2005年10月29日

No.04:ワンダと巨像とあの頃のアイツ

なんだこのタイトル。はともかく次へ進むまえに回想モードというのを試してみた。一度倒した巨像と再戦できるというモードですな。倒した巨像のいる場所はマップに記録されている(顔のアイコンが出る)のでわかりやすい。とりあえず一体目の巨像のところへ行ってみる。

戻ってみるとそこにはすっかり土に埋もれて変わり果てた巨像の姿が。まあ自分が殺ったわけですが。その巨像の死骸(うーん)の前で○ボタンを押すとワンダが石碑に祈りを捧げるのと同じポーズになって「回想モードに入りますか?」と表示が出る。なるほど。

回想モード突入。画面がセピア色になってます。さらに画面の周囲が暗めの色になってて回想っぽさを演出してますがぶっちゃけちょっと見にくいです。今更「ぶっちゃけ」は古いな。ともかく巨像登場シーンから回想モードスタート。このシーンもムービー扱いなので他と同じくスタートボタンで飛ばせます。戦闘に入ったあとスタートボタンでメニューを押すといつもの「ゲーム終了」「戻る」のほかに「回想終了」「リトライ」の項目が追加されています(マップは出ない)。リトライを選ぶと登場シーン前からやり直しできる。

[挿絵]
画面せまいよ

というわけでちょっと戦ってみる。画面が見にくいと思ったけど一度倒した経験があるのでそこまで支障はなかった。意外にあっさり戦闘終了。巨像が倒れて黒い帯がワンダを直撃するシーンで回想モードおしまい。終わっても場所の移動などはありません。当たり前だが。

No.05:ワンダと巨像と機動戦士安物鎧

では二日目の攻略。今度のヤツは巨人らしいよ。というわけで剣の光にしたがって進んでいくと湖のようなところに出た。水面からは橋のようなものがビロンと上まで伸びておる。「ここを登れ」と言いたげなカメラのアップがあったのでそっちに行ってみる。ダボンと水に入るワンダ。あー、あんた泳げたの?(No.3参照) そればかりかR1で潜水まで出来る。なんだそりゃ。だまされた。でもこれは何泳ぎだ? 変則犬かき? どうでもいいな。

橋が出ているところまで泳いで行く。坂のように曲がった橋をどんどん登ると終点には「飛び移れ」と言わんばかりの柱が。えーと、ここものすごく高いんですけど…。落ちたら死ぬで。いやむしろ高所恐怖症の人ならこの光景を見ただけで死ぬ。つまりおれが死にそう。そして墜落。あー。でも生きてた。でも水があるとはいえこの高さは現実だったら明らかに死ぬよ。現実じゃないので見なかったフリ。

その後三回ほどやり直し(下手糞)ようやく先に進んだ。飛び移った先は丸い板状のフィールドであった。ドルミンが天蓋とか言ってたのはコレか。ここで巨像が登場。ガシンガシンと起き上がった姿はロボだこれー!!(byマサルさん)とでも叫びたくなるような姿。しかもこれまでで一番デカいんじゃないのというくらいでかい(妙な表現)。なんかでかい武器(四角い石柱みたいな)まで持ってるし。こわい。しかも足を見てもただ丸っこいだけでつかまれそうなところがない。どうしろと。悩んでる間にも巨像はガンガン攻撃してくる。容赦なく地面にめりこむ石柱。ひぃぃー、と5分くらい逃げ回っている間にあの石柱に登ればいいのではということに気づく。なんかこう、石柱が地面にめりこんだ瞬間にダダダッと登ればいいんじゃないかな、と思い実行したらうまくいった。おおブラボー。この時ばかりは自画自賛してみるがその後どうしたらいいのか分からない。バカだこいつ。だって登ろうにも腕の鎧がネズミ返しのようになっていて上まで行けなくなってるんだよ。ここでまたしばらく悩んでいると天の声が。「こいつの鎧は案外脆そうですぜ」的なヒントをくれた。脆そうって言われてもなー。試しに剣で殴ってみるが効く訳がない。うーんうーん とまた悩んでる間に誤って振り落とされてしまった。ぎゃあああ。

