No

Minecraft

< PREV NEXT >

20121224

パンを踏んだ娘

[]

ケーキを踏んだキノコ牛。

ディスペンサーつき駅

[]  []

自宅周辺の改装続き。前回地下鉄がどうのこうのと最後に書きましたが具体的にはこういうものがあります。超簡単なトロッコ衝突防止機能つきの駅です。Minecraftの仕様ではトロッコ同士が衝突すると反発が起こって逆走することがありますが、かといってトロッコに乗るたびに手動でディスペンサーに片付けるのも面倒なので無い知恵絞って考えました。単純な往復だけの駅と大体同じように使えます。

[]

クリエイティブで平らな場所に作り直したものがこちらになります(料理番組か)。

[]  []

出発するときは赤いブロックがついたピストンで押し出して発進します。トロッコがない場合はディスペンサーの上のボタンを押すとピストンの前に出てきます。

[]  []

そしてメイン機能ですが、駅に到着するより少し前にトリップワイヤーフックで青いブロックのピストンが動作して、邪魔なトロッコを右側の線路に押し出すようになっています。まあ簡単。右側に押し出されたトロッコは手動で壊してディスペンサーの中に戻します。まあ面倒くせえ。材料の揃えやすさとスクリーンショットに写っている部分だけで回路が完成していることだけがこの装置のメリットと言えよう。

[]  []

というわけで色々な動画等を参考に、自分が作りやすい仕様でまともに動作するトロッコディスペンサーつきの駅に作り直しました。トロッコが登ってくるところが見られるようにしたのは趣味です。

[]

この駅はトロッコボッシュート方式です。床のスイッチを踏むとピストンが作動してトロッコの下の床が抜け、落下したトロッコをディスペンサー(ガラスで覆われた部分)に回収するようになっています。床スイッチにしたのはそれ以外のスイッチだとうっかりプレイヤーがボッシュートされる危険があるためです(そんなマヌケはいない)。

[]  []

クリエイティブで平らな場所に作り直したものがこちらになりますパート2。青いブロックはnot回路で常時押し出された状態になっていて、床スイッチを踏むと引っ込みます。

[]  []

トロッコが足りなくなったor余ったときはこのディスペンサーに仕舞ったり出したりします。

[]  []

回収したトロッコはパワードレールで運ばれ、筒状のガラスの中に溜まります。トロッコ呼び出し用のスイッチを押すと、奥の黄緑ブロックのピストンがパルサー回路で一瞬動いてトロッコをひとつだけ押し出します。

[GIF animation]

色々説明したが実際見たほうが早かろうと再びGIFアニメにしてみた。トロッコ呼び出し→回収→呼び出しの動きをお楽しみください。ちなみにこれだけで容量が2MBちょっとあります。重かったらすみません。

[]  []

実際に設置したものはトロッコが動く様子が見たかったので地上にディスペンサー部分を配置しましたが、もちろん地下に埋め込むこともできます。トロッコがガタガタなのは気にしないでください(ほっとくと綺麗に並んだ状態に戻る)。

[]  [] []

島側の駅も同じようにボッシュート駅に改造。ゆくゆくは長距離鉄道なども作ってみたいので今回はその練習のようなものです。しかしパワードレールのために金インゴットを使い過ぎた。

< PREV NEXT >

2012 karayage