資料まとめ

----2006年3月30日作成

ゲーム中に出てきた資料からストーリーに関係がありそうなものを選んでまとめました。ネタバレ注意

※本編に登場するすべての資料を集めたわけではありません。

ホフマンの日記

   1930年3月2日
  最近 子供達の間では気味の悪い
  うわさ話が横行している
  お掃除しないと妖精が来るとか
  ノライヌが子供をさらうとか・・・・
  いかんせん 気味が悪い

   1930年5月7日
  毎日 あいつの悪さには頭が痛い
  やれ掃除をさぼった・・ 落書きした・・
  オリビアを泣かした・・ 等々・・
  わたしが叱ると いつも人のせいにして・・・・
  本当に汚らわしい子だ!

   1930年5月12日
  今日はあいつを たっぷり叱ってやった
  さすがに 皆が大事にしていた兎を
  逃がしたと来たら 私も我慢の限界だ
  罰を与えようと 指し棒を取り出すと
  あいつは また言い逃れを始めた・・・・

  ・・・・けれども あいつもまだ子供
  ついには堪忍したのか 素直に
  謝ったので 今日はそれで良しとした

  私は本当によく出来た優しい教師だ

    1930年8月16日
  今日 私が仕事に追われていた時
  クララが手伝いたい と申し出てきた
  これも私の教育の賜物だろうか
  実にありがたい
  朝方 まだクララが仕事をしていたので
  私は彼女を優しく ベッドへ連れて行った

  私は少し可愛がりすぎたのだろうか
  気づいてみれば クララももう16歳

  孤児院に残って 運営を手伝いたい
  という彼女の話だが 真剣に考えて
  みるべきかと思う
  明日 マーサにも相談してみよう

    1930年8月24日
  まったくもって けしからん!
  私の大切な鯉がいなくなってしまった
  子供のイタズラであろうが 度が過ぎる
  ・・・・ダイアナは一体何をしていたのだ
  これでは 評価を下げざるを得ない

    1930年12月1日
  私は孤児院を出て行く

  今は頼りになるクララだっている
  それに子達は皆 大人になった
  職務は果たした 私は正しい

  ・・・・くそっ! 元はと言えば
  あいつが来てからだ 疫病神め
  私が悪いわけではないのだ
  あいつが全て悪いのだ!
  ・・・・汚らわしいっ

解説:医務室(院長室)にあるホフマンの日記。最後の3つは最終章で読める(12月1日の日記が最後)。ちなみにもうひとつ「妖精さんの噂を利用して子供に掃除をさせた。私ははなんと優秀な教師(以下略)」みたいな日記もあったのだがメモし忘れた。二周目で回収予定。

新聞記事:1929年4月25日

  1929年4月25日  人々の夢を乗せ いざ初飛行!
   この度 来たるべき飛行船時代に備え
   我国にふさわしい世界最大の飛行船の完成が報じられた
   満を持して完成した機体を従えての初フライトはカーディントンを出航し
   ロンドン経由でインドへ到着する予定
   就航セレモニーを前に 地元は元より 英国中が心を躍らせている
   なお当日は市長や伯爵夫人のほかに
   地元孤児院から子供達もテープカットに参加する予定だ

   1930年12月20日未明
  カーディントン近郊のある孤児院の
  子供全員が殺されるという近年
  稀に見る悲惨な事件が発生した
  死体の中には一名 成人男性の死体も
  あり 警察当局の調べから 現場近くの
  町に住む"グレゴリー・M・ウィルソン"氏で
  あることが判明した
  現場の状況から 市は"拳銃自殺"を
  図ったものとみられ 現在警察では
  氏が子供たちを殺めた可能性は極めて
  高いとして 鋭意調査中である

  謎の失踪再び − 1930年6月21日 −

  カーディントン近郊で再び 子供が
  失踪するという事件が発生した。
  7日、14日に続き三度目の発生と
  なったこの事件を 警察当局は現在
  連続誘拐事件と 行方不明事件の
  両方で 捜査が進められている。

  そして 近隣住民には 子供だけの
  不用意な外出禁止と 不審者への
  注意を 強く呼びかけている

解説:飛行船の喫煙室で読める記事3枚。

儀式の歌

  "月曜日のえんどう豆が じろじろ見られているよ"
  "火曜日に逃げそこなった豆がいてね"
  "水曜日にはあきらめた"
  "どうやら ノライヌはエンドウ豆にご執心・・・・"