また逃げ回る日々が始まった(日々って何だよ)。地べたを這い回っているとフィールドの中央あたりに円形の白い石舞台のようなものがあるのに気づいた。周囲の草地よりも少し高くなったそこを見てなんとなくピンときた私はそこにしゃがんで巨像の攻撃を待ってみた。すると巨像の持っていた石柱が舞台の上にドガンと当たり、その衝撃で巨像の腕の鎧が砕け落ちた。おお、これで上まで行けるッ、と喜んだはいいが今度は巨像に登ることさえできなくなった。ええヘタですよどうせ。どうも巨像の攻撃パターンは叩きつけ突き刺しの二種類があるようで、叩きつけてくるときは石柱が坂のようになるので巨像の腕まで登れるんですが、突き刺しはそのとおり地面に垂直に突き立ててくるのでどこにもつかまりようがないんですよこれが(勝手にエキサイト)。巨像との距離が近いと「突き刺し」のほうを出してくることが多いようなのでなるべく離れて攻撃の瞬間を待つ。

[挿絵]
恐怖のアスレチック(至 巨像)
[挿絵]
石舞台
[挿絵]
急いで登れ

こんなカンジで苦労に苦労を重ねてようやく巨像の腕まで登ることができました。背中まで登ったらそこで握力を回復。最初の急所は頭の上にあった。しかし頭のほうまで登ると巨像が「あたまがかゆいよ」的な動きをなさるので振り落とされないように必死だ。何度か脳天を剣で刺すと光が消えてしまった。とはいえさっきまで散々逃げ回っていたおかげで次の急所もわかっておる。というわけで今度はまで降りる。腰の鎧がちょうど足場になるのでやりやすい。ここまで来たらあとは楽だね。へそ(あるのか?)のあたりをガンガン刺してトドメ。例によって倒れる巨像。黒い帯もまた出てくる…のだが、ワンダが意識を失ったあとで出てくる光の画面に女性のような声が混ざるようになったような気がする。これは一体何なのか?

また古えの祠に倒れているワンダ。天の声から「今度の敵は墓にいる巨大なヤツ、しかし恐るるに足りん」とか言われる。巨大なのに恐るるに足りんて、巨大なだけで十分怖いってば。ところでアグロは毎回ちゃんと戻ってきてえらいなあ。発信機でも仕込んでるのか? ワンダに。(続く)

----

では三体目(鎧)の攻略。

  1. 円形の白い石舞台(みたいな場所)の上で待つ
  2. 巨像に舞台を攻撃させ、鎧を砕く
  3. 適度に離れた位置から攻撃させて、武器の石柱から巨像の腕まで登る
  4. 腕から頭まで登って刺す
  5. 終わったら腰まで降りて腹を刺す

巨像に登るまでが大変です。休憩ポイントは首の下あたり。

No.06:ワンダと巨像と今夜は馬刺

次の巨像へ。今度は崖が向き合った暗い谷底を進む。なんか視界をちらちら黒いモノが横切るのでアグロから降りて近寄ってみると黒いトカゲであった。しかも1匹ではなくあちこちにいる。なんだこりゃ。走ると逃げるので歩いて近寄り、なんとなく剣を振るってみるとシッポが切れた。ひぃぃぃ。しかも○ボタンでそのシッポを拾える。そういや取説に「拾ったものは食べます」などと書いてあったな。トカゲのシッポが何の効果があるのかわからんが、トカゲを追いかけるのがちょっと面白いのでトカゲ狩りでもしてみる。しかし効果はわからない。不毛。

ずっと進んでいくと草が生い茂る場所に出た。なんか古墳のような地下への入り口がある。古墳といっても前方後円墳とかああいうのじゃなくて横穴式石室みたいなヤツな。わかりにくいか。入り口は三箇所あるように見えるが中は地下通路でつながっていた。ちょうど入り口同士が正三角形になるような位置関係だ。しかし何か置いてあるわけでもないので素通りする。

草原を進んでいくと巨像登場。ズガンズガンと立ち上がるのは細い四本足。えーと、これはかな。ウマ。馬といえば、巨像を見てアグロが滅茶苦茶怖がってるんですけどこれはどうなの。ヒヒーンとか鳴いててすげえかわいそうなんですけど。とりあえずどうにもできないので勝手に逃げてくれ。ひでえ。

