屋(巻き込みサイズが61cmあるので注意)
マスコットパンダ(ラブリー):階段の踊り場にあるパンダの置物(同じく60cmある)
★カキ市(ツルステージ)
シカ(鹿/イキモノ):巨大ゴリラとサッカーゴールがある場所の高台にいる(塊が大きくなると消える)
★タケノコ国(ゴリラステージ)
-----特になし
★モミジ町(カメレオンステージ)
キュウリエン(サイバイ):プールサイド(果物がついている)※多分80cm以上になると消える
クツロギクン(コドモ):どこにいるかは忘れたがこのステージにしかいないはず。
★トリュフ砂漠(ラクダステージ)
-----特になし。転がしまくれ!!
□その他
町マップで中に入れる店の前にあるメニュー類(カテゴリはアンナイ)、商店街の看板類(カテゴリはセンデン)は町ごとに違うものが置いてあるので注意。

以上。とりあえずカエデ町での取り逃しぶりがハンパじゃないことは分かったね!!(いや拡声機とか普通に分かんないって)。エターナルが必須のものもいくつかあるようなので「いつもの」で記録更新のついでに、というのは多分無理です。攻略的にはアリステージの地球儀とパンダあたりが難関か。LEDライトみたいに置き場所自体があからさまに難しいのもあるからそこんとこもキツいな。ちなみに最後に取ったのはシカ(鹿)です。なんでツルステージにしかイナイノヨ!!(王様風に逆ギレ)。

関係ないけどすでに取ったはずなのにその後も巻き込み確認の文字(画面左下に出るやつ)がカラフルになるモノがあるのはなぜだ(覚えてるのだとゾクバイクの紫と水色、ポスト、ガチャガチャなど)。ツルステージではならないんだが。

「僕の私の」まとめ・よい点&ダメな点

それでは恒例のまとめ。

○唯一の携帯機で遊べる塊魂
ケータイ版やiPhone版を除けばコンシューマー機で唯一の携帯ハード塊魂。
×操作方が鬼
上のと矛盾するがやはりこの操作方式はキツイ!! 慣れた後も手が痛い&据え置き機版より肩コリ3割増。だがあえて両手操作を捨てなかった点は激しく評価したい(そこ変えたら完全に違うゲームになっちゃうし)。
△ステージ構成が使いまわし多すぎ
容量の都合もあるから仕方ないが代わりにミニ火山島方面のステージを増やしても良かったのでは。
△宿命のロード問題
これも仕方ない。ステージプレイ中と素敵コレクション閲覧中に音楽が途切れるのは慣れるまで違和感。
○過去の素敵ソング全収録
一部編集ありなのが謎だが(「カタマリたいの」「天使の雨」「ヒューストン」など)まあそれはそれで。
○王様がやたら優しくなった
南の島でリゾート気分のせいか前作「みんな大好き」のドSっぷりに比べると別人レベルにまで態度が違う。このへんの評価は個人の好みにもよるでしょう(えー)。
エンディングステージが3種類もある
なぜ。
松崎しげるの存在
ビューティフル……

例によって個人的な意見ですよ。まあロードと容量の件は携帯ハードということで完全に割り切っているのでこれといって不満はありません(操作性以外は)。新型のPSPが相変わらずアナログスティック1本だったのを見てガッカリしたのは私だけではないはずだ!! では次はトリビュートでお会いしましょう。

▲上に戻る ■トップページに戻る

2006 karayage
→mail