2005年12月15日

二周目 No.01:おしゃれ道場(タイムアタック編その1)

そんなわけで二周目突入。だがいきなり間違ってNew Gameで初めてしまうという失敗を犯す。オープニング全部見てから気付いた。バカにも程があるがまあよい。

気を取り直してクリア後のセーブデータから再開。オープニングはスタートボタンでスキップできます。ああ親切設計万歳。なおワンダのステータス(体力・腕力値)はクリア直後の強さを引き継ぎです。「強くてニューゲーム」みたいなモンか。ではさっそく二周目のメインイベントである(らしい)タイムアタックとやらに挑戦してみたい。祠に立ち並ぶ巨像偶像をチェックすると「タイムアタックしますか?」というカンジの表示が出た。巨像の写真の横に規定時間というのも書いてある。このタイム内でクリアできれば合格というわけですね(わかりきったことをわざわざ説明)。というわけでまずは1体目の巨像を選択。規定時間は[2:30:00]。案外短いな。ロード画面のあと巨像登場シーンからタイムアタック開始。回想モードみたいなノリですが画面効果は同じです(※回想モードはセピア調+ノイズ入りの画面になる)。しかもわざわざ巨像の残骸まで行かなくてもいいので便利ですね。回想モードの存在意義って…。まあよい。

タイムアタック中は右上に経過時間と残り時間が表示されます。タイムオーバーになったら残り時間の前にマイナスがつく。わかりやすいね。あとタイムアタック中はステータスが初期状態に戻る(巨像の強さに応じて変化)のでビビった。いきなり弱くなったみたいでけっこう怖い。とは言ってもまだ1体目の巨像で攻略法も分かってるのでサクッと倒せた。タイムは[2:07:21]でした。最初はこんなもんか。

[挿絵]
いきなりパワーダウン
(○が腕力で横のバーが体力)

続けて2体目の巨像(牛)。規定時間は[4:00:00]。いきなり剣を装備し忘れて弱点がわからなくなるという自業自得トラブルに見舞われ最終タイムは[3:47:81]。残り12秒しかないじゃん。まあ倒せたので良しとする。

さてここで場面が祠に戻ったらなぜかムービーが出た。エンディングでワンダが落ちた池(ミもフタもない説明)の底にポッと光る何かが出現。何だありゃ。行って光ってる場所をチェック(○ボタン)してみると、ワンダが池の底から何か取り出した。何だこりゃ。というあたりでドルミンの声。それは「鏑の矢」だよ、と説明するドルミン。なんかこれを使うと巨像の注意を他に逸らすことができるらしいよ。って要するに新アイテムってことですかァー。わーい。なんでこんなとこにこんなもんがあるのか皆目見当がつかねえがもらえるもんはもらっておくぜ。盗賊かアンタは。

[挿絵]
光る池

ものをもらって気分がいい(えー)ので続けて3体目の巨像(鎧)とバトル。規定時間は[6:00:00]。だんだん伸びてきたな。しかしこいつの起動シーンも面白いよなあ。一瞬「ガレキの山か?」と思わせておいた直後にガチョンガチョンと起き上がり最後には目がピカーンと。やっぱりロボだこれー!! 同じネタを二度も使うな。さて巨像戦は、巨像の初期位置が例の円形石舞台に近すぎるためなかなか誘導できない(ヘタに近寄ると普通に踏まれる)ので困った。2分くらい無駄に費やしたところで諦めてリトライを選択。巨像起動シーンからやりなおし。結局フィールドの外周を走り回り巨像を舞台から遠ざけるという作戦をとってクリア時間は[4:44:60]でした。まあまあか。そのまま4体目(馬)に突入。規定時間は[5:30:00]。さっきより短くなった。とはいえ弱めの奴なので気にはしない…と思ったら古墳に隠れる時間が短すぎたために巨像がシッポを下のほうに降ろしてくれなかったので一回やり直した。クリア時間は[4:35:50]。うーん。