とはいえどうすればいいのかわからんのでこちらのほうもとりあえず最初の行動として逃げるを選択する。まさにヘタレ。それにしてもさっきの古墳が気になるなあ。なんかあるんじゃないかなあ。となんとなく思ったので古墳の通路に隠れてみることに。もちろん巨像は古墳に入れるサイズではありません。ではどうするのかと思ったら、古墳の入り口をガンガン殴っている。こわい。超怖い。アグロの悲鳴まで聞こえるし。こっちはこっちで天井から細かい石とかホコリがバラバラ落ちてきていかにもヤバい感じだ。まさか崩れたりしないだろうな、とビクつきながら攻撃されているのとは別のところから脱出。巨像の後ろのほうにまわってみる。すると巨像のしっぽのあたりにはしごのような段があるのに気づいた。あーここから登るのか。なるほど。

[挿絵]
古墳の図
[挿絵]
古墳の中から
[挿絵]
こういうルートで
(巨像の絵が適当すぎ)

しっぽから背中に登る。やっぱり四速歩行の生き物は背中の安定がいいなあ。弱点は頭の一箇所のみ。見た目の大きさのわりには案外カンタンに倒せてしまった。天の声は正しかったわけだなあ。また黒い帯に撃たれて祠に戻る。また影が増えてるのが怖いよこわいよ。石像がドカンと壊れたあと、アグロがやってきて死んだ少女(祭壇に置いたまま)を見ている。ずっと放置プレイだったからなあ。馬なりに心配してるんでしょうか。優しい馬じゃのう。ここでまたドルミンの声が聞こえてきたがアグロはビビってあとずさる。戦闘には役に立ちそうにない馬じゃのう。まあよい。今度の敵は湖にいるらしい。翼をがあって宙を舞う、ときたらアレしかないでしょう。次はついに空中戦か!? (続く)

----

さて四体目(馬)攻略。

  1. 古墳に隠れて巨像が来るのを待つ
  2. 巨像が古墳の入り口を攻撃している間に別の出口から出る
  3. 巨像のシッポの段から背中に登る
  4. 頭まで行って光ってるところを刺す

でかくて怖いが比較的弱いです。弱点も1つしかない。怖がるアグロがかわいそうなので早めに倒しましょう。なんとなく。

No.07:ワンダと巨像と今夜は焼鳥

続き。今度のルートは崖っぷちでした。けっこう怖いぞ。馬(アグロ)での移動は直線的なので狭い道にはあまり適さない。ので徒歩で進む。アグロもちゃんとついてくる。うい奴じゃ。無意味に殿様気分で進んでいくと見晴台を発見。登ってみるとけっこう高い。怖い。しばらく放っておくとあっちに行きんさい的に視点が勝手に変わる。セーブポイント以外にこういう役目もあるのね。どうでもいいが降りるときに足がかりがないのは高いのとは別の意味で怖いっす。はしごくらいつけてくれよォ。このあたりにはまた例の黒トカゲがいる。また捕まえてシッポを食らってみるがやっぱり意味はわからない。ああ不毛。

そんなわけでについた。石造りの建造物がちらほら湖の上に立ってます。行き止まりの柵の下を潜って通る。橋を渡るとキーンという高い風の音とともに巨像登場。案の定だった。背中こそふさふさしてるが全体的には石っぽい姿。そんな奇妙なモンが空を優雅に飛んでるもんだからすごいインパクト。感動。なんというか石が鳥になって動いてるようなカンジなんですよ。わかりにくいか。

しかしプレイヤーの感動をよそに鳥巨像は湖上の建造物(柱みたいな)の上に着地。そのまま動かない。えー。とりあえず湖を泳いで様子をうかがってみるが柱に近寄っても微動だにしない。なんだそれ。とりあえず建造物のひとつに隠れてみたりするが待っていても何も起きない。そこで天の声が聞こえてきた。なんか「弓で怒らせてみれ」とかおっしゃるので試しに一発打ち込んでみることに。L1を押せば巨像に自動的に標準が合うので楽だよ。

