その23・人魚or半魚人

----2006年3月14日

前回のイベントが終わるとまた例のロウソク部屋からスタート。いよいよ3つめの絵本だ。左側のテーブルから「人魚姫の絵本」をゲット。

      〜 にんぎょ姫 〜

  昔々 海の国の人魚姫は 人間の王子様に恋をしました
   (人魚と海に浮かぶ船の絵)

  人魚姫は何年たっても片思いでした
   (人魚姫の背後で沈没する船)

  そしてついには お婆さんになってしまいました

  死ぬまで 一人ぼっちの人魚姫

  人魚の国の娘たちは とても哀れみました

  あんなお婆さんには
  絶対なりたくないと思いました

すげえブラック。でもオチを見た瞬間なぜか大爆笑しました。なんでだろう。おれのせいじゃねえ。

■August 1930 人魚姫

そんなわけで新章。相変わらず時系列がバラバラなのが怪しいな。さてジェニファーが絵本を閉じるとVIP室の中にいた。これも毎度のことなのでもう驚きもしませんが、どちらかというとこの部屋の家具もワイヤー巻きになっていることのほうが怖い。それはともかく部屋の中にはダイアナがいた。いかにも不機嫌な様子でため息をついている。

 「まずい・・・・がいなくなった
  ホフマン先生に叱られる」

そう言って部屋の角にある水槽を見た。たしかに水槽の中には魚が一匹もいません。 それよりホフマンって。あの野郎はわたしがこないだこの手で殺ったはずなのだが…。まさかまだ生きてるの? ダイアナは「あんたも早いとこ 大事な物を 探してきたら?」お決まりのセリフを言って部屋を出ていった。この絵本選択3部作を大事な物探しシリーズと呼ぼうか(呼びません)。

ここから行動開始。上級客員区画の通路に出ると子供の泣き声が聞こえてきた。中央の通路でオリビア(泣き虫ちびっ子)が貢物の張り紙を見て泣いていたのだった。

  「そんなのいないよ いるわけないよぉ」

張り紙には「こんげつのみつぎもの ひとりみの にんぎょと書いてあった。なんだそりゃ。人魚というだけでも突飛だが一人身というのがなんだかマニアックじゃねえか。人妻じゃダメなのか(そういう意味ではない)。

第8区画階段室に出ると、階段の下でメグとエレノアがお話中でした。またロクでもないことやってんのかと思いつつ聞き耳を立てる。

  メグ
 「・・・・ダイアナ困ってたよ?
  ちょっとやりすぎたんじゃない?」

  エレノア
 「・・・・しかたのないことだわ
  人魚なんていないもの」

  メグ
 「・・・・そうよね
  ああするしか 方法ないわよね」

やっぱり怪しい。まさか人魚の存在を捏造するために水槽の魚を利用したのではないかね君たちは(参考:フィジーの人魚)。階段を下りてふたりに直接話を聞くと、「人魚を探しているなら早くしないとダイアナに先を越される」と言われた。手紙探し、小鳥探しときて今度は人魚探しかよ。なんか一気にうさんくさい話になったな。つちのこ探しのほうがまだリアリティがあるぜ(そうか?)。

その24・生臭いゲロ

----2006年3月14日

二人が去ったあと、階段の下に「魚のうろこ」が落ちているのを発見。これをFindすると第6区画作業通路にたどり着いた。通路の奥へ進んでいくと、途中で二人の人影を目撃。あ、あれはホフマン先生!! 後姿だから顔はわからんがほかに思い当たる人物はいないので多分あいつだ。生きてやがったのか(←そういう関係だったっけ?)。先生の後ろには女性らしき人物が付き従っている。知らない人かと一瞬思ったが、もしかしてあれは序盤に出てきたクララさんではないですか? 孤児院の医務室にいたあの人ですよ。初対面のジェニファーに対して開口一番「汚らわしい」と言い放ったクララさんですよ(根に持つなよ)。そんな二人がいったいどこに行くのか。これは怪しい。追跡開始だ。

というわけで第2区画作業通路に来た。なにか水のゴボゴボいう音が聞こえる。映像が青色がかっているのも気になる。目の前にある鉄骨に張り紙がついていたので読んでみる。「"海の底"ごっこ」だって。えぇ??

「魚のうろこ」をたどっていくと下方垂直尾翼にたどり着いた。細長い階段を下りていくと「肉切り包丁」(武器)と「魚の頭」を発見。頭って。それだけかよ。胴体はどこだよ。怪しい臭いと生臭い臭いを感じつつ船尾監視台でセーブ。空が見えるぞー。

「魚の頭」をFindして第1区画作業通路へ行くとダイアナを発見。「魚は絶対こっちにいる 私には わかるんだと言って歩いていった。あんたも鼻が利くのかい(えー)。

ジェニファーはブラウンの後を追って中央階層Aブロックへ。空中を泳ぐ魚(胴体が骨)を眺めつつ歩いていくと「人形の足」を発見。クマのぬいぐるみか何かの下半身のようだ。「フィジーの人魚」説が濃厚になってきたなあ。「人形の足」をFindして通路の先へ進んでいくと、いきなり床から妖精さんが生えてきた。ギャース。恐ろしい妖精さんと魚妖精さんが通路を埋め尽くし始めたのでとっとと逃げる。戦う気なんて最初からないぜ!!(ヘタレ)