祠に戻ったらまたムービー。今度は「活力の前掛け」というのをいただいた。名前がショボい。「前掛け」てアンタ。これを装備すると巨像により深い傷を与えられるそうです。あれ、見た目は変わらないんですか? と思いスタートボタンでメニューを出してみると「オプション」の下に「アイテム」という項目ができていた。ここでアイテムの付け外しができるっぽい。というわけでさっそく「鏑の矢」と「活力の前掛け」を装備。あー、なんか前掛けが灰色っぽいデザインになったよ。元のままのほうがよかった…(えー)。ゲームっぽく言うと「ワンダの攻撃力があがった! ワンダのおしゃれ度がさがった!」というカンジか。わざわざ書くほどのことか?まだやるぞ。今度は5体目の巨像(トリ)。気に入ったやつと何度でも戦えるのはうれしいな。規定時間は[5:30:00]。キシャーと飛んでくるムービーからスタート。まず水に入って陸まで泳ぐわけだがここでもキッチリ時間をとられるのであまり寄り道できない。とりあえず一番近い板から巨像に矢を撃つとすぐ向かってきてくれるので時間短縮になるよ。つかまった後は曲聴きたいからあんまり短縮したくないんだけど…(えー)。途中振り落とされたりして2度ほどやりなおしたがクリア時間は[4:06:78]。普通だなあ。意外と面白くてやめどきがわからん(えー)。次は6体目の巨像(ヒゲ)。規定時間は[3:30:00]っていきなり短くなったな。最初は奥まで逃げるわけだが途中で壁破壊ムービーが入ったりして軽くウザい。しかも行き止まり手前の壁の崩壊っぷりが不完全だと巨像がヒゲを降ろしてくれないのでその誘導にも苦労する。最終的に巨像に登ったあとも巨像の抵抗が激しいので腕力不足がキツい。トカゲ食いに行けないし。規定時間が短いから回復してるヒマもないしな。というわけで結局10回くらいリトライしてようやく倒したのだった。けっこう練習しないとクリア出来ないっすよコレ。タイムは[2:16:81]。まあいいほうか。

祠でまたムービー。今度は「力の仮面」を入手。今度も巨像に与えるダメージが増えるアイテムのようです。さっそく装備。なにこの仮面舞踏会(えー)。いやでもまさにそんなカンジですよ。顔の上半分を隠すようなヤツですな。下にクチバシみたいなのもついてるよ。色は無難な白というのが唯一の救いか。しかしワンダが一気にあやしい人と化してしまった。これではギャルにモテないぞ(いまどき「ギャル」は古い)。

[挿絵]
なんということでしょう

しかしそんな妙な姿になったところでタイムアタックモードには反映されないのであった(ちょっと寂しい)。というわけで7体目の巨像(電気ナマズ)。こいつも因縁の相手であるが攻略法がわかってるので今回は規定時間の[12:00:00]を大きく下回る[9:06:20]でクリア。おおブラボー。二度ほどつかみそこなう場面があったので練習すればもっと早くクリアできるかも。あと巨像の電撃って電撃棒の根元にある緑色の弱点刺せば止まったのね。初回プレイ時の苦労は…。

[挿絵]
思わぬところに

軽くショックを受けつつ次は8体目の巨像(ガメラ)。ひっくり返したあとはシッポ側から登らなければならないというのを忘れていたので一度やりなおした。その後もなぜか焦りが出て細かいミスが続いたがクリア時間は[5:03:96]。規定時間は[8:00:00]なのでまあ早いほうかな。これも練習すればもっと縮むであろう。しないけど。今は。

今度も祠でムービー。2体倒すごとに出るのかね。今回のアイテムは「トカゲの感知石」。フィールド上にいるトカゲが見つけやすくなるそうで。まさにトカゲマニア必携の一品ですね(えー)。しかしくれるものがだんだんマニアックになってるようで怖いな。そのうち高枝切りバサミとかルームランナーとか出てきたらどうしよう。通販かよ。

----

今回のきろく。

入手アイテム。

鏑の矢
巨像の注意をそらす
活力の前掛け
攻撃力がアップ おしゃれ度がダウン(うそ)
力の仮面
攻撃力がアップ おしゃれ度がダウン(ややマジ)
トカゲの感知石
トカゲを探しやすくなる

(プレイ時間:1時間58分25)

2005-2006 karayage