解説:「紳士のピーターの章」最後の儀式で子供たちが歌っていた歌詞。「お菓子の家の章」で聞こえる歌(グレゴリーの声)も多分これ。ちなみに子供誘拐事件が起きた日のグレゴリーの日記には必ず「豆を植えた」と書いてある…。

メグのノートまとめ

            貴族の掟
  一、姫と王子に忠誠を   一、仲間同士 愛しあう
  一、毎月貢物を献上する  一、裏切り者には罰を


----------------------------------------

      ノライヌの生態
  以下 美しきバラの姫様からお聞きした
  怪物ノライヌの生態についての要点
  一、体が大きい  一、バカぢから
  一、傷だらけ   一、あるじに忠実
  一、お話上手   一、きれい好き
  一、お掃除しない子をさらう

     近日中の任務
  噂の落書きを記す適任者:スーザン
  ノライヌ潜伏調査:1Fレストルーム

解説:「こやぎの姉妹の章」で入手できるノートの一部。メグのノート本体には「妖精の国の研究」というページもあるがこのページは破かれていて見ることができない。

検証:「ノライヌの生態」とグレゴリーの関連

ウェンディーの手紙1

   4月10日
  囚われのジョシュア様へ

  私はウェンディー
  いつもお空からあなたを見つめています
  ジョシュア様
  あなたはどうしてそこにいるの?


   4月27日 WからJへ
  私の大事な 囚われの王子様
  すてきな すてきな出会い!
  よろしくね 王子様

  大丈夫 私があなたを自由にしてあげる


   6月9日 WからJへ
  ・・・・まぁなんてかわいそう
  私の大事な 心優しい王子様

  気に掛けていること・・・・おじさんが
  時々うつむいて悩んでいることね?

  大丈夫 おじさんがあの恐ろしい道具を
  隠している場所を知っているわ
  だから二人で逃げ出しましょうよ
  私に全てまかせておいて 大丈夫よ


   6月20日 WからJへ
  王子様 気にしなくてもいいの
  あなたの為なら なんでもできる

  そうね・・・・私に 愛していると誓って
  ただそれだけで 私はうれしい


   6月27日 WからJへ
  ありがとう 私の永遠の王子様

  明日の夜更け あなたの鎖を
  解いてあげる
  永遠に一緒に暮らしましょう

  そして私も あなたに誓います

   永遠に変わらぬ
    愛に誓って
   あなたに従います

解説:「おかしの家」の地下室にある手紙。

ウェンディーの手紙2

   7月25日 WからJへ
  とても可愛いジェニファー
  むずかしいことなんて無いわ

  いつだって 私が側にいる
  けっして私は 裏切らない
  だって二人は誓い合ったじゃない


   8月15日 WからJへ
  大好きなジェニファー
  最近元気になって安心したわ!

  あら 昨日の朝呼びに行ったら
  いなかったのも それのせい?
  私をおどろかそうと思ってもダメよ!
  すぐに見破っちゃうんだから

  とにかく 先に言っておくわ
  ありがとう ウフフ


   8月24日 WからJへ
  ジェニファー
  ブラウンを紹介してくれてありがとう

  ・・・・でも あんなに汚らわしい犬は
  あなたと私には 相応しくないわ

  あんな犬はニコラにでもあげちゃって
  二人っきりで仲良くしましょう


   9月10日 WからJへ
  わからずやなジェニファー

  そんなにブラウンが大切なの?
  たかだか犬よ 薄汚い獣じゃない

  そんなものに あなたの素敵な
  笑顔を向けるのはやめてよ・・
  私にだけ その笑顔をちょうだい


   10月1日 WからJへ
  薄情者のジェニファー

  なぜ 来てくれなかったの?
  私はずっとずっと待っていたのに

  なぜ 毎朝あなたと会えないの?
  私は毎朝あなたの元へ行くのに

  私は いつもあなたのことだけ
  考えているのに・・
  なんで私の言うことを聞けないの?

