No

Minecraft

20180630

郊外

[]

というわけで工業地区の紹介。公園があるとつい置かれがちなブランコ。遊具って結構場所を取りますからね…滑り台とか…。

[] [] []

倉庫。町の郊外のほうに行くと倉庫とか配送センターみたいな大きい建物が結構ありますよねというイメージ。

[] [] [] []

比較的大きめなスーパーマーケット。店員の制服感を出したかったため店の規模に比べて無駄にレジが多い。あと棚はもう一段高いほうがよかった…(後の祭り)。

[] []

一応工業地区のつもりではあるのだが工場で働く人が利用するという想定でお店も少しずつあります。

[] []

工具とか道具とか売ってる系の店。

[] [] [] []

それで肝心の工場の中ですが、実は畑である(例によってピストン篩式のやつ)。Minecraftの世界における主な生産施設といえばこれかモンスターのトラップタワーくらいではないか。それっぽい工業的な機械を作るセンスがなかったとも言う。

[] [] []

工場で働く人が通っている想定の飲食店。海底神殿のブロックを使っているのでたぶん魚料理とか出る。

[] [] []

そして墓地。町の規模がそこそこなら墓もそこそこあるはずだ、という確固たる考えの元に作ったわけではなく、地形を整地したときになんとなくあちこちに段差があるような地形にしてみたらどうかと閃いて、閃いたはいいが実際にやってみると家とか建てられないような狭い隙間みたいなところも出てきてしまったのでそういうところを墓地にしたらどうかと閃いてこうなりました。

[] [] []

意図的に段差だらけにした様子。住む人は大変だろうが眺めは悪くない。