2006年1月31日

HARDモード No.2:地味チェンジの君ら

HARDモード二回目。今回は7番目と8番目だよ。

■7体目・ナマズと思ったらウナギ

電気ナマズと電気ウナギはどう違う? というわけで水中戦。戦う前に初めて橋の上から巨像の姿を見ました。微動だにしていなかった。誰もいない時はあんなもんですか。戦闘中はなぜか何度も目測を誤ってしまいなかなかシッポにしがみつけませんでした。こないだもやったばかりなのに(以下略)。

[挿絵]
ぶんぶんぶんぶん

戦い方は通常版と同じ。弱点もそのまま。が、頭の浮き沈みが非常に激しくなっています。そのかわり体力が減っても水中に逃げることはないようです。水の上に出ていられる時間が限られているので力の溜めを入れる時間刺すタイミングに注意。ちょうど沈む瞬間に刺すと水中で刺してるシーンが見られてちょっと貴重。

■8体目・ガメラじゃなくてヤモリ

あまり寄り道していないのでサクサク進めます。トカゲも見晴台にいる奴くらいしか捕ってないよ。ところで今日は巨像のいる遺跡前の湖にも魚がいるということを初めて知りました。やるたびに新たな発見があるネ! 単におまえが観察力不足なんだろというツッコミは聞かぬ媚びぬ省みぬ(意味不明)。

巨像戦。ヤモリだと知った今もカメにしか見えない強情なおれ。あのひっくりかえった姿はどう見てもカメだ!!(力説) こいつもあまり変更点はないが、底に落としたあとで起き上がるのが異様に速くなってしまった。どんなに急いでも1度につき2回刺すのが限度です。3発目までやろうとすると腹の下敷きになってダメージを受けることになり結構イヤン。例によって巨像の防御力も上がってるようなのでホントにチマチマした戦いになってしまった。タイムアタック大丈夫か?

----

基本的にHARDモードでは「新たな弱点」「防御力アップ」「素早さアップ」の3つが追加になっているようです。「新たな攻撃方法」とか「顔の怖さアップ」とかが出てこないことを祈ります。出ねえよ。

2005-2006 karayage