2005年12月20日

二周目 No.07:最強の生命体(通常戦闘編その4)

道に迷うのは寄り道しまくってるからだと思った。というわけで二周目通常戦闘編4回目。

■9体目(陸ガメラ)

今日もトカゲばかり食っている。トカゲを探すほうが巨像戦より大変な気がするのは私が迷いまくっているからでしょうか。ていうか剣振り回すよりも風景とか見てるほうがなごむよ!!(えー)。

そんなじじむさい趣味はともかく巨像戦。タイムアタック時とは状況が微妙に異なるため同じパターンは使えなかったが慣れたもんなので一発で背中に乗る。急所は二回刺した。最初の巨像は一発で倒せたので各巨像ごとにHP設定が違うっぽいですね。HP言うな。

ところで黒いニョロニョロに撃たれたあとの謎画面で聞こえる声ってモノの声だったんですね。ということに今更気付く。声優リストに名前があるのに他に喋ってるところないしな。でも大抵「ハァハァハァハァ」ってカンジの声ばっかりで怖い。とてもヒロインのセリフとは思えん(セリフじゃねえ)。おそろしいことです。

■10体目(砂ヘビ)

砂漠には鳥がいっぱい飛んでおる。のでトカゲ狩りと同時に鳥撃ちをやる。5分ほど狙ってみるが結局一羽も落とせず。前に当たったのはマグレだったのか。そんなことは分かりきっていたので早くも路線変更し飛んできた鳥にぶつかるとどうなるかとかいう実験を始めることに。矢で撃てるということは当たり判定があるはずだ。といわけで鳥が一番近寄ってきたときにジャンプしてぶつかってみるが、なんとなく同時にR1ボタン(つかまる動作)を押してみたら 飛 ん だ 。ジャックわたし飛んでr(三度目なので以下略)うおお。なんか鳥の足つかんで飛んでるんですけど。ていうかよく飛べるな。普通重みで落ちるだろッ。しばらくやってたら腕力が切れる前に振り落とされた。けっこうな転落ダメージを受けました。もうしません。

[挿絵]
走馬灯が見える

遊んでないで巨像戦。最近ハマっている「閃光の矢」で巨像の目を狙うが失敗するとすぐ砂に潜ってしまう(=連射できない)のであまり意味はなかった。その後もなぜか巨像にうまく近づけず無駄に走り回るだけの時間を過ごしました。なめとんか。なめとるのはワシじゃ。

■11体目(イノシシ)

砂漠の真ん中にカメがいた。正確に言うと北の砂漠にある見晴台の近くにカメがいた。しかも3匹。緑色のヤツがのそのそ動き回っておった。つぶらな瞳がキュート。でも剣で刺しても爆破しても死ななかった。マリオよろしく踏みつけてみても頭と手足を隠すだけだ。すげえ。ていうかかおれは。しかし鳥もトカゲも殺せるのにカメだけなんで特別扱いなんだ。そういえば巨像もカメタイプだけ2種類もいるしなあ。製作スタッフの中にカメマニアでもいたんでしょうか。ノコノコ。関係ないと思うが「ワンダと巨像」の音楽担当である大谷幸さんは映画のガメラの曲も作曲している。カメつながりで紹介。

[挿絵]
最強生物発見

巨像戦。間違って戦闘前にいきなり溝に落ちてしまう(落ちた直後に登場ムービースタート)が床のフチを伝って端のほうに安全に行けたので普通に攻略法として使えるかもしれん。下に落とした巨像を弓で撃つとき例によって「閃光の矢」を使ってみたら一度に体力ゲージ半分弱のダメージを与えることができた。急所に当たるとやっぱりダメージが大きいようです。巨像が祭壇側に戻ってきたあと背中をもう一発撃ってみたらまたしても大ダメージ。しかしその後何度撃ってもトドメは刺せなかった。そういう仕様らしい。普通に背中に飛び乗って倒したけど、一発で倒せるとなると曲が全然聴けないのでちょっと寂しい。ゲーム中で無理して聞かずともサントラでいくらでも聴けるわけだが。まあよい。今日はここまで。

2005-2006 karayage