解説:最終章の汚れ物の部屋にある手紙。

ウェンディーの手紙3

   4月16日
  突然の訪問者 ウェンディー様へ

  お手紙ありがとう うれしいわ

  おじさんは ジョシュアと呼ぶけれど
  私はジェニファー ジェニファーよ

  私はあの日 おじさんに助けられて
  それからずっと この部屋にいるの

  おじさんはいい人よ・・・・ でも
  私を決してここから出そうとしない


   5月10日 JからWへ
  ありがとう ウェンディー
  早くこの狭い小部屋から飛び出して
  あなたと お外を走り回りたい

  ・・・・でもおじさんはかわいそうな人
  おじさんを放っては置けないの


   6月14日 JからWへ
  ありがとう ウェンディー
  心優しいお姫様

  私に何かしてあげられることはないかしら?


   6月24日 JからWへ
  私 ジェニファーは 心優しきお姫様
  ウェンディーに誓います

   永遠に変わらぬ
    愛に誓って
   あなたに従います


   7月17日 JからWへ
  ウェンディー こうしてここに来たけれど
  私 なんだか怖いわ
  何もかもが 初めての経験ですもの

  みんなとうまくやっていけるかしら
  それだけが心配


   7月22日 JからWへ
  優しいウェンディー
  うれしいニュースがあるのよ

  とても楽しみなことを見つけたの
  毎朝毎朝 楽しみで仕方ないわ
  ウェンディーも楽しみにしててね


   8月13日 JからWへ
  どうだった?ウェンディー
  あなたってたば あれから何も言って
  くれないんだもの

  私のかわいい子犬のブラウン
  気に入ってくれたかしら?
  二人で一緒に育てましょうよ


   8月20日 JからWへ
  大好きなウェンディー

  でもウェンディー この子とっても
  愛くるしくって かわいいのよ

  私が ブラウン って呼んだら
  よたよた私のほうに 寄ってくるの
  あなたもきっと気に入るわ


   9月24日 JからWへ
  大丈夫?ウェンディー

  私とあなたの仲は変わらないわ
  ブラウンとだって仲良くやれるわ

  あなたがわかってくれなくても
  私はこの子を見捨てられない


   10月6日 JからWへ
  おかしいわ ウェンディー
  そんなのっておかしい

  私が望んでいたのって そんな
  関係じゃない
  二人で仲良く一緒に暮らす
  ただそれだけの素敵な関係


   1月4日 WからJへ
  私の大事な王子様
  そう あなたは王子様なの
  姫と王子は一緒にいなくてはいけない

  ジェニファーは 私の永遠の伴侶
  私のことだけを見つめていればいいの

  いつも私の側にいて 私にだけ
  笑顔をくれれば それでいいの
  汚らわしい犬なんて いらない!
  二人の間には 誰一人として
  入ることは許されないんだから


   3月10日 WからJへ
  あの忌々しい犬とまだ一緒にいるの?
  私はあなたを許さない
  あの時誓った バラの誓いを忘れたの?
  さようならジェニファー
  あなたはきっと後悔する
  わたしの愛を受け入れなかったことを

