No

Minecraft

< PREV NEXT >

20120422

はみ出るケーキ

[]

ベッドで寝ているときにインベントリを開くとこうなる。

砂漠の村

[]

実は現在住んでいる村とそう遠くない場所(地図の中央から端くらいの距離)にもうひとつ村があります。というより村がふたつあったから今のワールドで遊ぶことにしたのだった。そんなに大きくはありませんが塔や鍛冶屋など今の村にはない施設もあってキャラは立っていると思います(なにが?)。いずれ鉄道でつないだりしてみたいものです。

[]  []  []

こっちの村もデフォルトではこんな感じですのでそのうち私の手を加えねばなるまい。

ブランチ場

[]  []  []

採掘場に降りる階段がいままでむき出しだったのでちゃんと小屋を建てました。村とは離れた位置にあるので村人は入らないはずですが一応鉄ドア(村人は開けられない)にしておく。

村の夜

[]

これまで色々やってきたようですが実はまだまだ村の整備が十分ではありません。村の中には松明を置きまくってモンスターが湧かないようにしたものの周囲は依然として無防備なままです。そのため今までは夜になったらモンスターが出てくる前に即寝てやりすごしていましたがなんとなく気が向いたので村の中で寝ずに一晩過ごしてみることにしました。

[]

村人が集まっている家にお邪魔しました。

[]  []

さっそくゾンビさん登場。AIが賢くなったせいで壁があっても普通によけてドアまで来るようになりました。ゾンビのくせになまいきだ。

[]

とはいえハードモードではないのでドアを叩かれてもうるさいだけで何の害もありません。と言いたいところだがドアを叩く音とうめき声が結構本気でうるさいので帰っていただくことにした(あの世に)。

落とし穴

[]  []

村のはずれに渓谷にダイレクトアタックな大穴(意味不明)があったので柵で塞いでみました。日光をを確保しつつガラスより頑丈でいいかと。工事現場の足場っぽい。

[]

元々は新しく作った植林場を囲むための柵だったのだがまあよい。

危険地帯

[]  []

村からそう遠くない場所にある溶岩池を簡単に整備。こっちのほうまで家を建てることになったらもっと鉄柵を高くしなければならない(実はこの高さだと簡単に飛び越えられる)。

毛をよこせ

[]  []

建築資材確保のためカラーヒツジ牧場をオープンしましたが、なぜ出入り口に集まるのか。

[]

毛を刈られたいらしいゾンビさん。

えんちゃんと

[]  []

村に建てるのが普通の民家ばかりというのも面白くないので、少し考えてエンチャント小屋を建ててみました。昔のRPGの魔法屋的なイメージで。

[]  []

本棚の前にあるスイッチを踏むと床が上がって低レベルエンチャントができるようになります。私のプレイスタイルではレベル50など溜まるわけもないのでこのほうが実用的である。

[]

仕掛け作成中の様子。そこ邪魔だよおっさん。

the cake is a lie...

[]  []  []  []

唐突に村にあらわれる牛舎と鳥小屋。

[]

そしてケーキ。

[]  []

というわけで民家じゃない建物パート2・ケーキ屋さんです。あらかわいい。牛とニワトリは材料(卵とミルク)目当てで集められたのだった。村人はケーキが好き(※ケーキを見つけると飛び跳ねて喜んでいるように見える)という謎設定を反映したお店です。この置き方だと飛び跳ねないけど床に商品直置きのケーキ屋さんはイヤすぎるので妥協。ケーキは食べ物アイテムなのにブロックとして設置できるのがいいですね。

[]

周辺の様子。つい無計画に牛とニワトリを連れてきてしまいましたが、このあたりはなぜか村人がよく集まるので別のお店をもっといろいろ建てて商店街とか繁華街的ポジションの地域にしたほうが雰囲気が出るかもしれません。建てて早々移築を検討される牛舎&鳥小屋。

< PREV NEXT >

2012 karayage