No

Minecraft

< PREV NEXT >

20120127

牛沈没事件

その日、私は森で木を切っていました。すると周りに誰もいないのにどこからともなく牛の鳴き声がするのです。不審に思った私は周囲を見回しました。すると、

[]

!?

[]

お分かりいただけただろうか…と言っても誰も分からないので一応説明すると、以前洞窟で粘土を掘り当てたところそれが池の底だったという事件がありましたが(1月19日の日記参照)、あのときぶち抜いた池の底がぶち抜かれたままだったために運の悪い牛が落ちて水流にハマって動けなくなったというわけだね。

[]  []  []

なんだか申し訳ないので木を切るのを中断して牛を救出しました。いつからハマっていたのかは分からんが気の毒なことをした。池の底は責任を持って補修しておきました。完。

やぐら

[]  []

切ってきた木材を使って牧場にやぐらを設置しました。

[]  []

あまり高くはありませんが、脱走したカラーひつじを探したり、うろうろするモンスターを眺めるにはちょうどいいです。

[]

だからなんで居るんだよ!!!!

トラップ制作

[]

ところで牧場の近所の洞窟にはスポーンブロックがあります。モンスターが次から次へと湧いてくるおそろしいブロックですが、ここに罠を仕掛ければモンスターを倒さないと手に入らないアイテムを待っているだけで無尽蔵に手に入れられるというウハウハな施設が作れます。ウハウハは古い。

[]

今回は基本的な罠のひとつである溶岩トラップを作ってみました。写真でいうと右側から水を流して水路をつくり、行き止まりのところに看板を張り付けます。

[]

看板の上で流れが止まるように溶岩を流し込んだらもう完成です。まあ簡単。

[]

うまくいきました。水路の水流でモンスターを溶岩が流れる位置まで流して焼死させるという仕組みです。まあ残虐。

[]

モンスターが落としたアイテムは水路を通って罠の手前に流れ落ちてきます。Minecraftでは定番のモンスタートラップですが、最初に考えた人は策士と言えよう。

[]

おまけ・ガラスをひとつ設置し忘れて撃たれた跡。

< PREV NEXT >

2012 karayage