解説:最終章の病室にある手紙。最後の2通以外はジェニファーがウェンディーに送ったもの。

グレッグの日記

  6月1日 日曜日 晴れ
   雑草取り 気分よく畑仕事ができた

  6月2日 月曜日 晴れ
   雑草取り 気分よく畑仕事ができた

  6月3日 火曜日 曇り
   雑草取り 明日は息子と畑に出ようと思う

  6月4日 水曜日 晴れ
   雑草取り 気分よく畑仕事ができた

  6月5日 木曜日 午後雨
   雑草取り 息子の調子が悪そうなので
   今日はいつものように一人で畑仕事に出かけた

  6月6日 金曜日 晴れ
   雑草取り 気分よく畑仕事ができた

  6月7日 土曜日 雨
   雑草取り 豆を植えた 明朝 市場へ豆を売りに行く
   今夜は仕込みをする とても忙しい

  6月8日 日曜日 晴れ
   市場で豆と人参を売った
   息子に栄養のあるものを食べさせたい
   売れ行きが悪いので あまりたいしたものは買えなかった

  6月9日 月曜日 晴れ
   雑草取り 気分よく畑仕事ができた

  6月10日 火曜日 晴れ
   行儀の悪い子だ
   戸棚にしまっておいたお菓子を勝手に食べるなんて

  6月11日 水曜日 曇り
   雑草取り 少し肌寒い
   風邪をひくといけないから 毛布を出してやろう

  6月12日 木曜日 曇り
   息子の具合が悪い 少し熱があるようだ
   熱い豆のスープを飲ませてやった

  6月13日 金曜日 晴れ
   雑草取り 気分よく畑仕事ができた

  6月14日 土曜日 曇り
   豆を植えた

  6月15日 日曜日 雨
   今日は一日 部屋で息子のために絵物語を書いた
   面白いお話ができた

  6月16日 月曜日 曇り
   納屋掃除
   息子が私の話を面白いといってくれた とてもうれしい

  6月17日 火曜日 曇り
   納屋掃除
   少し畑仕事をしなかったせいで 畑が荒れてしまった
   虫やネズミを追い出さなければならない

  6月18日 水曜日 晴れ
   雑草取り 今日の天気はとてもよかった
   気分よく畑仕事ができた

  6月19日 木曜日 晴れ
   雑草取り 今日は息子と畑に行こうと思った
   けれども咳きがひどいので あきらめて息子をベッドに
   寝かせつけた

  6月20日 金曜日 晴れ
   雑草取り 気分よく畑仕事ができた

  6月21日 土曜日 晴れ
   豆を植えた

  6月22日 日曜日 晴れ
   面白い物語を思いついたので
   今日は畑仕事を休むことにしよう

  6月23日 月曜日 晴れ
   雑草取り 息子が私の話を面白いと言った
   息子の喜ぶ顔をみるのが嬉しい

  6月24日 火曜日 晴れ
   雑草取り 天気のよい日の畑仕事は気分がよい

  6月25日 水曜日 晴れ
   雑草取り 気分よく畑仕事ができた

  6月26日 木曜日 晴れ
   雑草取り 気分よく畑仕事ができた

  6月27日 金曜日 晴れ
   雑草取り 気分よく畑仕事ができた

解説:グレゴリーが書いた日記。なぜここだけ名前が「グレッグ」(「グレゴリー」の愛称)なのかは不明。

※6月7日・14日・21日の「豆を植えた」という日記と、同日に発生した三回の子供誘拐事件に関係はあるか?

アマンダの日記

  4月6日 日曜日
  アマンダ不安なの あたしだめな子なのかしら?
  先月はだめだったわ 今月はどうかしら?
  アマンダ不安なの 不安で不安でたまらないの

  4月20日 日曜日
  アマンダ幸せ!
  今日はおねぇさま達に裏庭へ呼び出されました
  あの子が鬼のあいだは 鬼にならなくてよいのだそうです
  だから 本当に安心しました

  5月4日 日曜日
  アマンダ不安なの やっぱりあたしだめな子なのかしら?
  また 先月もだめだったの
  アマンダ不安なの 不安で不安でたまらないの

  5月19日 日曜日
  アマンダ幸せ!
  おねぇさま達が貴族のしるしを見せてくれたの
  赤いクレヨンをもらえれば 私も貴族の仲間入りできるの
  でも あの子は無理よね あの子 品がないもの
  どちらにせよドベにはならないわ 安心安心

  6月1日 日曜日
  最悪最悪最悪最悪最悪最悪最悪
  最悪最悪最悪最悪最悪最悪最悪
  白いのが口の中にはいったじゃない
  あたし あそこまではやらなかったわ

  7月27日 日曜日
  憎たらしい憎たらしい憎たらしい
  憎たらしい憎たらしい憎たらしい
  そうだ ぞうきんぬわなきゃ

  8月31日 日曜日
  憎たらしい憎たらしい憎たらしい
  憎たらしい憎たらしい憎たらしい
  そうだ ぞうきんぬわなきゃ

  9月28日 日曜日
  憎たらしい憎たらしい憎たらしい
  憎たらしい憎たらしい憎たらしい
  そうだ ぞうきんぬわなきゃ

  10月5日 日曜日
  一生懸命 ぬってたのに!
  ペイジル ファニー ジョージ
  ヘクター アイダ レオ ポール
  なんでみんな邪魔するの?
  ああ! あたしってかわいそう

  10月12日 日曜日
  みんな不幸になればいい!
  ペイジルは線路で居眠りすればいい!
  ファニーは屋上から飛び降りればいい!
  ジョージは逆さずり!
  ヘクターは馬車にひかれてしまえ!
  アイダは毒イチゴのジャムをあげる!
  レオはマンホールに落ちればいい!
  ポールは絨毯の下敷き!
  そして あの子!
  あいつは おねぇさまたちにボロボロにしてもらうわ
  ああ! アマンダとっても幸せ!

