2005年11月3日

No.16:ワンダと巨像とモッツァレラ・コントローラー

昨日夜更かししたせいで風邪ひきました。というわけで今日も一体だけ攻略。今度は十二体目ですな。祠にある偶像も残り少ないのでそろそろ終盤にさしかかっていると言えよう。ちゃんと最後までクリアできるかなあ。

ではスタート。今回は前回道に迷った方角に行くべきらしい。ちょいとムカつくので寄り道する。最初の祠から東に行った先の崖道を進むと崖ぞいの小路というセーブポイントがある。その近くにある実のなる木は他の木よりも大量に実がなっているので得した気分ですよ。ここの実はキウイの巨大版みたいなやつでした。いったい何種類あるのよ。まー全部効果は同じだろうけど(しつこい)。

気が済んだので先に進む。東の石橋を渡り、さらに北の石橋へ進むと薄暗い渓谷に到着。崖に滝が2つあって行き止まり。と見せかけて入り口のすぐ近くに外への出口があるのでさらに先へ。崖沿いの道を進むと今度は巨大な滝が見えてきた。昨日迷ったときこの滝から落ちて死んだのを思い出し不快になる(自業自得)。

それはそれとして先を急ぐ。滝の上の川には巨大な門が立っていて、その向こうは湖になっている。昨日見たから知ってるよ。川を泳いで門をくぐり湖へ。湖の上には3つの東屋のような建物が立っている。ほかにも足場が2つほどあるが、こっちは東屋の屋根がぶっ壊れたような残骸だった。とりあえずそこに登ってみる。というのを昨日もやったのだがそのときは何も起きなかった。先回りしても無駄なようになってるのね。ともあれここで巨像が水の底からドッパーンと派手に登場。今回のはまた一段とでかいな。えーと、これは水牛かな。ツノあるし(適当な判断基準)。ていうかツノの先がピカッと光ってるんですがこれはひょっとするとひょっとしますか、というわけで案の定ツノから電撃弾発射。うわーやっぱりィィ。直撃を食らって水に落ちてしまった。が、次の発射の前に水に潜ってみると弾を回避することができた。水中までは届かないようです。巨像の動きもゆっくりなので、ここはしばらく様子を見ることに。

ワンダを見失って湖をのそのそ歩き回る巨像。を東屋の柱に隠れながら観察する。なんか頭の上がちょっと光って見えるなあ。背中はふさふさしてるから普通につかんで登れそうだなあ。とか思ってるあたりで天の声のヒント。「より高い場所に渡れ」ですと。「登れ」ではなく「渡れ」ですか。ここより高いところといえばやっぱり東屋の屋根なんだろうけど普通には登れませんよこれ。昨日散々試したから知ってる。うう。ともあれ巨像に近寄ってみることに。

巨像が後ろを向いてるスキに巨像の尻めがけて泳ぐ。しっぽに近寄ろうとするが水の勢いで押し戻される。ありゃ。そこで少し発想を変えて今度は正面(正確にはわき腹のほう)からしっぽに向かってみる。すると水に追いやられることなくしっぽにつかまることに成功。やった。そのまま背中までよじ登る。が、弱点はどこにも見当たらない。頭まで登るが頭にもない。ええー。ところでさっき遠くから観察したときに見た頭上の光というのは巨像の頭にある突起の光だった。なんか形が入れ歯(下あご部分だけ)のようだなあ。正面と左右にそれぞれ歯が3本ずつあるようなカンジ。とりあえず何かありそうな気がしたので右の入れ歯(違うって)を剣で殴ってみる。するとバィンという音と反動があって巨像が右に方向転換しました。ええー。次に左のを殴ってみたら左に方向転換。正面のを叩いたら前に進んだ。え−、これはつまり巨像コントローラーってことですか。何のためにこんなものが!? と思ったがここでドルミンのヒントを思い出す。「高い場所に渡れ」ってのは巨像を使って高い場所に渡れ」ということなのか? そういうのは最初からハッキリ言ってくれんと困るよ。誰に言ってんだ?

[挿絵]
あずまや
[挿絵]
入れ歯に見えるよ
[挿絵]
怪獣映画

というわけで巨像を入れ歯でコントロールして(一部間違い)東屋に近寄らせる。あーこれなら普通に飛び移れる高さだ。というわけで東屋の屋根に飛び乗る。乗ったのはいいけどこの後どうすれば? 巨像の正面にいるからガンガン撃たれてるんですけど…と思っていると巨像が前足を屋根に乗せてきた。うおおおおおこええええええ。とここで巨像の腹に弱点発見! あーあーそういうことか…。と心の中で頷きながら腹に飛びつく。二度ほど刺したら巨像が屋根から手をおろしたので下に落ちてしまった。しかも直後また立ち上がった巨像がなんと屋根を破壊。なにこの怪獣映画。

というような流れがあったが同じ方法でもう一度腹に飛び移りグサグサ刺してこの巨像も倒す。例によって黒い帯に撃たれて気絶。いつもの謎の画面のあとムービーが始まった。どこかはわからないが外の風景。そこに何頭かの馬が走ってきた。灰色っぽい服装の人間たちが乗っている。続いて白馬に乗った仮面の人が登場。その人物は「もう少しだ」とか言って遠くの山を眺める。なんか建物があるようだが。そういえばこの仮面、オープニングで蘇生術の言い伝えの説明(?)をしているシーンに出てきたのと同じやつなんですが。どういう関係があるのか?

というあたりでムービー終了。いつもの祠の場面に戻る。いいかげんにこの影たちの数も増えたなあ。こいつらもいったい何なんだろうなあ。やっぱり巨像の中の人? というわけで偶像破壊の後ドルミンによる次の巨像紹介コメント。広大な砂地、空を漂う巨大な軌跡、とかなんとか。最後に「おまえは一人ではない」とも言ってたがどういう意味だろう。今度の偶像はまたトグロ巻いてるな。また長いやつですか?

----

では十二体目(水牛)攻略。

  1. 東屋の残骸に立つと巨像登場
  2. 巨像の正面側からしっぽの側まで泳ぎ、しっぽにつかまる
    • 巨像に近寄ると電撃弾を撃たれるがR1で潜水すれば回避できる
    • 尻の側から直接行くと水の勢いで押し戻される
  3. 頭まで登り、光ってる突起を殴って東屋まで方向転換させる
  4. 東屋に近づけたら屋根に飛び乗る
    • 電撃弾を撃たれそうになったら屋根の中央にある突起の後ろにしゃがむといいです
  5. 巨像が前足を屋根に乗せるので腹のふさふさに飛び移る
  6. 腹の弱点を刺す
  7. 途中で下に落とされるのでもう一度最初から
    • 落とされたあと屋根を破壊されるので別の東屋に移動せよ

巨像の動きが遅いので今回は比較的簡単。ところでなんかサブタイトルが食い物ばっかりですね。念のため書いておくとモッツァレラとはイタリアのチーズで水牛のミルクで作ったチーズのことですな。トマトといっしょに食べるとウンまあ〜いっそうです(参考:「ジョジョの奇妙な冒険」33巻)。以上。

2005-2006 karayage