No

Minecraft

20180630

おまけ・作り直す前の家

[]

唐突だがおまけ。今回のワールドは実は一番目の町を途中まで作ったあと最初からやりなおしたデータで、やりなおした理由は「なんか色々建て直したくなったけど例の巨大地図も作り直すのは面倒すぎるから」というわけだったんですが、こっちのワールドで建てた自宅はこのまま捨て去るには惜しい気がしたのでちょっとここで紹介しておく。

[] [] [] []

まず外観。小さい丘の地形に合わせて豆腐をデコボコにつなげた形にしようとか考えていたはず。

[]

玄関。建築用コマンドブロックが入ったシュルカーボックスがもうある。

[] []

玄関の右側に洗面所と風呂トイレ。

[] []

大きい窓がたくさんあるダイニングキッチン(ロフトもある)。

[] []

寝室。上記のキッチンといいどうにか色数をたくさん使おうとした努力がうかがえる。

[] []

階段を降りると地図ルーム。半地下アンド半地下という絶妙に住みにくそうな構造ですがMinecraftのプレイヤーは階段をダッシュで上り下りできる膝強者なので問題ありません。

[] []

地図の正面。こういう本棚ってロマンがありますよね(誰に聞いているのか)。

[]

家周辺の地図。より正確に言うと周辺地図を2×2枚作成したあと一枚の地図に収まるように外部ツールで編集して作った地図データを再度ゲーム内に読み込ませた地図です。当時外部ツールで地図データをこねくり回して遊ぶのに凝っていた。チラシやポスターなんかも作った思い出。

[] [] []

地図ルームの先は更に半地下でもうひとつのキッチンと読書スペース。階段の上には昼寝用ベッドもある。ロマンです。

[]

裏口。使用した建材の種類は似ているがまったく違う自宅だったわけです。それでは今度こそまた今度。