  10月19日 日曜日
  あんな下品な子は あたしのために働けばいいの
  いっしょうけんめいお働き!
  ああ! とっても幸せ!


  不安なの アマンダやっぱり不安なの

解説:「労働階級の荷物倉庫」に隠してあるアマンダの日記。残りのページはパラパラマンガ
※10月5日と10月12日の日記に出てくる子供の名前はゲーム中には登場しない。

警察からの手紙

 グレゴリー・ウィルソン氏の犯罪の関与について
  駐在所のドゥリトルです
  受け付けました通報文書への返信が
  遅れましたことを お詫び申し上げます

  さて 当方の結論から申し上げます

  氏が何らかの犯罪 つまり近年に
  度重なり発生した 子供失踪事件等に
  関与している可能性は 非常に薄いと
  考えております
  氏には息子さんが一人おり ちょうど
  貴方様の報告にもありました
  "白い服を着た子供と密接にいた"
  件に関しましても説明が付きます

  当局と致しましても 疑わしきだけで
  罰する事はできませんので ご了承下さい

   1930年10月20日
         カーディントン郊外駐在所
           アントニー・ドゥリトル

   11月24日 駐在所在中ドゥリトル様

  ローズガーデン孤児院のマーサ・キャロルです

  約1ヶ月の長きに渡って 計6件の文書を
  発送いたしましたが 返信がございません
  お目を通して頂けておりますでしょうか?
  一刻も早い調査を お願い申し上げます

  先日 私はまた見かけてしまいました・・
  グレゴリー氏とウェンディー・・ あぁ私の
  孤児院の子供です それが二人だけで
  何か怪しく 異様な行動をしておりました
  おぉ恐ろしい・・・・
  私と致しましてはもう とても心配で・・・・
  ・・つまり その異様な行動と申しますのは

  氏は四つんばいになり ただただ頷いて
  おります・・ それに対してウェンディーが
  叱咤しているような様・・・・で御座います
  その・・・・ なんと申し上げて良いのか
  行き過ぎた犬の調教 のような・・・・
  おぉ・・・・ 思い出すのも恐ろしい

  一刻も早く調査をお願───

解説:最終章の台所奥の部屋にある手紙。11月24日のマーサの手紙は書きかけの未送信。

時系列まとめ

■1929年

4月
4月25日 イギリスで飛行船初飛行(新聞記事)

