2005年12月23日

二周目 No.10:もう見たくないアレ(通常戦闘編その7・二周目終了)

二周目さいご。ハトに乗って遊んだりしてたら異様に時間がかかった。ハトになんか乗るからだ。

■15体目(足踏み)

いつものようにトカゲを狩りつつ進む。巨像はもう慣れたもんなので普通に倒しました。特に書くことはない。以上(早いよ)。

■16体目(スカート)

南のほうをうろつきまわってトカゲを狩りまくる。非常に時間がかかったわりにはトカゲ一匹につき1ドットくらいしか腕力が増えないのでもうイヤんなったよ。他の場所のやつもあらかた捕り尽くしてしまったので適当なところで切り上げ巨像のもとへ。扉を剣ビームで開けてあの橋まで行く。またあのイベント見るのいやだなあ…。でも見ないと進めない。泣く泣く×ボタンを押す。で、アグローーーーー!!!! あああああ。やっぱり落ちた。二周目だから一緒に渡りきってくれるとかそういう要素は一切なかった。心底鬱だ。あああ。

[挿絵]
誰も見てない

巨像戦。ここで、そういえば「紛れの前掛け」とかいうものを持っていたのを思い出す。装備すると透明人間になるやつね。これを使えば巨像のあの猛烈なアタック(意味不明)を回避できるのではないか? と思いダメもとで使ってみたがなんと大成功。直接巨像の足元まで行くことができた。あの苦労は何だったんだってくらいカンタンだ。巨像の体を登るときは透明だとやりにくいので「活力の前掛け」に装備を戻しておく。そこからは普通にクリア。もうあっさりと。一番難しいのは巨像の足元まで行くことだということが今更ながらハッキリした。んゴ。

ここからエンディング。内容はいっしょでした。ICOみたいにちょっとしたオマケがあったりはしなかった。ちなみにアグロの色やワンダの服装はエンディング中もそのまま引継ぎ。ただし「剛力の仮面」は勝手に取り外されていた。やっぱりカッコ悪いからか?(無関係)

----

というわけで二周目が終わったわけですが最後にセーブしたらセーブデータの右側に表示されていた青い「2」が「3」になりましたよ。どこまで増やせるんだろう。別に試しませんが(えー)。まだ腕力ゲージが上がりきってないのでまだノーマルモードを続けます。アレが見たいんだよアレが!!(三周目に続く)


ところで先日買った北米版の攻略本を読んでおる。アグロが落ちたシーンのタイトルが「The Loss of a Friend」だったのでそれだけでまた泣ける。ところでアグロの性別ってオスなんですか? 英語なので三人称で判断。一応これもオフィシャル本らしいので編集者の勝手な憶測とかではないと思うのだがどうか。ちなみにこの後のシーンのタイトルが「To Kill a Colossus」で思わず噴いた。まるで「巨像の野郎がアグロを殺ったも同然だ!! 復讐するぜ!!」みたいなタイトルじゃないですかァー。まあよい。

2005-2006 karayage