そのころブラウンは通路の奥にあるドアに反応していた。ドアには「Mermaid Room」という張り紙がしてある。なんだこりゃ。中を覗いてみると、ベッドの前でホフマン先生らしき人がフラフラしていた。なんだこりゃ。意味がわからん。

意味はわからんがとりあえず貨物庫に進入。突然吠えるブラウン。部屋の中にはなぜかベッドがあって、その上には太いロープが垂れ下がっている。上にある滑車につながっているようだ。ベッドに向かってうなり続けるブラウン。シーツを頭までかぶっているので誰が寝ているのかはわからないがイヤな予感がするなあ。ベッドを不安げに観察するジェニファー。その背後で突然笑い声が。ドアがバタンと閉まる音がしたあと部屋の仕掛けが作動。ゲッ。罠かよ。滑車がいくつも動き出して、ついにベッドの上の人物をから吊り上げた。天井にくねくね動く人の影が見える。吊り上げられたのは…人魚姿の化物となったクララだった。ぎゃー。

そんなわけでボス戦。人魚は「うおぉおおおーーーー」だの「イィィイイーーーー」だの「うぁあああーーーーー」だの「いぇええええーーーー」とかいう叫び声とともに天井から滑車で降りてくる。そして「ゥイィーーーハッ!!」とか叫びながら手でジェニファーをブン殴ってきたり「ウォヴォグェェェッ」という音声とともに緑色のゲロを吐きかけたりしてジェニファーを攻撃して天井に戻っていく。文字で説明するととてもマヌケだが、ぶっちゃけ今までで一番強敵だ。ゲロの浴びすぎでブラウンが初めて倒れたりしてなかなか焦った。ジェニファーもどんどん回復アイテムを使って戦う。

いつどこから人魚が降ってくるかわからんので最初は苦戦したが、ここは「人形の足」をブラウンにFindさせることである程度予測できるようになった(次に降ってくる方向に向かってブラウンがうなる)。人魚が滑車で降りてきたときにすぐ攻撃できればゲロを浴びずに済むのでこれは便利だが、ジェニファーが攻撃するのが遅いとブラウンごとゲロまみれになるのでこれまた大変キツい。今まで溜めた回復アイテムをガンガン使ってやっとのことで勝つ。練習すればもっとうまくいくかもしれないけど。

ジェニファーにやられて半狂乱で叫びまくるクララ(推定)。腕をふりまわして暴れていると、その勢いで天井からなにかの人形がベッドの上に落ちてきた。よく見るとそれは人形の上半身と魚の胴体をロープでくくりつけたものでした。あーやっぱり。すると、ここでいきなり場所が移動。はっとしたジェニファーが振り返るとそこにはホフマン先生とダイアナがいた。いったいいつの間に!? ダイアナはホフマン先生に叱られてなんと泣いていた。子供相手には威張りちらしてるけどやっぱりこいつも子供なんだなあ。泣きじゃくるダイアナの頭をなでながら「君がやったんだろう」問いただすホフマン先生。…ていうかこいつ、妙にベタベタ触りすぎなんですけど。肩だの腕だの手だのをいちいちスリスリスリスリと。てめーはロリコンのエロジジイか!? 警察に突き出すぞコラ。その様子をメグとエレノアがこっそり覗いている。おまえらこんなんばっかりだな。

しばらくするとホフマン先生は妙にゴキゲンなカンジで去っていった。そばにいたジェニファーは何も言われず。そもそもいつのまにこの部屋に来たんだ? 先生がいなくなると、うつむいていたダイアナが自分の服をバッと払い始めた。「ひぃぃぃ うっとおしぃ!」 あんたも大変だねー。とのんきに構えていたらいきなり凄まれた

 「あぁそっか なるほどね
  あんたがやったんだ
  あんたのおかげであたしが叱られたってわけだ  よこしなっ!

そう言うとジェニファーの手から人魚の人形をぶん取って水槽の中に突っ込んだ。そして雑巾のようなもので水槽の水をかき混ぜるダイアナ。汚れた水槽にメグとエレノアの影が映っている。そのまま雑巾(?)を持ってジェニファーに近づくダイアナ。

 「あら こんなところもよごれているわ
  きれいきれいにしなきゃね
  きれいにしないと また先生におこられちゃう・・・・」

謎の物体を突きつけられて押し倒された。な なにをするきさまーー。

気がつくともとのVIP室の中だった。家具がぐるぐる巻きのままだ。あれ、今までいたのはどこだったんだ? 水槽の中には人魚の人形が浮かんでいるが…。とりあえずその人形を調べてみると、人形の体の中に紙切れが筒状に丸めて入れてあった。例によって絵本の最後のページのようだ。つまり最後はこうなる。

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  人魚の国の娘たちは とても哀れみました

  あんなお婆さんには
  絶対なりたくないと思いました

  (アジの開き状態になって小魚たちに食われる人魚姫の絵)

  例え死んでも "あなたに従います"

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

最後の絵は魚に食い尽くされて消えてなくなった人魚姫だった。あー、最初はバカにしてたのに、実は非常に切ないオチだったのな…。この本のキーワードは「あなたに従います」だった。これまで通り黒板に記録するジェニファー。今までのと合わせると"永遠に変わらぬ 愛に誓って あなたに従います"になる。これがジェニファーの大切な約束なのか?でも一体誰との約束なんだ? 謎が深まりつつ次回につづく。

■人魚クララ攻略メモ

 戻る 

2006 karayage