■1930年

1月  「むかし むかし・・・・の章」
1月4日 WからJに手紙※「姫と王子は一緒にいなくてはいけない」
2月
----(何もなし)
3月  「リトルプリンセスの章」
3月2日 ホフマンの日記「最近 子供達の間では気味の悪いうわさ話が横行している」
3月10日 WからJに手紙※「私はあなたを許さない」
4月  「不幸なクローバー畑の章」
4月6日 アマンダの日記「先月はだめだったわ」
4月10日 ウェンディーからジョシュア宛てに手紙「あなたはどうしてそこにいるの?」
4月16日 ジェニファーからウェンディーに手紙「ずっと この部屋にいるの」
4月20日 アマンダの日記「あの子が鬼のあいだは 鬼にならなくてよいのだそうです」
4月27日 WからJに手紙「私があなたを自由にしてあげる」
・5月  「紳士ピーターの章」
5月4日 アマンダの日記「また 先月もだめだったの」
5月7日 ホフマンの日記「毎日 あいつの悪さには頭が痛い」
5月10日 JからWに手紙「おじさんを放っては置けないの」
5月12日 ホフマンの日記「さすがに皆が大事にしていた兎を逃がしたと来たら 私も我慢の限界だ」
5月19日 アマンダの日記「おねぇさま達が貴族のしるしを見せてくれたの」
6月  「おかしの家の章」
6月1日 アマンダの日記「最悪最悪最悪最悪最悪最悪最悪 白いのが口の中にはいったじゃない」
6月9日 WからJに手紙「二人で逃げ出しましょうよ」
6月7日 カーディントン近郊で子供失踪事件 一回目(新聞記事)
6月14日 JからWに手紙「私に何かしてあげられることはないかしら?」
6月14日 カーディントン近郊で子供失踪事件 二回目(新聞記事)
6月20日 WからJに手紙「私に 愛していると誓って」
6月21日 カーディントン近郊で子供失踪事件 三回目(新聞記事)
6月24日 JからWに手紙「永遠に変わらぬ 愛に誓って あなたに従います」
6月27日 WからJに手紙「明日の夜更け あなたの鎖を解いてあげる」
※6月1日〜27日までは毎日グレゴリーが日記をつけている(実際には何年の出来事かは不明)
  • 1日〜4日 畑仕事
  • 5日 息子の調子が悪い
  • 6日 畑仕事
  • 7日 豆を植える「明朝 市場へ豆を売りに行く」「今夜は仕込みをする とても忙しい」   ※同日 子供失踪事件発生
  • 8日 市場で豆と人参を売るが売れ行きはあまりよくない「息子に栄養のあるものを食べさせたい」
  • 9日 畑仕事   ※同日 WからJに手紙
  • 10日 息子が勝手にお菓子を食べる
  • 11日 畑仕事 少し肌寒い
  • 12日 息子の具合が悪い
  • 13日 畑仕事
  • 14日 豆を植える   ※同日 子供失踪事件発生
  • 15日 息子のために絵本を書く
  • 16日 納屋掃除 絵本は息子に好評
  • 17日 納屋掃除 畑が荒れている
  • 18日 畑仕事 天気がよい
  • 19日 畑仕事 息子の咳がひどい
  • 20日 畑仕事   ※同日 WからJに手紙
  • 21日 豆を植える   ※同日 子供失踪事件発生
  • 22日 面白い物語を思いつく
  • 23日 畑仕事 物語が息子に好評「息子の喜ぶ顔をみるのが嬉しい」
  • 24日〜27日 畑仕事   ※27日・WからJに手紙
7月  「しあわせの小鳥の章」
7月17日 JからWに手紙「みんなとうまくやっていけるかしら」
7月22日 JからWに手紙「とても楽しみなことを見つけたの」
7月25日 WからJに手紙「いつだって 私が側にいる」
7月27日 アマンダの日記「憎たらしい憎たらしい憎たらしい そうだ ぞうきんぬわなきゃ」
8月  「にんぎょ姫の章」
8月13日 JからWに手紙「私のかわいい子犬のブラウン 気に入ってくれたかしら?」
8月15日 WからJに手紙「私をおどろかそうと思ってもダメよ!」
8月16日 ホフマンの日記「朝方 まだクララが仕事をしていたので 私は彼女を優しく ベッドへ連れて行った」
8月20日 警察からマーサに手紙「子供失踪事件等に関与している可能性は 非常に薄い」
8月20日 JからWに手紙「あなたもきっと気に入るわ」
8月24日 WからJに手紙「あんなに汚らわしい犬は あなたと私には 相応しくないわ」
8月24日 ホフマンの日記「私の大切な鯉がいなくなってしまった」
8月31日 アマンダの日記「憎たらしい憎たらしい憎たらしい そうだ ぞうきんぬわなきゃ」
9月  「こやぎの姉妹の章」
9月10日 WからJに手紙「そんなにブラウンが大切なの?」
9月24日 JからWに手紙「私とあなたの仲は変わらないわ/私はこの子を見捨てられない」
9月28日 アマンダの日記「憎たらしい憎たらしい憎たらしい そうだ ぞうきんぬわなきゃ」
10月  「ぞうきん姫の章」
10月1日 WからJに手紙「なんで私の言うことを聞けないの?」
10月5日 アマンダの日記「一生懸命 ぬってたのに!/なんでみんな邪魔するの?」
10月6日 JからWに手紙「私が望んでいたのって そんな関係じゃない」
10月12日 アマンダの日記「みんな不幸になればいい!/あいつは おねぇさまたちにボロボロにしてもらうわ」
10月19日 アマンダの日記「あんな下品な子は あたしのために働けばいいの」
11月  「おそうしきの章」
11月14日 マーサから警察に手紙(書きかけ・未送信)「行き過ぎた犬の調教 のような・・・・」
  (※これまで約1ヶ月に渡り6通の手紙を警察に送信済み)
12月  「のらいぬとうそつき姫の章」
12月1日 ホフマンの日記「私は孤児院を出て行く/あいつが全て悪いのだ!」
12月20日 カーディントン近郊の孤児院で殺人事件 子供は全員死亡 グレゴリー拳銃自殺(新聞記事)
※注意事項