[挿絵]
動かねえ
[挿絵]
待つ

というわけでワンダに矢で撃たれた鳥巨像。キシャーとか言って飛び始めました。おおーやった。しかしその後どうしたらいいのか分からない。やっぱりバカだ。泳いでいても巨像は怒って飛び回るばかり。慌てふためいて水面をさまよっていると水面上に四角い足場があるのに気づいた。登って巨像を注視。うう、こっち見てるよ…と思っていたら巨像がこっちに突撃してきた。ぎゃあああ、とここでようやく気づいた私はとっさにつかまりジャンプ(△+R1)。次の瞬間ゲーム画面には巨像の肩(?)につかまるワンダの姿が。つまりこうやって巨像に飛び移るのが正解というわけですね。毎度だけど気付くの遅いよ。それにしてもこの瞬間に切り替わる曲はカッコ良すぎだなあ。それまでの曲がおとなしめだったのでまさに鳥肌モノの演出ですよ。鳥だけに(最低)。

で、「ワタシ飛んでるわ!」とかタイタニックの真似をするまでもなく空を飛んでしまったワンダ。さすがに風がすごいのか迂闊に立ち上がると飛ばされそうになります。ひぃ。背中はふさふさしているのでつかまる場所には困らないのだけが救いだ。ずりずりとしっぽのほうまで下がるとそこがちょうど光っていた(=弱点)。ぐさぐさ刺すのはいいが体力ゲージの途中で光が消えてしまったのでこれで終わりではないようだ。次の弱点はどこだ? と探そうとしてうっかり立ち上がってしまいあっさり墜落。あー。湖上の板に登ってまた鳥巨像を待つ。やっぱり飛び移った瞬間の爽快感がたまらねえなあ。こんな体験が二度もできるなんて、いったん落ちて本当によかったなあ(負け惜しみ)。では次の急所を探そう…と言いたいところだが何となく目星はついてますよ。なんせ相手は鳥、つまり翼に弱点があるだろう。というわけで右の翼に移動。関節(?)部分にはふさふさがないので翼が平らになった瞬間を狙って歩いて移動。ビンゴ。翼の先にあったのはまさしく弱点の光。遠慮なく刺しまくってみるがさすがに一番よく動く部分なので巨像の抵抗が激しい。刺し終わって背中のほうに戻ろうとしたらまたしても墜落。ペッ。

というわけで三度目の爽快体験(負け惜しみ)のあと左の翼にも攻撃。ついにトドメを刺した。大きくしなる鳥巨像の体。ワンダは振り落とされてボチャンと墜落。続いて巨像もザバンと墜落。湖底に沈んでいった。あの黒い帯もまた出てくるのだが、今回は水面からニョロニョロと生えてきているように見えてよりいっそう不気味。しかもけっこう離れたところにいるワンダをすぐに見つけてやって来る。いつものはほぼ不意打ちに近いので過程が見えるとまた違った怖さがあるな。この黒いのも一体何なんだよ。撃たれたあとの光の画面では女性の声がよりいっそう大きく聞こえるように。何を言ってるのかはわからないがやっぱり不気味だよォォ。

[挿絵]
水面からニョロニョロ

祠。例によってドルミンによる次の巨像紹介。今度のやつは地下神殿にいる大男。破壊を好み知恵を持つ。とかなんとか。強敵そうだなあ。いやだなあ。というあたりで今日はここまで。今回はあの黒トカゲが気になるよなあ。とはいえクリアするか詰まるまでネタバレと攻略情報は読まないことにしてるので知ってても教えないでね(自分勝手)。

----

五体目(鳥)の攻略。

  1. 停まっている巨像を弓で射る(L1で狙うと便利)
  2. 水面上の四角い板に登り巨像を待つ
  3. 巨像が近づいてきたらタイミングを見計らってジャンプ&つかまる
  4. しっぽと翼の先(右と左両方)にある弱点を刺す

ほかの巨像にくらべて体が小さいうえ飛んでいるので振り落とされやすいです。飛行が安定しているときを狙って動け。

2005-2006 karayage