No

Minecraft

自分用メモ・バージョン1.13の変更点

というわけで本日Java版Minecraftのバージョン1.13がリリースされました。今回は海関連の追加要素が大量にあるが、以前から予告があったとおりコマンド関連にも様々な変更・追加点があったのでメモしておきたい。あくまで自分用なので網羅的な内容では一切ないですよということを先に書いておく。おもに建築や整地にコマンドを使う派なので大体そういうテーマです。

(最終更新・2018年7月19日)

コマンドの入力補完が強化

[]

1.12以前でもコマンド入力途中にTabキーを押すと内容を補完してくれる機能がありましたが、ご覧のようにリストまで表示してくれるようになった。上下キーで選択→Tabキーで入力も可。便利~~

[]

コマンドブロックに至ってはなにも入力しないうちからリストが出ている。便利~~~

[]

補完とはちょっと違いますが、/locateコマンドで表示された座標をクリック(※/キーを押すなどしてチャット欄を表示した状態でマウスクリック)するとコマンド欄にそのまま/tpコマンドつきでコピーしてくれる。いきなりテレポートするわけではないのでこのまま座標だけコピーとかも出来ますね。便利~~~~

また、コマンドの入力内容に間違いがあった場合にはその旨も表示されるようになったので実行してから失敗に気づくということもなくなりました。文字色も間違い部分のみ赤になるのでわかりやすい。便利。

アイテム・ブロック名がゴッソリ変更

[]

例えば、いままで白樺の木材をコマンドで出す場合はplanks 2のようにブロック名+データ値という形式で指定していましたが、1.13からはより詳細なminecraft:birch_planksといった名称に変更された。更に、階段ブロックのように設置方法でブロック状態が違うものについてはminecraft:cobblestone_stairs[facing=north,half=top]のように指定できるようになった(facing=方角、half=上向きor下向き)(複数指定する場合はカッコ内で,で区切る)。入力すべき文字数が増えたことで書き方が少し複雑になった感はあるが、上記のように補完機能が強化されたのと、入力間違いがあっても即座に分かるようになったのでうまいことどうにかしましょう。これからは階段の向きを暗記しなくてもいいんだ…。

ついでに地味に大きな変更として、草ブロックの名前がgrassからgrass_blockに変更になった。grassのほうは雑草(元はtallgrass)の名称に変わったので、例えば広範囲の土ブロックを草ブロックに置き換えようとしたらそのへんが草だらけになったといったことにならぬよう気をつけよう。

「タグ」が追加

[]

上記のようにアイテム名がより直感的になったのと引き換えに、/fillコマンドでreplace planks(※データ値は未記入)と入力すれば全種類の木材ブロックが一度に置き換えられる、という例の技が使えなくなった。と見せかけてタグの追加により#minecraft:planksと入力すれば1.13でも使える。タグは他にも

  • #minecraft:rails(線路系全般)
  • #minecraft:stairs(階段全般)
  • #minecraft:impermeable(ガラスブロック全色)

などがある。ただしタグ付けされているブロックの種類は現状限られているので(例えば石系のブロックは1.13時点ではタグなし)、どのブロック・アイテムにタグが付いているかの詳細はMinecraft Wikiの同項目を参照。ゲーム内ではF3キーで表示されるデバッグ画面でも確認できる(カーソルを合わせたブロックの情報表示欄に#付きで書いてあるやつ)。

ターゲットセレクターの省略名が変更

1.12以前で『近くにいるヒツジを5匹』指定する場合、@r[type=Sheep,c=5]などと書いていたのが@r[type=sheep,limit=5,sort=nearest]と入力するようになった。数の絞り込みはcからlimitに置き換えられ、距離とかの指定はsortで指定するようになった。@r[c=-5](※cのマイナス指定)と書いていたのはsort=furthestとか。これも詳しくはWikiを…(丸投げ)。

その他いろいろ

  • 細かい変更点として、特別に指定がない限りコマンド内容は基本的に小文字のみで入力することになった。/kill @e[type=Villager]などと書いて実行しても何も起きないので気をつけよう。
  • /killコマンドといえば対象を引数で指定しないとエラー扱いになったのでこっちも気をつけよう。デスルーラの時とか…。
  • /gamemodeの切り替えも0とか3とかじゃなくて/gamemode survivalとか書くようになった。
  • コマンド入力済みのコマンドブロックをCtrlキーを押して中クリックすると内容ごとインベントリにコピーできますが、1.12以前で作ったこのブロックを1.13で読み込むと『常時実行』(Always Active)の情報が引き継がれていなかった(デフォルトの『動力が必要』(Needs Redstone)の状態に)。これにより当方はこれまで作った建築用コマンドブロックをすべて修正しなければならかった