■おもな疑問点

ジェニファーが孤児院に来たのが1930年の6月27日から7月17日の間だとすると、それ以前の出来事(1930年3月の「リトルプリンセスの章」〜5月の「紳士ピーターの章」)はいつ起きたのか?
 ※1930年1月の「むかし むかし・・・・の章」に関しては、ホフマンの最初の日記(1930年3月2日)と最後の日記(1930年12月1日)が同時に存在しているのであの章の時間軸自体が普通ではない(全ての記憶が混ざっている?)可能性が高い。水槽の鯉も生きている。
ホフマンが日記に書いている「あいつ」とは誰のことか?
  • 4月20日のアマンダの日記「あの子が鬼のあいだは」等のあの子とは誰のことか?
  • 6月1日のアマンダの日記「白いのが口の中にはいった」とは、1930年3月の「紳士ピーターの章」でアマンダに与えられた罰(ウジが沸いたネズミを顔に押し付けられる)のことだと思われるが、1930年3月の時点ではまだジェニファーは孤児院にいなかったのでは?
1月4日と3月10日の「WからJへの手紙」はいつ書かれたのか?
  • ×1929年の1月・3月:まだ飛行船が完成していない(飛行船事故が起きていない
  • ×1930年の1月・3月:まだジェニファーが孤児院にいない
  • ×1931年の1月・3月:1930年12月20日に子供たちは全員死亡している
ホフマンはなぜ12月1日に孤児院から逃げたのか?
孤児院殺人事件が起きたのは12月20日
疫病神の「あいつ」とは誰のことか?
子供失踪事件があった日のグレゴリーの日記には必ず「豆を植えた」とあるが関係はあるのか?
※誘拐事件発生当時すでにジェニファーはグレゴリー家に監禁中(事件発生は1930年6月7日〜21日だが、ウェンディーによってジェニファーが発見されたのはそれ以前の4月10日)。
だからヘクターとかポールって誰よ?
さあ? 誰かのあだ名かもしれないがそんなあだ名をつけられそうな名前の奴はいない。
絵本の謎
「リトルプリンセス」の絵本の冒頭には『少女はいつも 赤い薔薇の姫と一緒でした』とあるが、これを「少女=ジェニファー」「薔薇の姫=ウェンディー」だと解釈すると、4月10日のウェンディーの手紙と矛盾する(4月10日「ジョシュア様 あなたはどうしてそこにいるの?」初対面?)。
ちなみに4月16日のジェニファーの手紙も「突然の訪問者 ウェンディー様へ」と他人行儀。ジェニファーの場合は事故で記憶を失っているらしいのでウェンディーのことを忘れていても不思議ではないが、顔見知りだったならウェンディーまでジェニファーのことを知らないのはおかしい。最初の手紙に関してはウェンディーがジェニファーの姿を見間違えた可能性(※)もあるが、ジェニファーが書いた返事には「私はジェニファー」とはっきり書いてある。英語には「私」「僕」「俺」「ワシ」みたいな一人称の区別はないけど「ジェニファー」は女の名前だよね??(でもウェンディーは4月〜6月の手紙にはいつも「王子様」と書いている…)ウェンディーって一体…。
 ※監禁中は「ジョシュア」が以前着ていた服を与えられていたと思われ(まさか事故当時の服のままってことは…)。ジェニファーは髪が短かったようなので、服装によっては男の子に見えないこともない。

※これらの疑問点は、すべての資料が事実に基づいて書かれているということを前提にした場合に出てくるもので、実際には誰かが嘘を書いている・もしくは(それらを記憶している)ジェニファーの記憶自体がおかしいという可能性も十分あります。絵本の内容も単なる寓意・イメージという面が強いので、あの内容を事実の記録だと信じるにはかなり無理がある(例:絵本「こやぎの姉妹」の展開はメグとダイアナの関係を表現しているように見えるが、最後に妹山羊が姉山羊を殺すシーンがあるため事実とは異なる)。それよりファニーとかレオって誰なん(以下略)。

※海外版ではジェニファーとウェンディーの手紙の日付が一部修正されているそうです(このサイトでは検証しないので問い合わせないように)。どちらの日付が正しいのかは不明ですが(普通に考えれば後に出たほうが修正版=正しいと判断しがちだが海外版の翻訳スタッフが自己判断で書き換えた可能性もあるため)いずれにせよこの変更だけではストーリーの矛盾を説明できないのは確かだ。そもそも妖精さんとかが出てくるゲームに真相なんて本当にあるのかと(以下略)。

戻る

2006 karayage